【岡発P】職員の工房訪問記(岐阜屋物産)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(岐阜屋物産)

卵の卸売をしている、岐阜屋物産の太田社長を訪ねました

岐阜屋物産は契約農家から卵を仕入れ、洗卵・検卵等の過程を経てパッキングを行い、地元スーパーや飲食店を中心に卸しています。
当社は各店へ配送まで行っており、きめ細やかなサービスを心掛けています。

岐阜屋物産にて取り扱いの人気商品、 “さくらたまご”。

岐阜屋 さくらたまご

赤鶏と白鶏を掛け合わせた鶏が産んだ卵であり、色もきれいです。
なおかつ、一般の卵と比較して脂肪・コレステロールの含有量が少ないのも特徴です。
健康にも優しいですね!



オカザえもんのもも色たまご

かわいいパッケージの“オカザえもんのもも色たまご”も販売しています。


GPセンターも見せていただいたのですが、入る前に手洗い・消毒・検温・帽子着用・靴の履き替え等々、衛生管理も徹底して清潔な環境で業務が行われていました。
ひび割れ等の規格外商品のチェック、卵の計量など機械と人の目を合わせながらチェックを行い、パッキング作業を行っておりました。
とても勉強になりました!ありがとうございます。

太田社長からいろいろとお話も聞かせて頂きました。

画像3

岐阜屋物産は、児童養護施設や障害者施設へ卵の寄贈を行っています。
見えないところで地域貢献もされていました。さすがです!!


過去には鳥インフルエンザの影響や契約農家の後継者問題など、卵の仕入れに大きな影響が出たこともあったそうです。
いろいろな難題も乗り越えて、60年以上続いているんですねー

過去の経験も踏まえ、新しい事業の柱をつくっていきたいと今回の「岡崎みやげ品開発プロジェクト」へ参加されました。


現在も、新たな商品開発へ向けて活動されています。


新たな商品に関しては・・・今後のお楽しみです!


これからの岐阜屋物産にも目が離せません!

ロゴマーク



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。