テラスハウス新東京編16thWEEK:ORANGE FLAVOR FIRST KISS

突然新東京編の話、始めてすみませんね。

でも、この回の香織と翔平の会話、私がテラスハウスに欲しているものが全て詰まりすぎていて……。

あまりに美しいから書き写させてください。ただそれだけのnoteです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>>テラスハウス内のプールで過ごしていた春花、香織、愛華。春花は「香織が皆と本音で話していない、弱みを見せたがらない」と指摘する。その場は笑顔で取り繕い、プールを離れて部屋に戻った香織の元に出勤前の翔平がやって来る。

(翔平)プール入ってるの?
(香織)え? プール入ってるよみんな。
(翔平)バテてんじゃん。
(香織)あつーい、あそこ。
(翔平)大丈夫? 水飲めば?
(香織)バテもしたし……春花に”本音で喋ってない”って言ってくれた。私、そんなに人に気ぃ遣ってるかな?

(この”春花に本音で喋ってないって言ってくれた”という変わった言い回しに「ハッこのままじゃ陰口言ってるみたいになってしまう。一応春花は私のことを思って言ってくれているようではあるしあまり批判的なニュアンスで翔平に伝えるのも……」という葛藤が現れていてスンバラシイ。ここは”本音で喋ってくれないって言われた”が本音だろうにな……香織ィ……!!

(翔平)どうなんだろうな……。
(香織)もう仕事行くよね、ごめん。

(翔平の回答にためらいを感じた途端、マッハで謝るとこ好き)

(翔平)いやまだ大丈夫だけど。…………ちょっとだけ、たまに、みんなにいい顔してんなぁと思うことはある。それは、俺は気ィ遣ってるとは言わないと思ってて。
(香織)みんなにいい顔してる?
(翔平)……ちょっとね。気、遣ってて、たぶん香織が辛そうに見える俺は。

>>タオルで涙を拭う香織。場面変わって夜、共に夕飯を食べる住民たち。

(翔平)香織さ、昼の話、話さない?
(香織)はな……す。話す。
(翔平)仕事行っちゃったから。ごめんアレ。
(香織)すいません。

>>皆と別れてプレイルームへ移動する香織と翔平。

(怒濤の会話劇が始まるぞ……!!!!!)

(翔平)全然自分の用事部屋でしてて、パッて出たら流れがそうだったから……。
(香織)ごめんなさい。
(翔平)全然状況が分かってなかったんだけど。
(香織)まぁ何か、本音じゃないって言われたけど、私結構……。
(翔平)春花に?
(香織)うーん。でも何か、普通にそのまま生活してるつもりだった。から、何か、何でそう思われちゃったんだろうっていう方が大きかったかも。
(翔平)……そうね。
(香織)でも何かどうせさ、放送されるじゃんいろいろ。
(翔平)うん。
(香織)で、放送で知ってもらいたくないなと思って言うけれど、すごい翔平のこと気になってたずっと。
(翔平)……何か放送で……言われててビックリした。
(香織)フフフ。翔平が春花に、”すごい本音でズバズバ言うところが好き”って言ってた。
(翔平)あぁ、言ってたね。
(香織)私それを聞いて、自分の耳がすごい痛かった。
(翔平)何で?
(香織)私は本音で言ってるけども、その人に合わせるところはあると思う。
(翔平)……俺もでも、やっぱ春花と同じようにちょっと思ってた。
(香織)うん。
(翔平)その……結構、その場を収めるためにいつも気、遣いすぎてんのかなーって思っちゃうな。
(香織)だってみんなうまくいって欲しいじゃん。
(翔平)でもみんなうまくいくことなんてないじゃん。……何でも聞いていい?
(香織)……いいよ。
(翔平)いや俺も、やっぱめちゃくちゃ……最初香織のこと気になってたの。
(香織)ありがとう。
(翔平)結構いいな、素敵だなって思ってて。でも聞かれると”いや、分かんないかな”とかって答えてたんだけど……前、さ、共通の友達がいるじゃん?
(香織)うん、うん。
(翔平)で、飲んでた時にさ、”え、婚約者いるよ”って。
(香織)婚約? 私に?
(翔平)すげーいろんな人から聞いたの。
(香織)それね、ケニーから聞いた。
(翔平)でなんか、”あ、そっか”って思ったの。まぁ、確かに、別に、いてもおかしくないよなって思ったし、仕事もちゃんとしてないしなって思って、俺は結構、シュンって萎えちゃった。
(香織)おぉ~……何か……。
(翔平)いや、いていいと思うんだけど、どうなの?
(香織)私は、年末に別れたのは本当。でもそのあと……
(翔平)うん。
(香織)イラストの仕事は、フリーでやってるんだけど。自分ですごい断りづらいの、条件とかお金の問題で。
(翔平)うんうん。そうだねマネジメントがいないとね。
(香織)そう。
(翔平)俺も一緒。
(香織)で、お願いしてた子がいた。で、その子は……何だろう、もう中高生でもないしさ、”今付き合ってます、今別れました”みたいなことは言わなかったの。別にね。
(翔平)うん。
(香織)だからたぶん、見る人から見れば、”まだこの2人は付き合ってんのかな”って見えたと思うし……
(翔平)別に報告することでもないしね。
(香織)ないし。そうそう。
(翔平)”私たち別れました”って。
(香織)私たちは……その子とは、会ってはいないけど連絡は取ってたのね、メールでね。
(翔平)うん。
(香織)”これこれの事務処理お願いします”みたいな。
(翔平)仕事のね。
(香織)そう。……婚約、もちろんしてないし、私、フッちゃったようなもんだし。翔平のことすごい好きだったから、そう思われたくなくて、そのマネジメントも辞めてもらっ……た。
(翔平)辞めてもらったの!? それ……
(香織)うん、今だから本当に自分でやってる、窓口。だから……
(翔平)いや何か……それはごめんね何か。
(香織)ううん、全然。
(翔平)それ俺のせいじゃない?
(香織)そんなことないし、同じように”翔平には彼女いるよ”っていうのを聞いて、”やっぱいるよね”ってなったこともあった。
(翔平)俺に彼女?
(香織)ンフフ……
(翔平)彼女はいないけどね。
(香織)そうそうだから同じような感じなんだろうなと思ったから……
(翔平)セックスはしまくってるけど。
(香織)……っ……(吐息だけで笑う)
(翔平)彼女はいないけど、まぁ、そういうことだよね。俺……気にしすぎちゃったね?
(香織)フフフフフ……、そう。また飲みに誘ってもいい?
(翔平)いや、もう飲みに行こうよ。
(香織)フフフ、一緒行こう。
(翔平)うん。

私の感想は以上です。こんな会話、とても書けない……けど書きたいよな~~~~~~~~~~~ッ!!!! あぁ~~~~本当に最高の映像ありがとうございました!!!!!!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「スキ」を押すとめちゃめちゃ面白くてオススメな小説の名前が飛び出すよ!

お礼に超面白い小説紹介します!!太宰治『正義と微笑』!!
11
人の気持ちを察することが苦手な女性向けゲームシナリオライターの仕事以外の話。 文章書いてる人のフォローは100%お返しします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。