新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
スクリーンショット_2020-02-22_13

無観客オフ会 / #日々短文雑記

この続きをみるには

この続き: 556文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から1年近く経ち,購読すると読める過去記事も300本を越え,内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! マガジンもよろしくお願いします!
263
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.Noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com
コメント (5)
寂しいのも貴重な体験でした。寂しいより、落合先生が身近に見えて集中できたのが意外でした。海外からの発言も、こんなに身近に感じられるとは思いませんでした。コロナウィルスの厳しい中でオンラインのスキルが上がって離れた会合に参加しやすくなりたいです。
普段はオフラインで会えている仲間とオンラインで相対しても楽しい、っていうのは大事な感覚なんだなと読んでいて思いました。オフラインとの差異を感じないぐらい自然に話せる状況設定をするのも技量だと思いますし、参加する方も考えているからこそなのかな。次に会える、というオフラインのつながりがあってこそなのでしょうね。この先のコミュニケーションの一形態が少しイメージできた気がします。ありがとうございます!
いえ…すみません。
サンディエゴでした。
チリではない×
自分はまだ塾生ではないのですが、こういった記事やみなさんのコメントを読むと非常に興味が湧きます。
議論の場ってなかなかないので...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。