見出し画像

Slackはどうやって急成長を実現したのか? - 新たな市場を創り出す

 日本でも多くのユーザーを持つSlackですが、彼等がなぜ急激な成長を実現できたのかを、Growth Hakersの記事を参照しながら見ていきたいと思います。

ポイントは以下の3点になります。

・ユーザーの「ペイン」にフォーカスし、新たな市場を創り出す
・圧倒的に優れた部分にこだわり、プロダクト体験を磨き上げる
・フリーミアムモデルを使い「口コミ」での成長に注力する

この記事ではまず最初の「新たな市場を創り出す」部分に触れます。

ビジネス向けチャットの市場はHipchatやSkypeなど、Slack以外にも多くのサービスがありました。その「群雄割拠」の状況からなぜSlackが圧倒的な成長を達成できたか?ポイントは、彼等が過去存在していなかった「新しい」市場を作り出した、というところです。

創業者のButterfieldはこの点にきわめて意識的でした。彼はこう言っています。

社内のコミュニケーションに何を使っているか聞くと、大半の人は「何も使ってないよ」と答える。でも、絶対なにか使ってるんですよね。彼等はそれをソフトウェアのカテゴリーだと認識してないわけです。
Source: https://firstround.com/review/From-0-to-1B-Slacks-Founder-Shares-Their-Epic-Launch-Strategy/

つまり、「コミュニケーションツールは使っていない」という人でも、実際はメールやメーリングリスト、HangoutやSMS、さらにはSkypeやFacebook、Google+のグループなど様々な形でコミュニケーションを取っている。問題はそこが「認識」されていないこと、だと。

----------------

ここからは有料となります。単品だと200円ですが、定期購読だと月800円とお得です。

この続きをみるには

この続き: 1,320文字
記事を購入する

Slackはどうやって急成長を実現したのか? - 新たな市場を創り出す

とくさん

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を楽しんでいただけたでしょうか。シェアいただけたらとても嬉しいです。

感動です!
43
経営を考える素材を提供します。娘二人の育児奮闘中の父親です。日系メーカー海外営業→外資コンサル→上海駐在→現在、経営企画本部長@米IT企業。

こちらでもピックアップされています

これからの日々
これからの日々
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

外資系IT企業の経営管理、そして事業作りで学んだことを踏まえ、これからの経営や生き方について書いていきます。経営や戦略、組織作りに興味がある方から、ゼロイチの事業立ち上げを目指している方まで楽しめるものになるようがんばります!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。