見出し画像

「やっぱラボの床で寝てると色々捗ると思うんだよね」と博士を終えても,助教になっても,研究室を持っても,家庭を持っても,准教授になっても,そして32歳になった今も結局ラボの床で寝ている. / #日々短文雑記

#日々短文雑記 は一週間無料配信の短文日記です,さらっと読んでください

ラボの床で寝る生活に終わりはあるのか? と思ってたのはいつのことか,意外と体が慣れて早12年.そういえば学部生のときのサークルの顧問の先生は60代だったけど床で寝てたことを思い出した.

この続きをみるには

この続き:283文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が「今」考えていることや「今」見ているものを生の言葉と写真で伝えていくことを第一に考えています.「書籍や他のメディアで伝えきれないものを届けたい」という思いを持って落合陽一が一人で頑張って撮って書いています.マガジン開始から1年近く経ち,購読すると読める過去記事も300本を越え,内容も充実してきました.

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集(平...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! SNSでシェアいただけると喜びます!
231
メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップ写真家です.多様性社会を目指す波動使いの准教授.Noteは作家としての個人的な発信です.ご連絡はリンク先のお問い合わせまで. https://yoichiochiai.com

コメント5件

突っ走ってる感、半端ないです。頑張ってください😊
INNOVATION WORLD FESTA 2018。最強の武器、7つ道具を腰に巻きドレスのような戦闘服とあらゆる戦場を踏破するブーツで、ヒュッとステージに現れた「落合陽一」。あの衝撃はすごかった。アニメという想像の限りのご都合主義を結集して作り上げたカッコよさをあっさり凌駕するカッコよさを感じさせる現実があるというのが信じがたかった。この戦士は最期の一息を終えた瞬間のその一瞬後も多分生き生きと戦っている。
研究室生活の時は、ベットが二台、ソファが一つしかなかったのでイスを3つ繋げて寝たりして、落ちて起きたりしたのも良い記憶です...
床で12年間は強者過ぎます...!
「床の上で死ぬ」ってのが、心に響きました。落合さんの辞世の句はもしかして「床寝」になっちゃうのかなーとか、思ってみたり。桜とかが多いのかもだけど「床寝」はねーー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。