要介護・廃用症候群を考える⑤ フレイルの特徴と予防について考える
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

要介護・廃用症候群を考える⑤ フレイルの特徴と予防について考える

本日も「臨床BATON」にお越しいただきありがとうございます!
230日目を担当します、ミッキーです。よろしくお願いします。
7月になり、梅雨から暑い季節に移り変わっていくところですが、体調には気を付けて今日も患者様のリハビリを行っていきましょう!

〇はじめに

僕がフレイルを知ったきっかけは恥ずかしながら2019年秋に来た実習生からでした(当時は新型コロナウィルスなんてなかったなあ…としみじみ思い出されます…)。
実習生のひとつ前の実習先がフレイルについて力を入れて取り組んでいた病院だったようです。そこで学んで見学記録に書いていました。それを添削しているときに「フレイル?」と感じたのを覚えています。
僕の勤めている病院は生活期なので様々な疾患からフレイル、要介護、廃用症候群となってしまう患者様を多く見てきました。

その点から皆様にフレイルについて深く知っていただき、患者様のリハビリに役立てていただけたらと思い、今回の記事を書くことにしました。

〇フレイルとは

フレイルの定義は以下のようなものです。

「加齢に伴う症候群(老年症候群)として多臓器にわたる生理的機能低下やホメオスタシス(恒常性)低下、身体活動性、健康状態を維持するためのエネルギー予備脳の欠乏を基盤として種々のストレスに対して身体機能障害や健康障害を起こしやすい状態」を指すことが一般的である。
葛谷雅文:老年医学におけるSarcopenia&Frailtyの重要性.日老医誌 46 : 279―285, 2009.

スクリーンショット (6)

葛谷雅文:老年医学におけるSarcopenia&Frailtyの重要性.日老医誌 46 : 279―285, 2009.より改変

ここからフレイルとは健康と要介護の間の状態であり、要介護の手前であることがわかります。

また、フレイルは3つの面があると考えられています。
3つの面とは身体的フレイル、心理・精神的フレイル、社会的フレイルの概念です。

スクリーンショット (16)

西原恵司,荒井秀典,健康長寿社会におけるフレイルの考え方とその意義,予防医学,第60号,2019,1,9-13

この点からフレイルは身体的、心理・精神的、社会的な視点を持ったより広い考えであることがわかります。

〇なぜ予防する必要があるのか?

 ここでは医療・介護の視点と患者様の視点からお伝えします。

<医療・介護の視点>

医療スタッフ

医療・介護の視点からは医療費・介護費の減少というものがあると思います。

スクリーンショット (1113)

スクリーンショット (1114)

社会保障費はこのように大きな割合を占めており、なるべくフレイル・要介護にならずに長く健康で過ごしてほしい。また、要介護の一歩手前であるフレイルになっても要介護に進まずに健康に戻ってほしいという視点があると思います。

このようにフレイル・要介護にならないように、要介護が進まないよう、廃用症候群にならないように取り組んでいるところがあります。

<患者様の視点>

患者

患者様にも、もちろん医療費・介護費を抑えて生活しようという気持ちはあるでしょうが、長く健康に暮らしたいという視点が大きいのではないでしょうか。
高齢になっても充実した生活を送りたい。今後も長く自分のことは自分で行えるようにしたいという視点は多くの人が思っているものだと思います。

〇心理・精神的フレイルと社会的フレイルとは

先にこちら↓でもお伝えしたように

スクリーンショット (16)

フレイルには多面性があります。
その中からここでは心理・精神的フレイルと社会的フレイルについてお伝えします。

身体的フレイルのうちの運動器障害の問題に関しては過去にサルコペニアとロコモについて書いた僕の記事にもあるので興味があれば読んでください。

(別途100円かかりますがご了承ください)

低栄養についての記事は過去にこちらの記事がありますのでご参照ください。

(別途100円かかりますがご了承ください)

この続きをみるには

この続き: 2,308文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは週2日、明日から臨床に活かせる新たな記事を皆様にお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、知識と臨床を結び付けたい…

または、記事単体で購入する

要介護・廃用症候群を考える⑤ フレイルの特徴と予防について考える

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!メンバーがHAPPYになります
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!