見出し画像

【人として一流サッカー選手として一流】2年 野口慶悟

 こんにちは。今回のブログを担当させて頂きます、日本体育大学2年の野口慶悟です。僕はプロ志望です。今までも夢を言うと笑われたことや夢を諦めてしまった人が周りにも沢山いました。夢を諦めるということは凄く勇気がある、強い決断だと思います。少なくとも僕より勇気があり僕には唯一出来ない決断でした。

そもそも僕は夢を諦めるということを考えたことがなく、始めから選択肢のひとつとして存在していませんでした。それはなぜかと言うと、中学、高校と中高一貫の学校での毎日の学びや部活動から学ぶことがとても多く凄く刺激的な毎日が今の僕の考え方の8割以上を作ってくれたからです。地元の中学を選ばず、わざわざ私立の中学校へ通わせてくれた両親や学校で当たり前以上の学びを与えてくれた先生や毎日同じ教室で共に切磋琢磨したスポーツクラスのみんななど日々得るものが多く毎日頭はフル回転で、家に帰るとすぐに寝てしまうことも多々ありました。出会う人全員が僕にとってプラスの影響でしかなく、人としてもサッカー選手としても成長させてくれました。

常に周りを見て気づきを増やすこと、どんな人の発言や行動でも一度はまず理解して受け入れてみること、凄く綺麗事に聞こえることが実は一番大事で一番難しかったです。またそれを継続することが何よりも難しく精神的にしんどかったです。ここまで夢を追ってこれたのは好きなことを素晴らしい環境でやらせてくれてる両親が居たからこそです。離れて暮らしてより一層感謝の気持ちが大きくなりました。僕を応援してくれてる人が1人でもいる以上僕はサッカーを続ける必要があります。常に感謝の気持ちを忘れず目標を忘れなければ夢はそう遠くはないと思います。今まで以上にもっと練習量を増やして考えることを増やしていかないといけないです。色々なことにチャレンジすることを無駄だと思わずに何にでも取り組んでいきたい、結果のための過程だと信じて自分の可能性だと信じてもっともっとサッカーに貪欲にもっともっとサッカーが上手になりたい。サッカーを始めた時の初心を忘れずに感謝とともにまだまだ夢を追いたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 名前:野口慶悟(ノグチ ケイゴ)
 
 学年:2年
 
 学部:スポーツマネジメント学部ライフマネジメント学科
 
 経歴:ルーテル学院中学校→ルーテル学院高校


9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。