見出し画像

神戸からのデジタルヘルスレポート #43 (睡眠)

『神戸からのデジタルヘルスレポート』は、神戸拠点のプロジェクト支援企業・Cobe Associeが提供する、海外のデジタルヘルススタートアップを紹介するマガジンシリーズです。

今回は第43回・睡眠をテーマにご紹介をします:-)

==

1. Sleep Make:より良い睡眠目指す人へのグッズ販売

画像1

企業名:SleepMake Planet
URL:https://sleepmake.com/
設立年・所在地:2019年・US?
直近ラウンド:N/A
調達金額:N/A

Sleep well, Live better! がコンセプトのこの会社。サイト上で様々な睡眠関連商品を展開しています。睡眠ヘッドフォンからマスク、枕、いびき対策商品まで。睡眠に関するコラムも掲載しており、睡眠啓発にも力を入れています。

画像2

過去5か月間で売り上げや平均滞在時間が月間30%以上上昇しているとのこと。いい長考ですね。

筋トレ・ワークアウト・ダイエットに取り組む人たちがiherbでいろんなサプリや食品を買うように、睡眠を大切にする人がこのようなECサイトで商品を購入するようになるんでしょうか。(ちなみに私のiherb紹介コードはBDP6799です。使ってね)

2. Circular ring:睡眠測定・分析リング

画像3

企業名:Circular
URL:https://www.circular.xyz/
設立年・所在地:2019年・パリ
直近ラウンド:Pre-seed(2019年11月)
調達金額:N/A

睡眠解析の指輪型デバイスだとOuraが有名ですが、パリから新しいデバイスも登場しています。その名もCircular。睡眠・身体活動の測定・分析してくれるリング型の健康管理機器です。

リング内側にバイタルサイン検知のためのセンサーと加速度計が設置されており、そこから各種データを取っていく構造。電池は充電式でだいたい2日はもつとのこと。防水機能もばっちり、手洗いや家事などでいちいち外す必要もなさそう。

画像5

今後は睡眠時無呼吸症候群や不整脈の検知などの機能が追加されていく予定です。今後、入院患者のモニタリングや慢性疾患を抱えた方の遠隔管理にも利用できるようになっていきそう。
また、ウェルネル企業っぽく、利用者のコミュニティ化も支援しています。

画像5

いまクラウドファンディング・Indiegogo真っ最中。関心がある方はぜひ!

3. Eight Sleep:冷暖房技術を備えたマットレス

画像6

企業名:Eight Sleep Inc.
URL:https://www.eightsleep.com/
設立年・所在地:2014年・ニューヨーク
直近ラウンド:Series C(2019年11月)
調達金額:$70.1M(Founders Fundなど)

Eight Sleepは、冷暖房を備えたマットレスです。季節に関係なく、13℃~43℃の温度間で表面温度を調節し、快適な睡眠環境を作り出してくれます。

画像7

マットレスは4層構造になっていて、最表層は通気性の高い層、深層に温水・冷水が流れることで温度を調整する構造。温度調節は、ベッドの左右で別々に設定できるようにカスタマイズできるため、パートナーとも1つのベッドで快適な睡眠を手に入れることができます。さらに、Alexa連携をしているため、細かい温度調整を声・音声で行うことが可能。こういう細かい気遣いいいですね。

画像10

画像8

また温度調節だけでなく、睡眠時間・睡眠の質・心拍数など睡眠に関するデータを収集し、アプリ経由でユーザーにフィードバックする機能も。

画像9

テンピュールなどとの比較表も載っけていて、競合からマーケットを取る気満々。

画像11

利用者は、質の高い睡眠を必要とするスポーツ選手をはじめとして3万人以上。このマットレスがあれば、夜の間クーラーや暖房つけっぱなし、などの対応が必要なくなりそう。...ほしい!

4. Sleep Shepherd Blue:脳波測定・快眠誘導ヘッドフォン

画像12

企業名:Sleep Shepherd LLC
URL:https://sleepshepherd.com/
設立年・所在地:2014年・コロラド
直近ラウンド:N/A
調達金額:N/A

本来、人間の脳波は50Hz以上ありますが、睡眠の際は10Hzまで脳波を落とす必要があるそうです。そうすることで脳の機能を最小限に留めているそうです。

Sleep Shepherdは、快適な眠りになるように脳波を調節してくれるヘッドフォンです。ヘッドフォンから両耳に特定に周波数を発することで、脳波を調節します。

脳波を調節するために収集した睡眠に関するデータは、専用のアプリケーションに蓄積されます。ヘッドフォンには加速度計も内蔵されているので、頭の位置や角度も検知し、それに応じて適切な周波数をヘッドフォンから発しています。

画像13

購入リンクが切れているんだが、もう売っていないのか...

5. ZEREMA:自動で首の高さを調節してくれる枕

画像14

企業名:MAETEL
URL:https://www.maetel.kr/
設立年・所在地:2016年・韓国
直近ラウンド:Seed(2016年11月)
調達金額:N/A

良い睡眠を取るためにみんながケアする製品の一つが枕です。不適切な高さの枕は睡眠障害やいびきの発生につながってしまい、主観的な睡眠満足度にも影響します。高すぎてもよくないし、低すぎてもよくない。そこで、韓国発のこの製品です。

画像16

ZEREMAは、自動で首の高さを調整してくれるスマート枕。専用アプリと連携していびきの程度や睡眠パターンの情報を収集し、ユーザーに適切な首の高さを提案・調整してくれます。

創業年にSOSVから出資を引っ張ってきて、さらにHAXアクセラレーター出身でもある。CESやMWCのようなカンファレンスにも積極的に出展。さて、これからどうなるか。

画像15

==
こんな感じで、第43回でした。
過去分もたっぷり厚くなってきました。マガジンのほうもぜひ見てみてください:-)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます!

さんきゅーですー◎
3
Cobe Associeという小さな事業支援会社をやっております。 「決断と行動、愛とユーモア、柔らかくも強く」がテーマで、将棋が好き。 神戸から, 全国のプロジェクト支援をしています. ex-BCGer.

この記事が入っているマガジン

神戸からのデジタルヘルスレポートまとめ
神戸からのデジタルヘルスレポートまとめ
  • 49本

Cobe Associeチームが出しているデジタルヘルスレポート記事を始め、ヘルスケア・ITに関わる諸々をマガジンにしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。