2019年の自分に2021年の世界の状況をメール一通だけで伝えるとしたらどうやって伝えたらいいだろう.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2019年の自分に2021年の世界の状況をメール一通だけで伝えるとしたらどうやって伝えたらいいだろう.

2019年から2021年への世界の変化が非連続すぎて,2019年以前の自分に今の状況を伝えるのはなかなかに大変だろうと思う.もしも過去にメールが一通だけ送れるシステムがあって,タイムスリップものとして情報を伝えることができたとして,何を伝えるか考えていた.思考実験として面白かったのでメモっておく.

==================================

やぁ,2019年の俺.元気しているか.ひょんなことから,2021年からメールを送ることができるようになった.最初で最後,一通だけメールを送ることができるようだ.基本的に何を送ってもいいらしいから,色々な情報を散りばめて送ることにする.それを受け取って行動を変えるも変えないも,備えるも備えないも2019年のおれ次第だ.その辺は任せる.

まず,信じてもらえなさそうなので,自分しか知らなそうな出来事を伝えておこう.2019年の9月20日の今頃はちょうど展覧会の準備をしようとしてオペラシティに向かっているところだろう.その後笹塚でNJIの準備の打ち合わせをしているはずだ.秘書さんか予定を盗み見た誰かが送ってると思う?

では撮影のことはどうだろうか.20日の深夜は家に戻って鯨岡さんからもらった鯨の歯の撮影をしていると思う.ソルトプリントで刷るためのやつだ.木目の上で撮影しようと思って苦労したが良い反射が得られず,結局あれこれと悩んだ挙句,ビーズクッションの上で撮ったものを現像するはずだ.それでも疑い深い? 確かに作品を仕上げないといけないことは多くの人が知っているかもしれないな.

ではこれではどうだろう.次の日の21日は予定上は珍しく休みになっているが,白神山地に弊息子と妻と一緒に旅に行っている.20歳になる前に写真を撮った神社の境内で写真を撮ったり,白神山地の遊歩道を弊息子と歩いたはずだ.妻が一瞬用事で離れている間に2019年の俺は弊息子と一緒に道の駅の土産物屋の隣の食堂でそばを食べていたはずだ.その後合流したよしみつと新玉川温泉で本の仕上げをしているだろう.塩酸のような温泉で目を擦ったよしみつが風呂から出たり入ったりしている様子を楽しんだ後,飲泉で金属イオンの味を感じているはずだ.まだ決定的な未来予測にかけるって? 疑い深いな…… じゃぁ原稿作業の合間にテレビをつけてみてくれ.

テレビではラグビーのW杯が放映されていてニュージランド対南アフリカの試合では23-13でニュージーランドが勝つ.素晴らしい試合だった.もしそっちの世界でもニュージーランドが勝ったらこのメールのことを信じてくれ.

さて前置きはこのくらいにして2021年の世界は2019年とは全く違う様相を呈している.核戦争とか大地震とか富士山が噴火したりとかそういうことは起こっていない.でも世界は少なくとも一変している.2020年に東京オリンピックは開催されなかったし,安倍政権は退陣した.アメリカの議事堂は暴徒に占拠されたし,自由に海外と行き来することは出来なくなって早2年近くが経つ.信じられるかい? 月に2回は学会やら講演やら展示やらで海外出張に行ってた君が飛行機に乗らなくなるんだ.

大丈夫,航空会社が潰れたわけじゃない.マイルは貯まったままだから,安心していい.とはいうものの30万マイルも貯めているのは結構なことだが,2019年のうちに使っておくのがおすすめだ.次に海外に自由にいけるのは2年後より先.そういえば三人目の子どもが生まれるから家族で遠くに行きにくくなるぞ,妻とどこか行っておきな.妻と家族を大切にな.それと持ってるビットコインはそのまま持っておくんだ.いくつかのサービスが停止して保有しているもののうちある程度が現金で払い戻されることもあるかもしれないがそのレートでビットコインに変換しておくといい.

なんかすげー世の中にはなっているものの,君がやってる大学の研究活動やアート活動,会社の経営なんかは順調に行ってると思う.2019年は孤立的な年だったと思うけれど,君はこの世界の変化に対して比較的柔軟に対応できているほうだ.昔は1人でやりきる美学みたいなものを持っていたのだろうけれど,そういう美学に染まるときは作品性を高めるとき.社会に貢献しようとするときに周囲の人間をうまく頼りながら,研究やビジネスや文化的活動のコミュニティを作っていくことが上手くなってきたと思うよ.オンラインコミュニティが大切な時代になるから,落合塾のメンバーや君のファンを大切にね.仕事の進み具合が気になってるかもしれないけど,2017年に始まった君が研究代表を務めるJST CRESTのxDiversityは無事加速フェーズに進んだから大丈夫.菅野さんと遠藤さんと本多さんや学生さん,JSTの皆様にも感謝を忘れるなよ.1日にありがとうをいう数=年齢,これ覚えておけ.

それはさておき,なんでこんな状況になったのか,説明しておこうと思う.中国からパンデミックが起こった.SARSとかMERSとかのあれだ.今この世界ではそのウイルスはCOVID-19と言われている.SFみたいだろ? COVID-19のおかげで,人が集まったり酒を飲んだりすることがほとんどなくなった.飛行機で飛び回ってたようなタイプはほぼローカルに缶詰だ.プライベートジェットで行き来している人もいるけれど,御多分に洩れず悪魔の証明を求めがちの国だから,うちの国の要人は思いの外以外とおとなしくしている.おそらく飛び回ってた人々の海外出張数は1/10以下になっているんじゃないかな.

COVID-19は最初中国の武漢で新型肺炎が流行り始めているというニュースで伝わってくる.君はnewszeroっていう番組の火曜日パートナーだから,コメントを求められるはずだ.2020年1月の君のCOVID-19に関する最初のコメントは「オリンピックはあるんですか?」だったはずだ.いい直感だ.それから1年半以上この国はオリンピック関連のゴタゴタにも付き合っていくことになる.ちなみに今必死で準備しているSXSW2020のインスタレーションな,あれ,中止.生中継でやることになるので,現場に資材送る算段は最初から立てなくていいぞ.

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,506文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から2年以上経ち,購読すると読める過去記事も600本を越え(1記事あたり6円以下とお得です),マガジンの内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
落合陽一

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! 明日もいい記事かけるように頑張ります!
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com