野田映美+高寺あずま

のほほん派イラストレーターの野田映美と、ぼんやり系ライターの高寺あずまが、新宿界隈をふらふら歩いて、気になる街角をちんたら記録します。ふたりの共著『ネコと読む『方丈記』に学ぶ〝人生を受けとめる力〟』も文響社から好評発売中。

プレイスポットデイトライン、または新宿二丁目盛衰記(おまけ)

ちょうどいま(というのは、2019年10月12日から11月1日にかけてのことですが)、シネマヴェーラ渋谷で特集上映「蘇る神代辰巳」が開催されており、わたくしも何本か鑑賞し…

プレイスポットデイトライン、または新宿二丁目盛衰記(その2)

(つづく)と記してから、数か月が経過しているような気もしますが、何事もなかったようにつづきます。 版元である新潮社の説明文をまるまる引用すると、伏見憲明『新宿二…

プレイスポットデイトライン、または新宿二丁目盛衰記(その1)

紀伊國屋書店新宿本店1階には「新宿の棚」というコーナーが設けられており、『ノルウェイの森』や『ゴールデン街コーリング』のような小説、『台湾人の歌舞伎町』や『新宿…

紀伊國屋書店の文庫売場、またはケッチャム王子の異常な愛情

本を買うとき、7割方は紀伊國屋書店新宿本店で済ませます。近場にあること、品ぞろえが充実していること、このふたつが主な理由です。 本といっても新刊と既刊の両方があ…