お題企画「#サッカー日本代表観戦記」の審査結果を発表します!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

お題企画「#サッカー日本代表観戦記」の審査結果を発表します!

noteスポーツ

2020年11月11日から27日に日本サッカー協会さんと共同で開催したお題企画「#サッカー日本代表観戦記」に、たくさんの作品をご応募頂きましてありがとうございました。

全てが素敵な作品でしたが、日本サッカー協会さんに審査を行って頂き、受賞作品が決定しましたので発表をします。

ありがとうの「カズダンス」/ 陽(yo)1人旅がスキ🍻

決め手は、3・11当時直後のサッカーができない、活動が難しい…という状況が今のコロナ禍の情勢とも重なり、サッカーに打ち込むみなさんにも共感できる内容だと感じたこと。サッカーの持つ魅力やパワーを、スタッフも改めて感じさせられた内容だったこと。
そして日本代表戦の試合の興奮や、題材となった試合の特別感、そして会場で観戦する臨場感や緊張感が伝わる表現力が素晴らしいなと感じたことでした。(日本サッカー協会のnoteより引用)

初めて熱狂の渦に巻き込まれた話 / cocoa_s2

ご自身の子どもの頃の写真もアップしていただいていて(とても可愛らしい^^)、その時の気持ちが伝わってきたこと。
お父さまとのエピソードにほっこりしましたし、こんな体験・経験をしてサポーターになってくれるお子さんが増えて欲しいなと思ったこと。そして初めて会場にきたときの驚きや戸惑いと言った素直な感想がひしひしと感じられて、まさにこういう体験をする女性たちを増やしていけたらな、とも思いました。(日本サッカー協会のnoteより引用)

オーーー、ニッポン! / しんたろう

日本代表を好きになったきっかけが、ご自身の体験から親しみ易く書かれていて、実は意外とこんなに身近に日本代表戦があるのだ、ということに気が付かせてくれる体験談だったこと。臨場感のある文章で、選ばせて頂いたスタッフのからも、「自分が初めてスタジアムに行ったときのことを思い出した!」という声があがりました。これからの世代のお子さんたちにも、こういう経験を通してサッカーファンになってもらえたら良いな、とも。(日本サッカー協会のnoteより引用)

結果は日本サッカー協会さんのnoteでも発信されています。

また、投稿作品をまとめたマガジンもございます。受賞作品のほかにも素敵な作品がたくさんありますので、是非お楽しみください。


よければシェアも宜しくお願いします!
noteスポーツ
note公式のnoteスポーツです。noteに投稿された素敵なスポーツの記事の紹介やオリジナルコンテンツ、マガジンなど発信していきます!