見出し画像

円盤に乗る場5月スケジュール

全スケジュールはこちらのカレンダーをご覧ください。各アーティストの公開活動は随時更新されます。

ical:
https://calendar.google.com/calendar/ical/emban.noruba%40gmail.com/public/basic.ics

公開活動へは「円盤に乗る場」ご購読の上、配信URL、来場予約フォームよりご参加ください。

イベント

5月5日(水)20時〜21時 月イチコンテンツ(β版)田上碧
各アーティストが持ち回りで何らかのコンテンツを発表する「月イチコンテンツ(β版)」。5月の担当者はヴォーカリスト、アーティストの田上碧さんです。

※当初は来場チケットも販売予定でしたが、配信(投げ銭制)のみとなりました。(4/29)

(アーカイブ期間:5/9(日)24時まで)

(情報公開時コメント)
こんにちは。新緑の美しい季節ですね。円盤に乗る場・月イチコンテンツ(β版)、5月の回を担当いたします、田上碧と申します。

さて、この日は歌と朗読をやります。「月イチコンテンツ」という企画はまだ始まったばかりですが、最終成果発表というよりは肩の力の抜けた何か楽しいこと、そしてアトリエを穏やかに外に開くようなことをやる機会になっていくのだと思います(ですよね)。そういうわけなので、わたしも、いつも家でやっているような感じでのんびり我流で、好きにやらせていただきます!

朗読は、「円盤に乗る派」が昨年の秋にオンライン上演をした作品『ウォーターフォールを追いかけて』を、歌は、いつもわたしが歌っているものをいくつか演奏します。この時間が連休明けの(あるいはただの次の日の)あなたやわたしの栄養に少しでもなったら、嬉しいです。

なお、当日は感染症対策のため、ビニールカーテン等、客席と演者を隔てるものを設置しようと考えています。わたしの姿はよく見えないかもしれませんが、声は必ず届くように歌うので、お越しいただける方はご理解のほどよろしくお願いします。

5月5日に都内某所にて、お待ちしております!それではまた。
(4/29追記)
GW最終日に予定していた「乗る場」のイベントがライブ配信のみの開催になりました。

パフォーマンスを配信してもライブの替わりには到底なりませんが、あらゆる要素を削りに削った上でそれでも表現が成立する可能性に、改めて期待して、歌と朗読をやります。

ライブが配信のみになって、自分にとって大切だった過去のいくつかの電話のことを思い出しました。音が悪くても顔が見えなくても言葉と人間の声があればけっこう届くと思えているから、自分は歌とかやっているのかもしれないです。

やるほうは色々考えちゃうけど、気軽に聴いてもらえたら嬉しいです!
田上碧(ヴォーカリスト、アーティスト)
2014年頃より、野外から劇場空間まで幅広い場で体ひとつで歌うことから活動を始める。歌うことの行為や現象としての側面を浮き彫りにするパフォーマンスや、歌と語りを織り交ぜた楽曲の演奏、即興演奏や詩作など、シンプルな実践を通して、声と身体による表現の可能性を探っている。
http://aoitagami.com

お問い合わせ
aoi.tagami@gmail.com

5月29日(土)13時〜20時 交流会
アトリエ「円盤に乗る場」をオープンにし、交流会を開催します。お菓子やお飲み物を用意して、皆さんをお待ちしております(参加費:1000円)。

「円盤に乗る場」ご購読者、参加アーティスト以外に、その招待者も参加可能であり、ラフな場で様々な議論を繰り広げられたらと思います。

ご参加にあたってはご購読の上、来場予約フォームよりご予約ください。
(担当:円盤に乗る派)

この続きをみるには

この続き: 5,286文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
購読すると、アトリエ「円盤に乗る場」における様々な活動を見られるようになるほか、演劇論「ありふれた演劇について」や活動レポートといったコンテンツが全文読めるようになります。

円盤に乗る場

月額500円

演劇プロジェクト円盤に乗る派(http://noruha.net/)によるアトリエ「円盤に乗る場」会員用マガジンです。概要はこちらhttp…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
複数の作家・表現者が一緒にフラットにいられるための時間、あるべきところにいられるような場所を作る演劇プロジェクト。東京と浜松の二都市を拠点として活動。代表:カゲヤマ気象台 https://noruha.net/