見出し画像

壁をぶっ壊せ!!!!! 20.11.1

【前回のあらすじ】
いろんな人の手に支えられて、Omusubiはあるのですよ…(仏)


今日もどんどんやりますよ!

画像1

今日は漆喰塗りの仕上げと、小上がりスペースに置く本棚を作っています。
このおむすび型の窓から見える景色、やっぱり可愛い!

画像3

本棚の支柱になる材の先を削り、対の材にも同じ大きさの穴を開けて、釘を使わず固定するように設計してくれました。おしゃれ〜宮大工〜丁寧なつくり〜!

画像3

唐突なライブ最前線(笑)

画像4

外では届き出した家具の組み立て工事が行われています。

画像5

玄関の壁も塗るためこの鏡をどうしようかと思っていたところ、写真の彼女が家に持ち帰ってくれることになりました。会社名や電話番号が書かれたレトロな鏡、今はもうなかなか見つからないですよね。

画像6

ドラえもんルームはペンキでクリーム色に塗っていきます!

画像7

この写真、良い角度!!

画像8

休憩も大切!
今日のメンバーも地域のお兄さん、ママ、シェアメイト、移住者とバラエティに富んでおります〜!

さて後半戦は大物に取り掛かります!

画像9

壁を壊します!!!!!!

いきますよ!!!せーの!!!!

画像10

どーーーーーーーん!!!!!!!!!
見てくださいこの満面の笑み!!心底楽しそう!!!(笑)

画像11

ハンマーで叩いたり、バールで引っ掛けたり!!!

画像12

壁壊せる機会なんてそうそうないですからね〜!

画像13

壁ってこうやって作られているんですね〜。

画像14

階段の材には何かの名前が(笑) まさか見られると思うまい(笑)

画像15

上の壁も取ってしまい、急に天井高くなったような気がします、不思議。

どうして今回壁を壊したのかというと、シェアハウスの二階に上がるには玄関を通らなくてはいけないんですね。
そうなると例えば日曜日に、眠気まなこのパジャマ姿で降りてきたシェアメイトと、託児に子どもを預けてママスペースで休もうとするママが玄関でバッタリ…となってしまう可能性がありました。
お互いにとって心地いい安心する空間を作りたかったので、居間に二階に上がる階段を持ってきて、玄関から通じる廊下は塞いでしまおう!と決行したわけなのです。

画像17

フリーハンドで申し訳ないのですが、図にするとこういう感じですね。

画像17

階段上から見るとこう。ずいぶん見晴らしが良くなりました。

そうしている間にも、着々と本棚が出来上がってきましたよ!

画像18

手触りも考えてやすりで磨きます!

画像19

なにこれ可愛い!!!あっ本棚がです!!!!!(笑)

さて今日の作業はここまで!

画像20

本棚(一部)に合わせて横並び。
みなさんありがとうございました!!

画像21

託児で預かられていたあなたもね。

さて残り3日で!!!えっ!?完成するの!?!?(動揺)

宮城県気仙沼市にある、空き家をセルフリノベーションしてできた「一時預かり」×「ママのほっこりスペース」×「シェアハウス」の3つの機能を持った複合施設です。