見出し画像

いきなり移住者がやってきた。時間をかけて築く地元住民との関係性とは?

今田夫妻はお住いの浜津集落で「民泊・ぶ うさん家」を営む。同集落に住む村中さんに はいつもお世話になっているという。すっ かり島の住民となった今田夫妻と島出身の 村中さん。そんなお三方のお話しを伺った。

【語り手】

 今田光弘 神奈川県出身/平成15年に移住

 今田美保 神奈川県出身/平成20年に移住

 村中ゆみ子 小値賀町出身


画像5


海が見える家

ー浜津に来られたのはいつですか?

今田光 移住して2年間は前方というところで農業研修生として暮らして、その後、浜津に引っ越して来ました。研修生の頃から、次に住むなら浜津が良いなと思っていて。浜津の人たちは、適度に働いて、良い意味で適度に遊んで(飲んで)暮らしている印象があって、すごく惹かれた。空き家を探して、この家に出会いました。当時の状態は酷いものでした。

村中 今田さんが引っ越して来る前にもこの家に入ったことがあったけど、すごく暗い印象だったのを覚えてる。

今田美 天井を掃除していたら土が落ちてきたりしてたの。

今田光 イタチも天井の穴から落ちてきた(笑)。リフォームを少しずつしながら、庭の大きな樹も、もったいなかったけど伐採して、だいぶ明るくなりました。縁側から見える海が気に入っています。故郷の神奈川県平塚市と似ていて、太陽が海側に位置するのも、しっくりくる感じがする。

今田美 ほんとに居心地がいい家です。


いきなりよそ者がやって来た

今田光 当時は、移住者がこの集落に来ることなんてなかっただろうから、たぶん集落のみなさんは困ったんじゃないかな。

今田美 集落の役目(草刈りや海藻採取等の地区行事)や常会(話し合い)に都合でどうしても出られない時があって、最初のうちはみなさんの理解が得られなかった。小値賀の人たちにとっては、集落行事は出るのが当然のことだから、「何者なんだろう」って思われてたと思う。

村中 そう言われたらそうね。

今田光 でも、絶対に排除はされなかった。 今田美 初めて集落の話し合いに参加した時に、「心配するな、りんぽ班(※1)がついている」って言われたの。その時は意味が分からなかったけど、後から思えばありがたい言葉よね。※1回覧板を回す班。ご近所。

画像2


時間をかけてつくる関係

ーどうやって集落に溶け込んでいったんでしょうか?

今田美 ぶうさん(今田光弘さんのニックネーム)が一人の時は、農作業もあったから役目に出られないこともあったと思う。私が来てからは、ぶうさんが農作業した方が効率がいいので、私が役目に出たりしてた。

村中 うちも主人の仕事の関係上、私が役目に出ることがあって、そういう時よく美保ちゃんと話したんよ。それがきっかけかもね。昔はね、集落の運営資金を稼ぐために、ひじきも集落のみんなで採ってた。大変だったけど、てぼ(背負い籠)一杯分は各家庭で持って帰ってよかったのよ。

今田美 比較的若い人が磯で海藻を採って、お年寄りが採れた海藻を干したりゴミを取ったりする役目もあります。こんな風に、集落全体で分担しながら作業するのはとても素敵なの。役目に出られない時もあるけど、出れるときはぶうさんと私の二人とも出るようにしたりしてます。

ーそれで徐々に受け入れられていった?

村中 集落にとっては、人が増えることは嬉しいこと。だけど、二人の人柄もあるとよ。今田さん(光弘さん)は気軽に話せるし、美保ちゃんには言いたいこと言えるし。相談もよくする。

今田美 普段は各々仕事もあるから、実はそんなに会う機会がない。地区の役目の時にしゃべりながら作業したりして少しずつ仲良くなっていった感じ。

画像3


オール小値賀

今田美 民泊のお客さんを海岸清掃の役目に連れて行ったことがあって。浜津の人たちは、すごくにぎやかに受け入れてくれて、終わった後はスイカやら魚やらが家に届いたの。

村中 民泊のお客さんが来てたら、いろいろと作った料理を持って行く。美保ちゃんは小値賀の田舎料理はできないっていうから、代わりに作ってあげたくて。

ーなんでそんな風にしてあげたくなるんでしょうか?

今田光 ある人が、オール小値賀で考えてるって言ってた。「うちが民泊してるっていうことは、小値賀のみんなでお客さんを受け入れてるってことだ」って。近所のばあさま達からもよくお野菜を頂く。​

村中 私もそういう感覚かな。美保ちゃんと親しくなって、自分じゃできないけど、ちょっとお助け、縁の下の力持ちみたいな感じ。代わりに美保ちゃんから料理とか教えてもらうこともあるし、そしたら私も田舎料理教えるし。​

今田光 物々交換の延長みたいな感じだよね。お互いにとっていい関係。そうありつつ、適度な距離感がある。小値賀の人はづかづか人の家にあがったりしない。それも居心地の良さだと思う。

画像4


この関係があるから安心

ーこれからのお付き合いはどんな風に?

今田光 これから歳を取っていくからね、、、

今田美 お互いの安否確認だね(笑)。浜津の中でこういう信頼関係があるから、居心地よく、安心して暮らせる。

村中 変わらず、和気あいあいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1