見出し画像

母が「資格など役に立たない」と言っていたことには理由があったのだと今気がついた

「資格なんかとっても仕方ない」
それが母の口癖だった。
医師も弁護士も国家資格なのに、と心の中で母の無知に反抗した。
けれど、ふと思い出した。
私が小学生の頃に1度だけ母が「昔、不動産関係の資格を取った。行政書士も医療事務も」と話したことがあったのだ。
確か、両親が不動産業を営んでいることに関連して聞いた。
資格を持っていたのは母だった。

その時は何も思わなかったが、先日、母に尋ねてみた。
母は以前「行政書士なんて誰でも取れる」と豪語し、
私もそれを信じ込んでいたが、
資格のことを調べていて「行政書士」が難関だと知ったからだ。
聞けば、赤ん坊の私をおんぶして一生懸命に勉強していたという。
母が23,24歳の頃の話だ。
けれど、母がその資格で仕事をすることはなかった。
母は30代半ばで夫、つまり私の父を亡くしたが、
資格ではなく、県や市からの委託調査業務やパート、新聞配達で生計を立て
私と妹を大学まで行かせてくれた。
確かに彼女にとっては「資格など役に立たない」ものだった。
「もったいなかったね」と私が言うと、「そうだね」と母は笑った。
けれど、それは時代や環境もあったのかもしれない。
年齢、性別、土地柄、、、
さまざまな壁に立ちふさがれたことだろう。
母が私に「法曹界」という望みをかけたのもそれならわかる気がする。
私はその母の望みには応えなかったけれど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
街を歩いていて、また、急にニュースが目に飛び込んできて、「あれはあの時の私だ」と思う瞬間がある。その時の私にはわからなかったこと、見えなかったことの数々が今ならわかる。あの時の自分やそれを思い出させてくれた会話や風景に向けて書いていきたい。「私だ」と思う次の人のために。