歌詞の話3_どんな思いを込めたいか

こんにちはー。さてさて、僕のブログの方に詳しく書きましたが、作曲企画!を立ち上げてみました。

ここ最近よく楽曲を一緒に作ろう!とか、一緒に歌おう!なんて企画を見ていて、とっても楽しいなと思って自分もやりたくなりました。みんなにも楽しんでもらえたらいいな!と。

ツイッター上などで、みんなの意見を聞きながら、完成目指してがんばります。よかったら気軽に参加してください。僕のツイッターは@No6997です。


さて、今日は歌詞の話、第3話ということで。1話で誰に宛てた内容なの?って話と、2話で日本語の言葉のイントネーションにそってる?って話を書きました。どちらかと言うと技術的な内容だったかなと思うんですが、そもそもどう言うメッセージを込めるの?ってところを書いてみようかなと思います。

この話は、正直もうまさに理屈じゃない!って部分だと感じていて。

このnoteを書く意味が一切なくなりそうな一言ですけど、正直「君に伝えたいことがばっちりある」って状態であれば、それは100%まごうことなき正解です。笑

「それを書いてください!」で終わりです。笑

じゃあ、逆に書きたいことが全くないケース。これはこれで僕ありだと思うんですよ。

例えば、洋楽とかで何言ってるかわかんねえけど、この曲好きだな〜とか普通にあるじゃないですか?それで歌詞の内容調べたら、「えっそんなこと言っちゃってるの?」みたいに軽くひくっていう。笑

普通に日本のシンガーでも、正直何いってるのかよく分からないけど、かっこいい!!最高!!!!っていくらでも音楽としてありうると思っていて。

僕は、自分で自分を分析する限り明らかにそういうタイプではないので、そういう歌詞をかける人のことはあんまり理解できてないんですけど、おそらくそういう方は「意味<リズム」なんだろうと思います。

意味としてはこっちの方がいいんだけど、音楽に載せた時にこっちの方が気持ちよくない?っていう価値観をおそらく持っているんだろうな、と。


だから、まあそういう人は多分、前提として込めたいメッセージがばっちりなくていいと思います。


一番問題なのが、歌詞の意味+メロディーで王道の攻め方をしたいのに、伝えたいメッセージがないって場合ですよ。笑

1文字1文字が、しっかりとわかる。。それなのに、なぜ…?

一言も入ってこない、、ってケースが最悪だと思うんですよね。。笑


いつもそういう状態じゃなくても、何も書きたいことがないっていうタイミングはあると思うので、もうそういう時は潔くインプットの時間にしましょう。


映画をみる、本を読む、音楽を聞く、漫画読む、人と会う、もう絶対に心動く瞬間があると思いますよ。その時の気持ちを込めてみたらどうでしょう?その映画の主題歌だと思って作ってみようとか、その漫画をイメージして曲を作ってみようとか。

例えば、こういう曲を作ってください!ってたくさんのオファーがくる状態であれば、そもそも上の問題があまり起きないとは思うんですけどね。

0から自分で作る!っていうこともあるわけじゃないですか。そういう時には、おそらくインプットしてみるしかないかな…と。

もうそれで、あんまり少なくとも最初は完成度もいらないんじゃないですかね?とりあえず、作ってみていくうちに、どんどん精度はあがっていくと思うので。


毎度、偉そうにどうもすいませんー!


今日は、もうにっちもさっちも行かないようなことを書いちゃいましたけど、何かの参考にでもなったら嬉しいです。


そんな訳でまた!(作曲企画で4曲のサビ候補をあげてみましたが、歌詞できあがるんだろうか、、不安。笑)


特に意味はありませんが、SHIFT!という曲のMVを貼っておきます。バイト先で、できる後輩が入ってきて、シフトが減ったという歌です。。笑





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金は、シンガーソングライターのださとし の音楽活動に使わせていただきます。

きゃ!スキありがとうございます!
3
千葉県鎌ケ谷市出身。作詞・作曲・編曲。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。