集団瞑想で凶悪犯罪件数を23%も減少できた!
見出し画像

集団瞑想で凶悪犯罪件数を23%も減少できた!

COBRAのの集団瞑想の呼びかけに何度も紹介された記事「Washington crime study shows 23.3% drop in violent crime trend due to meditating group」を翻訳しました。


”科学的な調査では、集団瞑想と活性化が人間社会にポジティブな影響を与えることが確認されています。"


元記事


過去に、アメリカ合衆国のワシントンD.C.では、2カ月間の国家実演プロジェクトが実施されたことがありました。

「超越瞑想 (TM瞑想とも)」という瞑想法を実践する集団が、一斉に瞑想を行うことで、犯罪件数や社会的ストレスをどれだけ減らすことができ、政府の能率性を高めることができるかの実験が行われたのです。

画像2

1993年の6月7日から7月30日の間に、厳格な管理の下でこの科学的実験は行われました。試験期間中に、最初は800人ほどだった超越瞑想集団の数も、最後には4,000人にまで増加しました。

画像1

実験の結果、予測とは裏腹に、平均的な暴力犯罪件数が最大23.3%減少しました。


「TM防犯プロジェクト」は、真夏のうだるような猛暑の中で行われました。詳細はこちらの記事でお読みいただけます。

このプロジェクト開始前の5か月間は、暴力犯罪件数が増える一方でした。それが実験開始から一週間ほどで、暴力犯罪件数 (FBIがHRA犯罪と呼ぶ犯罪、つまり殺人、強姦、悪質暴力のこと)は減少し始め、減少傾向は実験終了まで続きました。

プロジェクトに関わった研究者たちは実験が始まる前からすでに瞑想集団によって犯罪件数が20%減ることを予測し、公言していました。この大胆な予想ははじめ警察署長に嘲笑され、「犯罪を20%減らせるのは20インチの雪だけだ」と真面目に見ていなかったこともあり、驚きの結果となりました。この時は最大23.3%も犯罪が減りましたが、最大の下げ幅があった日は瞑想人数がプロジェクト中最大であった最終週であり、その日は猛烈な熱波が吹いている最中でした。

これほどの犯罪件数の減少が偶然起きる統計学的確率は、約10億分の2です。(p<。000000002)。

そして、プロジェクトが終了した途端に、凶悪犯罪の件数が再び増加し始めたのです。

こちらの記事でも書かれているように、本研究は社会科学という分野において極めて信頼できる結果を提供していると言えます。

この結果は明らかに瞑想集団による影響であり、気温や、降水量、週末や祝日、警察や地域社会による防犯活動などの影響ではなかったことが判明しています。

ちなみに、アメリカ大統領の支持率の増加についても実験を行ったところ、やはり「超放射現象」から理論的に予測できるように、実験期間中に実際にアメリカ大統領への支持が向上するという結果が出ました。

研究内容の情報源

ヘーゲリンJS、オーム・ジョンソンDW、レインフォースM、カヴァノーK、アレクサンダー・CN、シャトキンSF、デービス・JL、ヒュー・AO、ロスEによる共同研究「ワシントンD.C.における暴力犯罪防止のための超越瞑想プログラムのグループ実践の効果:1993年6月~7月の国家実践プロジェクトの結果について」D.C.科学技術部公共政策研究所技術報告書94:1、1994年版 社会指標研究(47版第二報告書p153-201、1999年)

著者の関連会社
1. 米国アイオワ州フェアフィールドのマハリシ経営大学科学技術公共政策研究所
2. 米国メリーランド州メリーランド大学 国際開発・紛争管理センター
3. 米国ワシントンD.C.コロンビア特別区大学人文社会科学部
4. コロンビア特別区警視庁企画調査課、米国ワシントンD.C.犯罪調査統計課

論文の全文は、Maharishi European Research UniversityとMaharishi International Universityにより発行されているCollected Papers of Scientific Research on Maharishi's Transcendental Meditation and TM-Sidhi Program vol6-489で読むことができます。


関連記事





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NOGI

翻訳がお気に召しましたら、サポートをお願い致します。翻訳活動を続けるモチベーションになります!

Victory of the Light!
未翻訳のCOBRA関係の記事を翻訳します。 COBRA基本情報 (PFC-JAPAN OFFICIAL様): http://urx3.nu/IBCZ ブログ: https://goo.gl/2qjsiD イラストレーターファンザR: https://goo.gl/n5Se8y