【完全版】ICL手術で失敗しました。【北沢のブログでは言えない話】

【完全版】ICL手術で失敗しました。【北沢のブログでは言えない話】

ご挨拶/有料noteを発売した経緯

こんにちは、北沢です。私は「ICL手術で失敗しました。」というブログで視力矯正手術”ICL”を手術経験者の視点から解説しております。数年前、強度近視だった私はICLの手術を受け、視力と引き換えに健康を失うこととなりました。ブログでは主に手術の様子、後遺症、クリニックの実態を公開し、私と同じように苦しむ人が一人でも減ってくれればと願いを込めて執筆してきました。

とてもありがたいことに、ブログを始めて多くの方からコメントをいただき、励ましのお言葉にたくさん救われてきました。この場を借りて心から感謝申し上げます。それと同時にICLをご検討中の方、すでにICLの手術を受けて不具合に悩まれている方からの多くのご相談もお寄せいただきました。とくにICLで不具合が出た方からのご相談は年々増加しており、私の発信活動をもう少し工夫していく段階に来ているのではないかと考えていました。

一方で、批判的な内容が含まれるコメントも多々ありました。私自身に対するご批判なら甘んじてお受けする覚悟でいましたが、ICL手術を受けた他の方への誹謗中傷も含まれており、ブログ運営者としては看過できない状況にあると判断しました。私は「ICLはレンズを取り出せば元通り」と謳うクリニックの宣伝方法について問題視してきたつもりでしたが、誹謗中傷コメントのなかには「手術を受けた人間の自己責任論」を展開してくる人もいらっしゃいました。ここで自己責任論を否定することは致しませんが、私の伝え方を見直すきっかけになりました。ここでの問題は、発信者の意図が伝わらなければ情報が独り歩きし曲解されてしまうということです。特に医療や健康のテーマに関わる者としては細心の注意を払わなければなりません。

そこで、すべての情報をブログで一般公開するのではなく、価値を認めてくださる方には限定情報を公開していく方針を取りました。まずは情報を本当に必要としている人に読んでもらうべく、これまで通りブログでの情報発信の他、有料noteを販売します。核となる情報はブログと差はありませんが、noteの場合、以下のオリジナル要素で皆様に新しい価値をご提供いたします。

・ブログでは伝えきれなかった内容を加筆修正
・ブログ内の情報を整理/体系化
・2020年最新版のICL業界を北沢の視点から解説
・ICL手術をご検討中の方が気を付けるべきポイント
・後遺症を患った北沢が現在どうやって暮らしているか
・皆様からのご質問/ご感想/
情報提供をご紹介

ICL手術の費用はおよそ100万円です。一方、このnoteの提供価格は1,000円です。100万円分の経験をあなたは1,000円で疑似体験できます。

あなたが健康でいられるために私ができることをこのnoteに詰め込みました。

お役に立てれば幸いです。


この続きをみるには

この続き: 48,870文字 / 画像9枚

【完全版】ICL手術で失敗しました。【北沢のブログでは言えない話】

北沢@ICL犠牲者

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ブログ「ICL手術で失敗しました。」を運営しております。ここではnote限定情報を公開しております。