またも「スネに傷のある男ほどフェミニストを自称する説」に信ぴょう性が……

人気バンドのリーダーが連続強姦事件の犯人だった

1990年代の後半から00年代の初頭にかけて活躍していたHysteric Blueというバンドがある。ヒット曲に恵まれ、紅白歌合戦にも出場するなど順風満帆に思われたが、紅白出場の数年後、2004年にメンバーが大事件を起こし解散してしまった。

バンドリーダーのナオキが、女子高生から女装子まで手当たり次第に襲っていた事が発覚し、逮捕されたのだ。強姦と強制わいせつ(未遂含む)で、被害者は実に9人にも及ぶ。
しかも、強姦した女子高生を携帯カメラで撮影し、それをネタに脅して再度呼び出して強姦するなど、手口もかなり悪質。
これにより懲役12年の判決が下り服役する事となった。

元ヒステリックブルー・ナオキ 強制わいせつ事件とは
https://matome.naver.jp/odai/2140693953222100601

元Hysteric Blue・Tamaの“ライブ活動休止”原因は、元バンドリーダー「レイプ犯」の満期出所か
https://www.cyzo.com/2018/09/post_176702_entry.html

元ヒステリックブルーのナオキが出所を前に獄中12年の心情と事件の真相を手記に!
http://www.tsukuru.co.jp/tsukuru_blog/2016/07/12-3.html

出所と同時にツイフェミに!?

さて、これだけの 「絵に描いたような女性の敵」 が、出所するなりTwitterを開設し、女性の味方のフェミニストとして活動を始めたとしたら、皆さんは何を思うだろうか。

実は、以前から過去に重大な性犯罪事件を起こし服役していた人間が、フェミ界隈に紛れ込んでいるという噂はあった。
それが今回、風清しゅうき(@syuki_eb)さんという人物がmetooタグを付け、下記のような告発ツイートを発し、色々な話がめくれてしまったのだ(ツリー化されているので詳しくは下記のURLからどうぞ)。

https://twitter.com/syuki_eb/status/1119845678098735105

さてこのMaggy(https://twitter.com/maggy_xyz)という人物、twitterを使って表現規制問題に携わっている方の中には、何度か絡まれたとか、揉めているのを目撃したといった覚えがあるかもしれない。
この人物はフェミはフェミでも、何かにつけて他者を攻撃してしまうタイプの ”いわゆるツイフェミ” で、良くも悪くも目立っている人物だったのだ。

特にマンガやアニメなどを悪しざまに言う事が多く、「性犯罪を引き起こす要因はマンガやアニメだ!」「オタクが悪い!」といったような言動を好む、ツイフェミのテンプレートのような人物である。

フェミ、「女性のツラさを理解したい」という男性に集団で襲いかかる
https://togetter.com/li/1285900

彼は偉そうにこんな事を言っているが、「女性の権利を奪って来た主体である男」なんて、主語を広げないで欲しい。
仮に日本が女性が権利を奪われたり、女性が安心して暮らせない世の中だったとしたら、その最大の要因は「殺す」だの「レイプ後の写真をばら撒くぞ」などと脅し、卑劣な強姦事件を繰り返すような狂人のせいではないだろうか。

まさか、自分の罪の意識を軽減したくて「男全体を道連れにしたい」と考え、フェミを名乗るようになったなんて話ではあるまいな。

こう考えてしまうにも理由がある。

それで本当に反省してるの?

もしもMaggyが10年にも及ぶオツトメで心を入れ替えたというならば、本当に心の底から反省した、生まれ変わったというならば、やるべき事は他者に対する攻撃ではない。

自らの経験を元にして性犯罪の予防や防犯対策に努めるとか、頑張って仕事をしてお金を作って、性犯罪被害に遭った女性をケアする団体に寄付をするとか、いくらでも方法はあるだろう。

それをなぜこの人物は、フェミはフェミでも 「フェミの旗を掲げての他者への加害」 という、最も筋の悪い手段を選んでしまったのか。どうして 「他人に対する加害欲求」 を捨てられないのか。

そもそも女性に 「加害行為を働いた」 から、10年も刑務所にぶち込まれる事になったというのに、まだこの人物は他人に危害を加えたいのか。

こうした点から、彼は結局のところ、自分の何が問題だったのか深くは理解できていないものと考えるよりない。
なぜ自分に「他者を悪く言う資格がある」と思ってしまったのかを考えれば、彼がどのような心境でいるのか想像もつくというものだ。

しかも極めて愚かなのが、彼は自身のツイートの中で、自分がかつてそれなりの人気ミュージシャンだったこと、様々な有名人に会っていることなどを自慢気に語っている。
それでは、いつ自分の背景がバレても不思議ではないし、バレたが最後二度とフェミは名乗れなくなると思うのだが、そんな事はお構いなしのご様子。それよりも承認欲求の方が勝ってしまっているのだ。

こうした要素をかき集めて考えてみると、やはりどうしたって 「お前反省してないだろ?」 という結論に辿り着かざるを得ないのである。

この続きをみるには

この続き:2,220文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンに入っている、もしくは今後追加される記事が月額500円で全て読み放題。メインとなるお固い系の記事と、週に2~3本追加されるその他の限定記事とで、毎月20本程度はアップできるよう頑張っています。限定記事の中には、本来私がフィールドワークとしているグルメ・飲み歩き系の記事や動画、下町や商店街をテーマにした地域批評ネタなど、幅広いジャンルが含まれます。記事を単品でご購入いただくより遥かにお得です。

IT(インチキ)ライター荒井禎雄がお届けする月額制マガジン。時事ネタや表現問題に関するテーマのほか、グルメ・飲み歩き・地域批評など、多...

または、記事単体で購入する

またも「スネに傷のある男ほどフェミニストを自称する説」に信ぴょう性が……

荒井禎雄

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からの金銭サポートがあると、子育てに追われる哀れなオッサンの生活がいくらか楽になると思わせておいて、息子の玩具やお菓子や遊園地代で殆ど溶けます。

13
板橋区の専門家を自称するフリーライターだったが、ハッタリが本当になって板橋区に関する著書が複数、板橋区公式の観光本にも参加。時事ネタのコメンテイターとしてTV出演歴(NHKなど)もアリ。ご意見ご要望は→ https://twitter.com/oharan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。