反響が狙える!建築系YouTubeはブルーオーシャン!
見出し画像

反響が狙える!建築系YouTubeはブルーオーシャン!

NITACOの建設マーケティングブログ

NITACOマーケティングブログです。

弊社でも建築業界特化のYouTube運用代行事業を営んでおりますが、まだまだこの業界においてYouTubeの参入余地があるなと思い本記事を執筆します。

弊社事業はこちらです。

今回は、実際に反響が来ている(であろう)チャンネルの紹介と今後反響が狙えるであろうチャンネルの考察をします。

実際に反響が来ている(であろう)チャンネルは?

コマショウTV

スクリーンショット 2020-09-27 1.31.36

こちらのチャンネルは兵庫の方にあるリフォーム屋さんのチャンネルです。登録者数は約4,000人(2020年9月現在)ですが、月間の反響数は二桁は来ていると想定されます。

このチャンネルは主に、リフォームの現場の解説や職人さんに密着してみる動画を公開しています。

実際にお客様のご要望について解説したり、現場感を伝えることで会社として経験が豊富であること、顔を出して表立ちすることで信頼獲得ができているのでしょう。

実際に技術・経験が豊富な会社様は多いですが、どう発信して行ったら良いかわからないなどあるかもしれません。そういった意味でyoutubeは有効な手段です。

次はこちらです。

DIY MAGAZINE

スクリーンショット 2020-09-27 1.43.46

このチャンネルは以前より紹介していますが、チャンネル登録者数が26万人(2020年9月現在)で、とても人気のチャンネルです。

広告収入にてマネタイズしている可能性が高いですが、ここまで登録者数が多いので相当数の反響も来ていることでしょう。また、「あの〇〇はどこで買えるのでしょうか」といった連絡も来ており、アフィリエイトにもつなげることができます。

この動画は定点カメラで撮影しており、撮影にはそこまで手間はかかりません。しかし物件の手配といった現場は少し手間がかかるかもしれませんね。

建築業界で反響がくる動画はどんなコンテンツ?

では、実際に反響がくる動画って何?というお話ですが、結論は下記です。

・現場解説動画

・before/after動画

・職人の作業動画

上記に挙げたチャンネルでも既に収益化ができて(いるであろう)おることも鑑みると、再現性は高いです。上記はリフォーム/DIYの動画でありましたが、外壁塗装・エクステリア・店舗内装など各ジャンルで攻めることができるため、どの領域でも戦えるはずです。

顔出し(できれば社長自身)で行い、丁寧な解説を行うとさらに効果が期待できます。反響を獲得する心得はいつも同じ「信頼」です。

お客様のニーズ解説と実際の現場シーン、afterシーンを発信できれば、いままでのチラシ・リスティング広告よりも広告効果が期待できます。

さらに、YouTubeは広告費のようにフロービジネスではなく、積み重ねることのできるストックビジネスになります。YouTube規約に違反するなどよっぽどのことがない限り動画は資産になります。1度作成すれば半永久的に反響がくる動画を制作することも可能です。

弊社でも建築業界特化のyoutube運営サービスを実施しております。
ご興味ある方はぜひお問い合わせください!

akihiro.nitta@nitaco.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NITACOの建設マーケティングブログ
建設業界に特化したマーケティング事業を営んでいます。 建設とその周りに付随する業界のビジネスモデルなど解説します。 https://nitaco.jp/