見出し画像

冬至を活かすWSワークシートを販売します

2022年夏前くらいからムーンショット対策講座で扱ってきた平成じまい。この準備講座を、この年末から本格的に開講しています。現在「平成じまい戸締まりのWS」ワークシートを販売中ですが、今回は準備講座の始まりとして「冬至を活かすWS」のワークシートを販売します。ワークシートの使い方含めて、本記事でご説明していきたいと思います。

冬至を活かすワークショップとは

冬至は一年の中で大きな節目に当たります。この冬至のパワーを活用し、人生のシフトチェンジを行うことを目的とするのがこのワークショップ。今年は冬至の前12/10に満月がありますが、この双子座の満月が今年五月の双子座新月と対になる働きをすると言われています。現在販売中の「平成じまい戸締まりのWS」ワークシートにもあるように、来年から三年間は平成じまいと言われる流れがやってくるある意味転換期。その転換期をより高い位置からスタートするためのチェックポイントとして冬至を捉えたワークとなります。

ワークシートはどう使うの?

今回のWSは、12/10の満月、12/21の冬至を青と赤二つのゲートに例え、入口出口論という独自理論を応用して、人生の中の持ち物整理(断捨離)を行っていくものです。開運の始まりは新しいものが入るスペースを作ること、そのスペースを作る手始めとして書き込み型のワークシート三枚をご用意しています。指示通りに書き込んでいくことで、断捨離がしやすくなり、ワークシートに取り組む前に一年の振り返りがしやすいように5月頭からの惑星的運行を含めた人生のチェックポイントを解説を元に学ぶことができる仕様になっています。

入口出口論とはなにか

「入口出口論」とは西陣の拝み屋独自の理論です。ある起点からある到点までを入口出口として捉え、目的地へのショートカットや時短を行うために活用する方法論のことで、起点には主に惑星運行を活用します。これを「惑星フレーム論」と呼んでいます。今回の平成じまいの準備には以下の二つのゲートが活用できます。
 
①5/30 双子座新月~12/10双子座満月まで(NextstageGate)
②6/21 夏至~12/21冬至まで(ResouceGate)

一人で判らないときは?

一人で埋めてみたけれどよく判らない。そんなときは、オプションでアドバイス講座を受講できます。詳細はこちらをご覧下さい

ワークシートの購入はこちらから

※本ワークシートの解説記事一部に誤りがあり、11/30に修正データを公開致しました。お手数ですが11/30以前にご購入の方は再度以下のシートをDL頂きますようお願い致します。この度は大変ご迷惑をおかけ致しました。

続きをみるには

残り 0字 / 1ファイル

¥ 2,000

日本に数えるほどしかいない故人の通訳。イタコでも口寄せでもなく三者面談風にお筆書きという自動書記を使い故人と遺された人をつなぎ明日を照らす活動をしています。サポートくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。