見出し画像

何をする人として認識されたい??

ワークショップデザイナーの相内です。

お昼ご飯を食べながら、さとなおさん記憶に残る幕の内弁当はない。という記事を読ませていただきました。

秋元康さんがお使いになった言葉なんだそうですが、タイトルを見た瞬間に、なるほど!言い得て妙だ!なんという表現力だろうか!と感嘆し、

中身を読ませていただいて、なお一層その思いが強まりました。なぜなら2018年のぼく自身がまさに「幕の内弁当化」していたからです(幕の内弁当ほど美味しく、見た目がキレイなものではなかったかもしれないけど笑)

というのもフリーランス1年目だった昨年は、金銭的な不安から「ぼくにできることはなんでもやります!」と周囲に訴えていたのですが、自分で期待していたほどはオファーが来ませんでした。

どうしてだろう・・?なんでもやるのに・・・!と首を傾げながら過ごしていた2018年でしたが、年末になってふと気づいたんです。みんなぼくに何を頼んでいいかわからないんだ・・!と。

いろいろ詰め込むと、記憶に残らない幕の内弁当で終わってしまう。思わずあれもこれもと詰め込みがちだけど、実はそれではまったく印象に残らない。それをこの言葉は端的に教えてくれる。

さとなおさんのお言葉をお借りすると、こういうことです。

そこで2019年は舵を大きく切って、ぼくが一番やりたい仕事である"ワークショップ”だけに特化しようと心に決め、ワークショップデザイナーとして生きること、年間で40回のワークショップを実施することをFacebookとブログで宣言しました。

そうしたらちゃんとワークショップの仕事が続けて舞い込むようになり、コミットした40回のワークショップを実施することができる見込みとなりました!これは昨年実績の4倍!自分でも信じられないほど短期的に突き抜けました。

今はもうワークショップ以外の仕事は依頼さえ来なくなり「自分が何者なのかを世界に認識してもらうってホントに大事だなあ」としみじみ感じています。

2020年はこの流れにより勢いをつけていこうと思い、ワークショップで扱う分野や対象、優先してお受けする仕事の内容を、もっと明確に宣言していこうと思っています!

まず分野に関しては「自己理解」「組織開発」「地域の活性化」に、対象は「学生」「若手社会人」をメインターゲットにしようと思います。ぼくはやっぱり、この領域が好きだからです!

優先してお受けする仕事は「連続で開催する複数回のワークショップ」とします!連続ワークショップに関してはのいえ保育園の研修を半年に渡り引き受け(計10回)、参加者に深いレベルでの変容が起こり続けたことがターニングポイントでした!

彼女たちの姿を見ていたらとても心を打たれ、単発のワークショップでサヨナラするのではなくって、じっくりと目の前の人たちに寄り添いたいと心から思わされたのです。そしてそのほうが圧倒的に貢献できるんだということもよく分かりました。

なので2020年は、上記に合致するワークショップに自分の時間の80%を投下しようと決めました。

残りの20%は新しい分野や新しいワークショップに取り組むための余白、大切にしたい人から頼まれたワークショップの実施に残しておこうと思います。

普通の感覚だと「間口を広げているほうがオファーの数が来る」と思うのですが

「できることを絞って明示するほうがオファーが来る」

というのはこの2年間の中で最も大きな学びの1つでした。だから今は自信を持って自分の領域を示すことができます。

思わずあれもこれもできます!と言いたくなるんだけれど、それだと誰にとっても使い勝手が悪いんですよね。

この一連のストーリーからひとつ問いを立てるなら「あなたは世界に何をする人として認識されたいですか?」になるでしょうか!

年の瀬も迫ってきましたし、2019年の振り返り~2020年の目標を決めるに当たって、この問いを探究してみてはいかがでしょう?

これまでとは違う流れが生まれるかもしれませんよ!


↓↓↓のいえ保育園の連続ワークショップの様子はコチラから↓↓↓

■NOIE QUEST第1回 ~出会いと探究の始まり~


■NOIE QUEST第2回 ~ワークショップの作り方・合意形成の方法~


■NOIE QUEST第3回 ~自分らしさとは・承認が前進を生む~


■NOIE QUEST第4回 ~興味・不思議・驚き・感動と出会う~


■NOIE QUEST第5回~人が自分らしくいられる空間を探究する!~


■NOIE QUEST第6回~どんなあり方から選ぶか~


■NOIE QUEST第7回~「あそび、音、コトバ、自然、食」から子どもの探究心を起こす仕掛け~


■NOIE QUEST第8回~のいえ保育園で育った子どもが歩む人生~



■NOIE QUEST第9回~自分らしさを認めるルールとは?~



■NOIE QUEST第10回~新たな始まり~



人生を自分らしく!

相内 洋輔

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします!
5
きっかけはワークショップ。人と関わる中で、自分の意外な一面に気づいたり、自分の可能性に気づいたり、そんなワークショップを作っている3人トリオ WAKUTOKI。NPO法人設立に奮闘中。ここはまだまだ通り道。ワークショップについて書いていきます。マヒト、マッチ、つじっこの三人
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。