【岡発P】職員の工房訪問記(ムラセ銅器)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(ムラセ銅器)

本日はムラセ銅器様のご紹介です。

創業以来、銅(+銅合金)の鋳造技術で
愛知県の郷土伝統工芸品である「三州灯篭(寺院用の灯篭)」を中心に
宗教仏具・装飾品、近年では銅像・モニュメント等も製造されています。

イメージとしては、

古代型灯籠

↑こんなものとか、

柱根巻き金具

↑こんなものとか(寺社仏閣にある柱の根本です!)、

騎馬像

↑こーんなものとか!(※「徳川家康公騎馬像」の原型制作は彫刻家の神戸峰雄氏です)


銅の鋳造は、原型の模型をFRP(繊維強化プラスチック)や石膏で制作、
それを基に鉄骨で補強した砂型を制作、そこに溶融した銅を流し込みます。

砂型

↑制作途中の砂型。因みに砂型の砂って炭酸ガスを注入して固めるんですね!!
砂に刺さっているホースで炭酸ガスを注入します。

今回の訪問の際には銅の注入風景は見学できませんでしたが(残念!)、
工場はとても高温になるそうです(銅の融点は1084.62℃)。


最近は、鋳造技術を活かした“日用品制作”にチャレンジされています。
銅は、熱伝導率が高く(銅:403、アルミニウム:236、鉄:83.5)、
軟らかくて展性・延性が高いため加工しやすい金属です。

更には抗菌作用もあるので、これらの性質を活かして、
昨年、「ホットサンドメーカー」を製作しました↓

ホットサンドメーカー 背景削除・合体

サンドする部分は銅製、枝の部分は真鍮(黄銅:銅と亜鉛の合金)でできています。
異種接合まで出来るのか…!とその技術に驚かされました。
だからこそ、同業者が廃業されていく中、東海地域で唯一生き残っていられるのかもしれませんね。

因みに、電気系のコードに用いられる「銅線」は、電気伝導率が高い銅の特徴が活かされています。


簡単に挙げただけでも銅の特徴はたくさんありますね。
技術力と銅の特徴を活かした更なる新商品に期待です。

last画像


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。