見出し画像

#3 ガチマの心得を書いてみるよ

 どうもガルベスです。ついにスプラ3の発売日が決定した。ツイッターでは、発売日までにスプラ2でやりのこしのないように目標を立てて楽しんでいる人も多い。その多くはガチマッチで具体的な結果を出すというものだ(ちなみに私は発売日にFIREを目指す、とふざけたことを言っていた)。
 今はやっていないが、昔は狂ったようにガチマをやっていた。自分の実力が客観的に分かり、上達していくのが数値で見れるところに面白さを感じていた。Xに到達後、次はリグマで結果だそうかなぁと思い始めた。この時のフレンドは元同僚であるゆっきぃ、はにわしかおらず、しかも彼らはガチマに勤しんでいた。そのため、X帯の同士を募集するためにツイッターを始めた(知らん人と遊ぶのはかなり抵抗があったが)。
 ツイッターをいろいろ見ると、ガチマでキレ散らかしている人が多いことに驚いた。わたしはガチマ大好き!めっちゃ楽しいゲームじゃん!と思っており、ストレスを感じたことがほとんどなかったからだ。その後いろいろ見ていくと、わたしとは異なる考えを持つ人が多く見受けられた。
 ということで、わたしがどんな考えや心持でガチマをしていたか、書いてみる。今回は具体的なものではなく、根底にある考えのようなもの。楽しくガチマをしたい!そう思っている人は参考にしてみてください。

・ガチマは自分が活躍して勝つゲーム

 同じウデマエ帯の人たちよりも実力がついて初めて次のウデマエ帯に進める。管理職になってから、その実力をつけるのではなく、管理職の実力があるから、その階級に上がれるようなものだ。周りより実力があるのだから、味方にそもそも何も期待しない。「少しくらいミスしたってカバーしてやるから、思いっきりやろうぜ!」くらいしか思っていない。なので、味方に戦犯されようが別にイライラしない(ただし、利敵行為はまた別の話・・・)。
 活躍できないような試合が続くのであれば、まだ経験値が足りていない証拠。エイムを鍛えたり動画を見て立ち回りを参考にして、ライバルに差をつける。ちなみにわたしは実践型なので、ガチマの試合中でいろいろ試行錯誤しながらやっていた。
 ウデマエという肩書にとらわれると、実力を上げるという過程をすっ飛ばし、上がらない肩書に焦り、苛立ち、と負のループになりがち。

・不満を言っている暇はない

 ツイッターを見ると、リザルト画面の写真を張り付け味方批判している人もいる。ご丁寧に名前を伏せるような加工してまで。その行動をして自分のエイム力が上がるなら、まあ気持ちはわかる。現実は自分の実力は上がらんし、その味方もそれを見て改善するわけでもない。時間の無駄である。ちなみにわたしは戦犯や利敵行為した味方のブロックすらしたこともない。次に敵に引いたら楽に勝てるから。上を目指すなら、下に構っている暇はない。争いは同じレベルの者同士でしか発生しいないのである。
 環境やゲームシステムに多少なりとも不満を持っている人もいる。こちらは不満を言い続ければ運営が動いてくれる可能性もあるが、かなり根気がいるだろう。それよりも同じ境遇で、TOPプレイヤーがいるのだから、一歩でもその人に近づくような努力をした方が早い気がする。
 人のミスを攻撃したり、不満を言って周りを変えるより、自分がレベルアップした方が早いよね、という話。

 これ以上項目増やすと長くなりそうなのでこの辺で。ウデマエXP高くても、履歴書に書ける訳でも就職が有利になるわけでも、金が稼げるわけではないので(配信者、ゲーム実況者は別だけど)、娯楽として楽しめる範囲でやりましょう。ガチマ苦しい、楽しくない、と感じたら引き際かと思います。

以上

思いついたように補足
 煽り行為にイラつく、という人がいる。煽りは戦術の一つ、と思えば何も感じません。煽りに苛立てて、冷静な自分を見失い、負ける、それが相手の狙い。「そんな手には乗りませんぞ。」と思えば、相手の愚策で終わる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
名探偵ガルベスサン👓🎀 ハロウィンのガルベス🎃🎃👻👻🎃🍭🍬🍪👻
ガルベスです。ゲームが割と得意です。 アクション、パズルが特に。