見出し画像

【純粋にサッカーを楽しみたい】2年 森稜真

今回ブログを担当する、体育学部2年森稜真です。
僕のことを知らない人は多いと思いますが、頑張って書いたのでぜひ読んでみてください。

公式戦、試合終盤、1-1の同点で迎えた場面スルーパスが自分に入る。取られたら試合終了の状況みなさんならどうするだろうか。僕はいつも想像している。最高のファーストタッチからのカットインシュートを。考えただけでワクワクするし、とにかくサッカーがしたくなる。僕は練習中も考えてる、自陣ゴール前で股抜きしてやろうと。

僕は純粋にサッカーを楽しみたい。
サッカーを大学まで続ける理由は人それぞれあると思うが、僕はただサッカーが楽しすぎて続けているんだと思う。僕にとってサッカーとはプロという職業を目指すための手段じゃなく、生活する上でのシュークリームみたいなものであって、毎日の楽しみである。結果だけを求めるサッカーは自分には向いてないように思っていて、結果だけを求めた高校時代には、選手権とインターハイに出場することはできた。でも得られたのは出場したということだけであって、僕個人として得られたものはほとんどなかったし、結果だけを求めるサッカーに疑問を持つことが沢山あった。じゃあサークルで楽しくやればいいとなってくるが、そうじゃなくて本気でサッカーをやるからこそ楽しい。ただ本気を楽しんでいたい。駆け引きもファーストタッチもキーパーからのパントキックも楽しみの一つだ。そして、この限られた大学4年間という時間の中でサッカーを選んでやる以上、カテゴリーなんて関係なく僕は楽しみたい心の底から。今の自分が置かれてる状況で納得できなくても。本気で楽しい時は試合中笑みが溢れる、きつい時ほど笑えてくる、相手がうますぎて、シュートが下手すぎて、笑えば気持ちが楽になるし楽しくなってくる。まだまだ僕はサッカーを楽しめるし楽しむつもりだ。

話がよくわからなくなりましたが残り約2年という大学生活で僕は冒頭にもあったように最高のファーストタッチからのカットインという長年のイメージを現実化させます。うまく文に出来ませんでしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 名前:森稜真(モリ リョウマ)
 
 学年:2年
 
 学部:体育学部体育学科
 
 経歴:セゾンfc(豊日中学校)→草津東高校
12
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。