Onebeat

在庫管理を人がするのは、もう時代遅れです。めんどくさいことはAIにお任せ!在庫オートパ…

Onebeat

在庫管理を人がするのは、もう時代遅れです。めんどくさいことはAIにお任せ!在庫オートパイロットアプリOnebeat https://www.1beatjapan.com/

最近の記事

予想を当てるためのもっとも効果的な方法は?(「リードタイムの短縮」と「儲け」の関係を読み解く)

「予想を当たるための最も効果的な方法とは」を議論したいと思います。 トヨタ生産方式で有名な大野耐一さんの名言があります。 これは、林南八さんに教わりました。愛弟子のトヨタ元技監で橋田橋で教わりました。こう言うそうです。 「予想を100%当てる方法を教えてやろうか?」 「馬券だって100%当てることが可能だ。教えてほしいか?」 実は「ゴールしてから馬券を買えば良い。」 現実的には無理ですが。 ここで言いたいことは、「ゴール寸前まで引き寄せを買えばいい。」 これがリードタ

    • 4/17-4/19ファッションワールド東京で、利益向上に直結する在庫最適化ソリューション"Onebeat"をご紹介します。ぜひご来場ください!

      2024年4月17(水)~19日(金)に東京ビックサイトで開催される ファッションワールド東京(FaW)へ 小売業向け在庫最適化ソリューションOnebeatを出展します。 ファッションワールド東京は、ファッション・アパレル関連最大の展示会で、世界中から27,000名が来場します。 展示会は商材別に7つの専門エリアがありますが OnebeatブースはファッションテックEXPOのブース番号【S12-37】です。 Onebeatとは 昨今、アパレル小売で課題となっている、欠

      • アパレル経営を改善する5つのクイズとは?

        十億着の新品の服が捨てられているのはなぜでしょうか? 大量生産・大量廃棄が問題となっています。 大量破棄の現状 「大量廃棄社会」という本が出版されており、社会問題ととして取り上げられています。一時期、恵方巻で廃棄問題がありました。 これだけの服が過剰在庫で捨てられているという現実があります。 過剰在庫の服になった服がどれだけ捨てられているかを計算すると、 少なくとも十億着の新品の服が、いっさい袖も通さずに捨てられてるということを暴いた本です。 さらに日経ビジネス人文庫

        • 破棄される服を減らしサスティナブルを実現 利益も出るシステムを作る

          ##大量生産大量破棄の問題と本音 アパレル産業の大量生産大量破棄の問題が取り上げられるようになって 3R(リデュース・リユース・リサイクル)。 これに2R(リフューズ・リペア)を加え5Rになります。 企業の取り組みが紹介されますし実際にサービスを利用したことがあるよ、 という方もいらっしゃると思います。 5Rを本腰で取り組もうとするとかなり大変です。 いま着ている服や靴を観察してみてください。 服はいろんな素材が混じった生地、 例えば、ポリエステルと綿が混じっている生

        予想を当てるためのもっとも効果的な方法は?(「リードタイムの短縮」と「儲け」の関係を読み解く)

        • 4/17-4/19ファッションワールド東京で、利益向上に直結する在庫最適化ソリューション"Onebeat"をご紹介します。ぜひご来場ください!

        • アパレル経営を改善する5つのクイズとは?

        • 破棄される服を減らしサスティナブルを実現 利益も出るシステムを作る

          シーズン品の在庫管理が衣料業界の未来を変える

          ## 在庫が売れ残ることによるダメージ 2024年2月。 今年は全国的に暖冬でした。 でも、厳しい冬を体験している人もいます。 誰でしょう? それは、コートなどの、冬物の重衣料商品の販売で利益を確保している アパレルチェーンに関わる人達です。 暖かければ、当初予想したほどには商品が売れないからです。 仕入れたものが売れない…。 悲しすぎます。 衣料品業界において、シーズン品の在庫管理は切実な課題です。 店舗スタッフは、売れ残りが増える度に、プロモーションの企画や価格

          シーズン品の在庫管理が衣料業界の未来を変える

          欠品と過剰在庫が同時に起きてしまうMin-Max計算法の数学的誤りとは?

          「欠品を出してやる!」とか「過剰在庫を出してやる!」 と思って仕事をしている人はいないですよね? でも、欠品や過剰在庫をしてしまいます。 どうして欠品や過剰在庫が起こると思いますか? よく利用されているMin-Maxという計算方法そのものに アルゴリズムに誤りがあったらどうでしょうか? これが原因で世界中で欠品とか過剰在庫が起きるのです。 妻と一緒に買い物に行ったときに二人で話していたのですが、 欲しいものが売り切れって年中あるんです。 それどころか、欲しいものが揃った

          欠品と過剰在庫が同時に起きてしまうMin-Max計算法の数学的誤りとは?

          需要予測はなぜ当たらないのか?(欠品と過剰在庫を防ぐ新たな在庫管理方法)

          「需要予測はなぜ当たらないのか」をテーマに話したいと思います。 様々なシステムが会社に導入されていますが、「当たるようになった」とか言って「いやーもうすごいんですよ。3割ぐらいは当たるようになりました」という人がいます。しかし、実際には7割が外れるんですね。 みんなが「いやーもう20%改善しました」とか言うので、「すごいですね」と言うんですが、もともと当たる確率が7割ぐらいだったんですよ。 それで20%改善したというのは、実際にはノイズみたいなものではないでしょうかと言っ

          需要予測はなぜ当たらないのか?(欠品と過剰在庫を防ぐ新たな在庫管理方法)

          アパレル業界の未来はAIと共に!在庫管理から接客まで

          みなさん、こんにちは!アパレルブロガーのみつこです。 今日は、ちょっとアパレルの未来を垣間見てみましょう。 まずは、在庫管理から・・・ もう、あの手この手で在庫を管理する必要はありません。 もう、シーズン終わりにパニックになって売れ残りの山に囲まれることもありません。 だって全部AIが自動でお店に補充する商品の数を決めてくれるんですから。本部スタッフはクリエーティブな仕事に店舗スタッフはお客様への接客に集中できるんです。 心を込めた笑顔での接客、お店にとってはもっとも

          アパレル業界の未来はAIと共に!在庫管理から接客まで

          小売業の在庫適正化はビジネス成長の鍵!

          こんにちは。大久保です。 小売業における成長の鍵の一つは、適正な在庫管理にあります。これは企業の財務に直接影響し、資金の効率的な運用から商品の陳腐化回避まで、多くの利点をもたらします。 1. 資金効率の向上 適正な在庫レベルを保つことで、余分な商品に投資する資金を最適に活用できます。これにより、資金効率が向上し、経済的な運営が可能となります。 2. 在庫保管コストの低減 在庫が減少すれば、それに伴う保管コストも低減します。倉庫スペースや保険料などのコスト削減が、企業の収

          小売業の在庫適正化はビジネス成長の鍵!

          AIが切り開く新時代の在庫管理!Onebeatで実現するアパレル業界の売り逃しと過剰在庫解消

          こんにちは。柴田です。 アパレル業界における最大の課題の一つは、適切な初期配分の実現です。 商品の流行性と季節性が高いこの業界では、売り逃しを恐れた結果、過剰な在庫を抱えることが一般的です。 これにより、一部の店舗では欠品が発生し、別の店舗では過剰在庫が生じるという問題が頻繁に起こります。さらに、店舗間での在庫移動には高コストがかかり、追加発注は最終的に売れ残りを増やし、マークダウンとなり、結果としてプロパー消化率を下げることにつながります。 アパレル業界で長年未解決の

          AIが切り開く新時代の在庫管理!Onebeatで実現するアパレル業界の売り逃しと過剰在庫解消

          どうやってる?店間移動?ファッション・アパレル業界を変えるOnebeat、その先進的なAIツールの全貌

          こんにちは、プロブロガーのジョン・アラキです。 今日はファッション・アパレル業界における「店間移動」の課題と、それを解決する革新的なツール「Onebeat」について深掘りします。 ## 課題:店舗間の在庫管理の難しさ ファッション・アパレル業界では、常に商品の流動性と在庫の最適化が課題です。特に、複数店舗を持つ企業にとって「店間移動」は、売上最大化の鍵を握ります。 しかし、従来の手法では、在庫過多や品切れ、物流コストの増大など、効率的な在庫管理が難しいのが現実です。

          どうやってる?店間移動?ファッション・アパレル業界を変えるOnebeat、その先進的なAIツールの全貌

          アパレル業界の未来を変える 効果的な在庫削減のためのシステム活用

          こんにちは。ほずみです。 売れると思って仕入れたが、在庫が捌けずに困っている。 そんなお悩みをお持ちではないでしょうか? アパレル業界における在庫削減にはいくつかの課題が存在します。 以下に、その主な問題点を挙げてみましょう。 アパレル業界の問題点 急激な需要変動: アパレル業界は季節やトレンドに敏感であり、需要が急激に変動します。 例えば、季節ごとの新作や特定のイベントに関連した商品が需要となり、これらの需要変動に対応するのが難しい状況があります。 予測の難しさ:

          アパレル業界の未来を変える 効果的な在庫削減のためのシステム活用

          Onebeatで実現する新しい在庫管理の世界へ

          こんにちは。ひるまです。 ●在庫管理のトレンドを体験しよう! 今やアパレルビジネスは複雑なものになり、売れる商品の適正な補充や売れ残り商品の緻密な在庫管理が欠かせません。 しかし現実は甘くありません。勘や経験そして度胸で予想できない販売を見込む。常に当たれば良いもののハズレることも少なくないでしょう。 そこで注目なのが、AIシステムであるOnebeatです。 これがあれば、感情に左右されない効果的な在庫制御が可能になるんです! ●全体最適を実感、これまでとは違うアプロ

          Onebeatで実現する新しい在庫管理の世界へ

          先進事例に学び遅れをとらない アパレル小売り 在庫の季節対応

          こんにちは。なかむらです。 アパレル業界は、もっと儲かる業界になれるはず。 今日はそんな話をしていきます。 そのヒントは、季節需要への対応です。 とあるアパレルチェーンが どうやってい利益を増やし従業員の給料を上げるに至ったか。 とあるアパレルチェーンの物語 佐藤千夏は「四季彩」というアパレルチェーンのオーナーとして四季に合わせた商品ラインナップを提供することで人気を博していたが、 その一方で在庫の調整には苦労していた。 春。桜が咲き誇る中で軽やかで明るいアイテムが

          先進事例に学び遅れをとらない アパレル小売り 在庫の季節対応

          85店舗のシューズチェーンで売れ残り解消 2024年最新AIシステムの性能

          こんにちは。ユーキです。 シューズ業界の在庫管理って本当に苦労しますよね。 洋服だったらS・M・Lの3サイズで済むのに 男性用のシューズだと24センチから29センチまで5ミリ刻みで 11種類にもなるじゃないですか。 で、お客様が来た時に、ピッタリのサイズが無くて 5ミリ大きめのサイズを無理やりおススメしたり、 シーズンの終盤になってどうしても売れない端サイズを 処分しないといけなかったり。 バックヤードに限りがあるから仕方がないと あきらめていませんか? 実は朗報です

          85店舗のシューズチェーンで売れ残り解消 2024年最新AIシステムの性能

          衝撃の現実。日本のサプライチェーンが上手くいかない理由とは?

          日本のサプライチェーンがうまくいかない理由について、 最近大きな発見がありましたので、皆さんと共有したいことがあります。 さて、今から皆さんにクイズを出題します。 もし一つでも間違えた場合、それはかなり深刻な問題です。 では、このクイズに答えていただけますか。 それでは、サプライチェーンの力を診断するテストです。 ・店頭と中央倉庫の在庫は予測通りか。 YES or NO ・AIを活用すれば、予測精度が向上する。 YES or NO ・海外での生産コストが低ければ、利

          衝撃の現実。日本のサプライチェーンが上手くいかない理由とは?