【岡発P】職員の工房訪問記(鈴木化学工業所)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(鈴木化学工業所)

自動車用を中心とするプラスチック部品の成形・加工を手掛ける「㈱鈴木化学工業所」の竹本さんを訪ねました。



鈴木化学工業所さんは、樹脂成形と溶着をコア技術としており、自動車部品の中でもリッド(電気・水素の充填口カバー部品)や「燃料タンクのキャップ」等の燃料系精密部品とタンクアセンブリーを得意分野にしています。


画像1

↑↑↑こんな部品が車の中で使われているんですね↑↑↑


昨年は、初の自社商品として「十年急須」の製作販売もスタートしました。軽くて割れないモダン急須を目指し、瑠璃色をはじめとした5色で展開しています。(1つ税込み6,000円)容量500MLと大容量なので、たっぷり作ってゴクゴク飲めます!樹脂製で割れにくのも嬉しいポイント。


画像2



竹本さん曰く、今回「岡崎みやげ商品開発プロジェクト」で挑戦したいことは、小回りのきく “真空成型機を活用した商品”。小型な成型機で、シート状から立体物をつくることができるそうです。


設計の自由度が高く、小ロット対応や試作対応が得意分野。シートをセットして、おもちゃの“日本傘”や、“うちわ”なんかできるそうですよ。

家康の家紋のウチワなんて出来たら楽しそうですね、といった話題で盛り上がりましたよ。



 みなさま、これを試作してほしい!というリクエストありませんか?

画像4

こうやってシートを置いて

画像4

傘ができた!


ロゴマーク


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。