落合陽一
アフターコロナというよりは,あと数年「ウィズコロナ」で生きていくための世界観に移行し始めた.未来ガジェットに夢を託すほどの能天気さは僕にはない.
見出し画像

アフターコロナというよりは,あと数年「ウィズコロナ」で生きていくための世界観に移行し始めた.未来ガジェットに夢を託すほどの能天気さは僕にはない.

落合陽一

「ウィズコロナ」.落合陽一です.昨日はWEEKLYOCHIAIのコロナ回だった.色々な認識がアップデートされてきたので今日はそんな話を.

昨日の落合陽一はいつになくテンションが高かった.コロナについて伝えるニュースに出てはいるものの,尺の関係で聞けてなかったことをまとめて聞く機会が得られたからだ.

番組自体はしばらく無料で見られるそうなのでぜひこの機に見て欲しい.僕は感染症の専門家ではないから,自分の疑問を専門家に聞くことしかできないが,聞くべきことはたくさんある.地上波だと尺の関係で聞けなかったことをまとめて聞いた.意思決定の話,集団免疫の話やワクチンの開発の話,治療薬の話,長期化が予想されることなど気になることは盛り沢山だった.

ウィズコロナで生きていくために必要なことを自分なりに考えていた.全てがオンラインに移行できるわけでもないし,低解像度のVRゴーグルや未来的なインターフェースが状況を打破するとも思えない.3Dプリンタや未来ガジェットにその夢を託すほど時間がない.これはそういう研究をする自分としてはもどかしいことの一つだ.長期的なものと短期的なものの組み合わせが必要だ.1年前の自分にタイムマシンで「オリンピック中止になるよ!」と伝えても「なんで!?」となっただろうね.すごい変化だ.

自分なりにできることを対策し始めている.この状況下でどうやったら自分の能力を発揮して付加価値を作れるか,それにはどういう行動指針が必要なのか.先日のNJIでのパフォーマンスに付随する様々な事例(専門家の助けを借りながらマニュアルを作り,コンテンツを届ける)などはあるが,そこからさらに考えるべきことがたくさん出てきた.

ラボでは研究を続けるためにどうしたらいいか.会社では仕事を続けるためにどうしたらいいか,そして作家としては作品を見せたり体感してもらうにはどうしたらいいか,そういうことに頭を使うべきなんだと思う.ウイルス後の世界の体験価値をどう届けるべきか? 物理的な接触を研究するにはどうしたらいいかを考えている.

煽ってファイアーダンスのようにPVを稼ぐのはどうかしてるし,ポジショントークもどうでもいい.夢いっぱいの能天気とヘイトもどうでも良い.政治批判とかしながらPVを稼ぐことを第一に考えられた意見に吐き気がする(無意識にはもっと吐き気がする).重要なのはアクションプランと環境の安定だ.今日もそんな話を自分なりに考えている.

画像1

この続きをみるには

この続き: 4,878文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から2年以上経ち,購読すると読める過去記事も800本を越え(1記事あたり5円以下とお得です),マガジンの内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
落合陽一

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
落合陽一
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com