見出し画像

「疲れ果ててないやつとか,出がらしになってないやつとか,野望とか目標とか語るやつらがとてつもなく嫌い」という価値観

徹夜明けのコーヒーをすすりながら朦朧とする意識の中で「クソ」とかツイートする疲れたおじさんのことが実は大好きな落合陽一です.

わかる,その考え方はわかる.僕も大好き,でも集団的にそれっていいのっていう,今日はそんな話.ゆったりするのもそれはそれでいいんだけどね.

「徹夜ではパフォーマンスが云々」という奴とは友達になれない.そういう話じゃないし,「日々生きているのが辛くて仕方がないからせめて必死に燃え尽きようと,自分が行なっている分野の発展に全力を尽くし,それすら無価値である空虚な諦めの中にいて,悲しみも絶望も湧いてこない」のが「俺たち」だ.そうなってくると「貶してくれてありがとう」と祈ることしかできない.

「疲れているときに愛せるものはなんだろう.『当人はすごく疲れて見えるけれど,そこから何かが捻り出されるような,絞り出されるようなもの』を見るのは好き.自分が疲れているときに夢とか希望を提示されても素直に受け取れない.だから,『絶望の底に残ったような希望』を死にそうになりながら提示してほしい.そして願わくば疲れた疲れた自分と同質でいてほしい,それが自己肯定感に繋がるからだ」

こんな世界観があると思う.よくわかる.ただまだ甘い.当事者性を持ってないからだ.つまり,この価値観の上で,出来るだけ自分の存在を死ににいく感覚,燃え尽きようと努力する追い込み方が伴ってこそ,何らかの行動は実現される.つまりは僕も出来るだけ疲れていたい人間なのでギリギリのラインに調整しないと自分が嫌になる.

確かに,無目的的に全力を尽くして,何にも興味がなくそれでいてなんでも興味があり,生命感に満ち溢れた,枯れ木のような生き物が好きだ.

社会全体が疲れていると疲れているものが好きになるのかもしれないな,と思うんだけど,果たして明るくなったらこの考え方は消えるのかと言われればそうでもなさそうな気がする.

でも最近思うのは苦しみが足りないと思うときはそこそこ元気なときだと思っているってことかな,今日はそんな話.マス文化の中に自分を置いて自分が一番嫌いな自分になることで自分を殺すことから始めて,自分を殺し続けろ,とかね.そうやって考えられるのはそこそこ元気な証拠.もっと削らないといけない.無気力と絶望のドアをノックし続けるのがテンションの使い方かもしれない.

目標や目的が金とか名誉のクソ野郎のことは相変わらず大嫌いなんだけど.何もやらずに硬直している奴も嫌い.全てを捨て去って,全てを投入して,それで自らも捨て去って,全力で自分を破壊しようとして見える気持ちよさへと惹かれる,それでいて全く自己肯定感のない人生を愛したあと全てを吐いて沈んでしまえ.つまるところ好きなものよりも嫌いなものの方が共感を集める世界が好きと声を大にして言えるか? ってことでもある.それを全力で好きだと言いながら,頭を壁に打ち付ける気持ちよさみたいなものかもしれない.総じてわからんやつはわかった何年後か知らんけどそういった年頃で燃え尽きようと努力し始めた頃に思い出して欲しいというやつだ.

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,990文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から1年近く経ち,購読すると読める過去記事も400本を越え(1記事あたり10円以下とお得です),マガジンの内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
972
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com

こちらでもピックアップされています

落合陽一の見ている風景と考えていること
落合陽一の見ている風景と考えていること
  • ¥3,980 / 月

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で月25回くらい更新しています)

コメント (10)
無気力感と絶望度が上がる程に
テンションがあがるような気が
段々して来ました。
ほんまもん、現代版僧侶
「できるだけ疲れていたい人間なのでギリギリのラインに調整しないと自分が嫌になる」そう、性分のはなし、かもしれませぬ。
どんなことを仰っているのかなんとなくはわかった気がしましたが、頭でわかっても実行できないのでわかったとは言えないことはわかっている気がするというところです。お疲れ様です😢
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。