マガジンのカバー画像

障がい者と言えない僕

3
2001年4月、僕は産声を上げ・・・なかった。 生まれる直前、羊水で溺れてしまったのだ。 それが原因で現在軽度な脳性麻痺がある。 その「軽度」が、障がい者として認定されない僕をつ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

僕のコンプレックス

どうも、OJIです やる気のあるうちに書けることは書ききっちゃいます 僕に関する詳細はこちらのnoteをご覧ください 簡単に言うと手が震えて文字が上手く書けないわけです どんな感じなのか、資料が少なくて申し訳ないですが 説明も付け加えて紹介していきます とりあえず丁寧に書いてみた日頃から丁寧に書くようには心がけています ただでさえ読みづらいですからw とりあえず 「あいうえお」と「ABCDE」を書きました みなさんがどう思われるのかは自由です 「思ったより普通じゃん」と思

スキ
7

障がい者とはいいきれない僕

どうも、OJIです。いつもはIT系の話ばかりしているのですが、今回はちょっと別の話をしていきます。僕が持つハンディキャップについてです。 僕は脳性麻痺を持っています。親しい友人であってもこのことを知っている人はとても少ないです、なぜなら僕自身が言わなかったから。たまに聞いてくれる友達はいたんですが、適当なことを言って逃れていました。多分、怖かったんだと思います。何に対して恐怖心を抱いているのかは今の僕にもいまいちわかりません。今でも誰かに自分の症状を話すときはかなり緊張しま

スキ
39

これまでにしてもらった配慮

どうも、OJIです 先日「障がい者とは言い切れない僕」というnoteを書きました 今回のnoteはその中で少し触れた「配慮」について書いてみようと思います 僕の今の症状は主に(特に四肢の)の不随運動です 日常生活的に最も影響を及ぼしていることは「何かを書く(描く)」ことです (細かいことは「障がい者とは言い切れない僕」を参照してください) テストを受けるにも、宿題をするにも、ノートをとるにも 全て「文字を書く」という動作が必要不可欠です それらが必要な小学校・中学校・高校

スキ
10