見出し画像

Webメディア「アイスム」と開催した、レシピや料理エッセイの投稿企画「#私のイチオシレシピ」の審査結果を発表します!

noteフード

2022年3月11日から約1ヶ月、おすすめのレシピや料理にまつわるエッセイを募集する「#私のイチオシレシピ」投稿企画を開催しました。期間中(3/11-4/15)には、1,161件もの作品をご応募いただきました! すばらしい作品を投稿いただき、ありがとうございます(応募作品一覧はこちらです)。

選考の結果、次のように受賞者が決定しました。受賞者には多くの料理家が活躍するメディアアイスムでの記事掲載、連載を始めとした企画のお声がけをさせていただきます。

受賞者

笠原なつみさん

作品:「ふたりが安心して「美味しいね」って食べられるチキン南蛮を」

鶏肉を揚げて、南蛮酢に絡め、タルタルソースも用意して……と、なかなか手間のかかるチキン南蛮。でも、肉選びや揚げ方などの変数的な要素を組み合わせることで、自分なりのバランスを見つけるという、手間の先にある楽しさを提案してくれる記事でした。料理には絶対の正解なんてない。自分が楽しむことがなにより大事だということが、笠原さんの記事からは伝わってきて、私も私なりの“イチオシ”チキン南蛮をつくりたくなりました。(noteディレクター・志村)

キッチンのハナコさん

作品:「パジャマケーキ」

「パジャマケーキ」というコンセプトがなんともキュートで、わくわくします。「作り方」や「食べ方」ももちろんだけれど、「作るシーン」の提案というのもすてきだな、と思いました。読んでいると作りたくなります。バナナケーキとコーヒーが並んでいる写真が特に好きです。土曜の朝、ぼさぼさの髪、二日酔いの頭、「パジャマケーキ」、うん、良いですね。(アイスム編集部・虫明)

日々おにぎり/ゆこさん

作品:「おもわず手が伸びる!【彩りおにぎりの握り方ご紹介】」

ゆこさんのおにぎりレシピはすごく“楽しそう“。ラップはケチケチしない。具材はあざとくレイアウト。苦手な三角握りは”あの”やり方で失敗知らず…食べる人はもちろん、作る人もわくわくできるのがポイント。2年以上つくり続けるうちにたどり着いたという、独創的なおにぎりの数々。 その内の1つを紹介するのではなく、だれもがオリジナルおにぎりをつくれるよう“型化”して伝えてらっしゃるのもすばらしい。”分かち合ってこその喜び”。ゆこさんのおにぎりからそんな想いが感じられました。(noteディレクター・荒木)

わたなべ ますみさん

作品:「人生は変わるが、春巻きは変わらない」

15年前から作り続け、子どもが成長して生活が変化していく中でも、変わらない「春巻き」に家族の絆を感じました。なぜその具材を使うのか、なぜその調理法なのか、なぜその味付けなのか。作り手の想い、そして食べてくれる相手との関係があるからこそ、他では生まれない「イチオシレシピ」になっているのではないでしょうか。自分も大切な人に料理を作ってあげたくなる、素敵なエッセイです。(アイスム編集部・中辻)


ほかの投稿作品についても、以下URLよりぜひご覧ください。

コンテストを振り返って

コンテストの後援をいただいた「アイスム」、note担当者からのコメントです。

アイスム編集部より

たくさんの素敵な投稿、ありがとうございました。
「私のイチオシレシピ」というテーマでしたが、皆さまの投稿から料理の作り方だけでなく、誰が誰のために、そしてどんなシチュエーションで作るのか、その料理に込められた一人一人の物語を感じることができました。表現方法もさまざまで、それぞれの投稿を楽しく読ませていただきました。
今回はレシピの完成度以上に、普通の日々の中にある「食」を楽しむヒントになるような投稿を中心に受賞者を選ばせていただきました。アイスムに掲載させていただくのが楽しみです。

note担当者より

他にないコンセプト。ずっと続けてきたことの集大成。あるいは定番の料理を見つめ直してみたり…。多くのみなさんが工夫を凝らした作品を投稿してくれたことにとても感謝しています。イチオシするにはそれなりの「理由」や「物語」があって…レシピとしてはもちろん、料理エッセイとして読み応えのある作品も数多く集まりました。今回の受賞者は4名でしたが、もっともっと多くのみなさんの “料理” や “料理を楽しむヒント” を世に広めたいと考えています。第2弾、第3弾の投稿企画でまたお会いしましょう!

・・・

料理家として活躍したいクリエイターのみなさんにおすすめの番組

料理クリエイターの活躍を後押しするプロジェクトの一環で、3月より「こうして私は料理家になった」というシリーズがはじまりました。まざまな場所で活躍する料理家をゲストにお招きし、キャリアのつくりかたや発信の方法などをお聞きしていきます。

第2弾のゲストは、Twitterフォロワー220万人、YouTubeチャンネル登録者数301万人の大人気料理家・リュウジさん! バズを生み出すためにどんな戦略を立てているのか? 料理でマネタイズするにはどうしたらいいのか? リュウジさんのキャリアづくりの過程も含めて、お話いただく予定です。ぜひ、ご覧ください。

▼第1回(ゲスト:今井真実さん)のアーカイブはこちら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
noteフード
noteのフードカテゴリに関する公式アカウントです。「フード」に関するさまざまな記事をマガジンでまとめたり、食に関わるクリエイターのみなさんが記事を書きやすくなるようなお題を発信します。フードのカテゴリページはこちら:https://note.com/topic/gourmet