見出し画像

肉を切らせて骨を断つ

写真

今夜、阿佐ヶ谷のぺーたーずでこの2人と会って飲む予定です。たぶん19:00頃
一緒に乾杯しましょう

で、

僕が「プロ」を考えてみました

結論:感動のこと

言われたことを100%当たり前にできても
それはあくまでも当たり前であって
感動には至らない

100%を超えた何かがないと
感動には至らない

じゃあ、どうするか?

僕は
肉を切らせて骨を断つ
これです

僕は
「まずはノーミスで100%やろう」
って思うとミスるんですよね

慎重になって
守りに入って
腰が引けて
結果、ミスる

しかも楽しくないし
怒られるし
クレームとか

誰も得もしなければ
笑顔にもならない

そう
自分の口角を1mm上げることすらかなわない

それじゃ何も動かせるはずなくないですかと
誰かの心を動かすなんて夢のまた夢ではないですかと

じゃあ、どうするか?

僕は
肉を切らせて骨を断つ
これです

ミスはしないにこしたことはないし
もちろんノーミスを目指すんだけど
そう思って慎重に慎重になった結果
今までミスしてきた過去があったり
これからミスする未来があるとしたら

ミスしてでも楽しむ
ミスしてでも誰かに喜んでもらう
誰かに笑ってもらう

ミス=死
だとさすがにGAME OVERなのでマズイですが…

ごめんなさいで済む程度だったり
頭叩かれたり尻蹴られたりで済む程度なら
CONTINUE
取り返せると思うんですよね

てゆーか叩かれたり蹴られたりして終わったらもったいない
やり返さないと
「感動」という名のリベンジを

嫌われない方法は1つ
好かれる方法は無数

僕はそう思うんです

何となく

だから死なない程度に守りに入らず
攻めあるのみです

微笑みの爆弾ですね

アーリーガトーゴーザイーーーマス!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

清き、尊い1スキありがとうございます!
1
1982年8月埼玉生まれ それはさておき 美術館デートしましょう 好きな言葉は 「美は全てを超越する」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。