1000万画素の15年近く前のデジカメはディープラーニング時代に解像度の問題を突破するか.
見出し画像

1000万画素の15年近く前のデジカメはディープラーニング時代に解像度の問題を突破するか.

結論から言おう.多分突破する. 

これは前回の記事の続き(番外編である
途中で下記のようなことを考えていた.

結局ディープラーニングで高解像度化するのが普通の時代になるのだから,実は解像度の問題じゃなくてレンズの問題が全てなのではないか,という気がしてくる.(色味や諧調の保存性はセンサーの問題だが)この感覚を大切にしたい.

まぁやってみるのが普通だよね.ということで,市販の高解像度化ソフト(野良コードやオリジナルのコードで動かすというのは汎用性の観点からちょっと違うなと思っているので)を使ってみた.

左がオリジナルで右が生成画像だ.どう違うのというかもしれないが,1000万画素のデジカメの画像が4000万画素へとコンバートされている.
今日は「いいレンズ(最新のアポズミ35)で撮った古くて良いデジカメの画像(Leica M8.2)」は現在の時代の解像度に肩を並べることができるか,ということを考えていきたい.

この続きをみるには

この続き: 815文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から2年以上経ち,購読すると読める過去記事も600本を越え(1記事あたり6円以下とお得です),マガジンの内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平均で…

この記事が参加している募集

note新エディタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
落合陽一

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! SNSでシェアいただけると喜びます!
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com