見出し画像

飽き始めたりしたらチャンス。

物事を取り組んでいると必ず飽きがきますね。

毎日の積み重ねは飽きから来るんじゃないか?とも思えますね。

飽きてくるとそれをやめて次のものを探すか、もっと踏み込んでみるの2つになると思うんですけどどちらですか?

もちろんどっちもメリットがあったりすると思うんですよね。

例えば

飽きてきて新しい事を始めると言う点では探究心や好奇心が養われていくと思います。

それは成長という形からしても新しい知識や経験が得られるという所で非常に学びになります。

それによって今までの経験と新しい経験を組み合わせて何かしら新しい自分なりのオリジナリティが生まれてくると思います。

逆に

やり続ける点としては

そもそも飽きるというのは物事の本質が見えてきているという見方も出来ます。

それ自体に退屈を感じる。それは自分にとってやれるものが増えてくるとなり得る事なんじゃないか?と思います。

そう考えると

飽き始めてからの踏み込みと言う点では集中力と忍耐がつくのでは?

と思います。

これは

その時々によって色々なパターンがあると思いますが飽き始めて

さらに踏み込むか、新しい事を始めるか?によって得られるものが変わるということです。

もちろん

どっちが良いか悪いかではなく自分にとって必要なものはなんなのか?を考えるという事が大事になると思います。

ただ

踏み込みをしていない状態で新しい事を始めてしまうと戻ろうとした時に自分にとってのベースが無くなってしまいます。

だからこそ

数回の飽きからの次の新しい事というのは得られるものが少ないような気もしてます。

そう考えると

どちらも必要という事になるんですが順番として

ある程度踏み込んでそれから新しいことを始めるというのが有効的なのではないかと思います。

だから

どちらにせよ「飽きる」というのは自分にとって成長していくときに必ず必要になっていくという事です。

だからこそ

飽き始めたらチャンスな訳です。

最近はこれをなかなか勘違いしてしまう事が多いのではと思います。

それは情報が溢れているし、周りのと関係性もSNSで確認できると焦ってしまうからだと思います。

だからこそ

今一度自分のやってる事がどれくらい大事かを考えるのも必要だと思います。

飽きるまでやったのか?と、、、、

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。この文章が皆さんの何かのお役に立てればと思います。

#snips #美容師 #美容室 #小熊滋 #白髪 #hairsalon #hairartist #whitehair #shigeruoguma #haircolor

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小熊滋

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!
美容師として活動中。社外活動に関しては年間100本のセミナー講演会を開催。社内社外、同業、異形種にもセミナー活動しているので、人材育成が得意です。人は考える事が苦手な生き物だと認識してます。なので一緒に考えれる人になりませんか?