新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

事業意欲 低下を懸念 (沖縄 経済危機-緊急事態再延長の衝撃 5)

画像1

令和 3 年 7 月 14 日 沖縄タイムス経済 9 面掲載

倒産件数「氷山の一角」

 「実際の倒産件数より、数字に表れない休業・廃業の方が増えているのかもしれない」。中小企業の経営支援を手掛ける県よろず支援拠点の上地哲チーフコーディネーターは、県内事業者の現状に危機感を強めている。特に懸念するのは、小規模零細事業者の事業継続意欲の低下だ。
 東京商工リサーチ沖縄支店の発表によると、負債額1千万円以上の倒産件数は2020年に34件と、1975年の集計開始以降、最も少なかった。21年上半期(1月~6月)は前年同期から15件増え28件だった。
 発表に含まれない負債1千万円未満も20年は9社、21年上半期は3社。同じ民間信用調査会社の帝国データバンク沖縄支店調査でも1千万円未満の倒産は20年に14件。21年上半期は2件と、いずれも低水準だ。
 東京商工リサーチの担当者は「私たちも(実質的な倒産先を)キャッチできていない」と話す。倒産ではないが、廃業や休業などで実質倒産状態にある企業が多いというのだ。20年の休廃業・解散件数が384件と過去最多だったことを挙げ、実質的な倒産件数は「感覚的にこの数字が近い」とする。
 帝国データバンクの担当者も「廃業手続きはコストがかかる。負債がなければ、フェードアウトする小規模零細も多い」と倒産件数は氷山の一角とみる。
 1年半に及ぶコロナ禍。「国際通りは『貸』の貼り紙が目立つようになった。事業継続の意欲がなくなっていないか」。よろずの上地氏は懸念を強める。
 13日、那覇商工会議所などと共に、那覇市内で開催した「コロナ経営相談会」の参加は6事業者のみだった。「子どもに負債を残すなら、と事業を畳む人もいるだろう。このままでは、雇用の確保にも、大きな問題がでる」
 よろずへの相談は、資金繰りと、新しい事業展開に関する相談が多いという。現在の事業を続けるだけでは早晩行き詰まるとの思いからだ。融資の返済猶予期間の延長ができることを知らない事業者もいる。上地氏は「まず金融機関へ相談を」と呼び掛ける。
 だが、新規事業開拓は簡単ではない。「事業者は、事業計画を作り、計画に基づき新たな収益源を確保しないといけない。一人で悩まず、相談してほしい」。
 上地氏は続けて提言する。「既存の金融支援策はあくまで赤字を埋めるだけ。金融機関や行政は、事業再構築補助金のように給付条件の厳しいものでなく、事業者の持つノウハウやリソースを生かした工夫、アイデアへの金融支援に努めて欲しい」
(政経部・川野百合子)

詳しくはコチラ >> https://yorozu.ti-da.net/e11980418.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「よろず支援拠点」は、中企庁が設置している無料の経営相談所です。「首里城火災」「CSF(豚コレラ)発生」「新型コロナウィルス」関連の経営相談窓口でもあります。中小企業・小規模事業者、NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人等に類する方、「創業予定の方」のご相談、お待ちしています!