【岡発P】職員の工房訪問記(石彫の戸松)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(石彫の戸松)

本日は石彫の戸松様のご紹介です。

彫刻専門の明治時代より続く石材店です。
岡崎市の石材業者が集合した「岡崎石工団地協同組合」内にて
国内の石材業者や造園業者、神社仏閣施工業者への
石彫刻品の受注製造・販売をされています。

神社向け石造品では観音菩薩や地蔵菩薩などの仏像や狛犬や狐など、
その他にも、わらべやなかよしの像、水鉢や灯、
二宮金次郎像や胸像といった様々な石彫品を作られています。

イメージとしては、

観音菩薩 背景削除

↑こんなものとか(観音菩薩)、

狛犬 背景削除

↑こんなものとか、

二宮金次郎 背景削除

↑皆さまお馴染み、二宮金次郎像とか。

石製品の加工は、大まかに機械で切断した後、
ノミやセットウ(かなづち)、電動工具、エアー工具などで粗削りし、
小さな道具で細部を仕上げます。
製品によっては彫刻後に彩色して完成です。

彩色イメージ 背景削除

彩色するとこんな感じ↑

加工の過程では、砕いた石の端材が大量に出ます。
現在は業者に有料で引き取って貰っていますが、
極力有効活用・販売できるようにしたい、とのことです。
現状、引き取った業者も産廃にするか、
砕いて住宅の基礎にするか、くらいらしいです。

端材の使い道、皆さまからのアイデア募集しております! 笑

last画像


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。