見出し画像

ブラジル料理🇧🇷ランチとシアトル日本語学校@JICA横浜

Feijoada lunch @JICA Yokohama(Japanese Overseas Migration Museum)
ブラジルソーセージとお豆さんの煮込み、フェイジョアーダ@JICA横浜(海外移住資料館)
先週末の事、久方ぶりの展示見学ついでに、館内のPort Terrace Cafeへ。ここは誰でも利用出来る社食的な食堂で、豚の生姜焼定食からステーキセット、はたまた各種エスニック料理やHALALカレーまで、お手頃価格で楽しめます。フェイジョアーダはその昔、15歳で移民したアントニオ猪木少年も食べていたのでしょうね。テラスに出れば目の前は赤レンガ倉庫🛳

海外移住資料館の常設展示には、150年に渡る日本の海外移住の歴史が年表、写真、文献、移民トランク等の現物、2世のインタビュー映像等で紹介されています。今回の企画展示のお題は『シアトルのハントホテル — 日本語学校の知られざる歴史1945-1959』。北米で一番歴史があり今なお現存する日本語学校、Seattle Japanese Language School。WW2での日系人強制収容所帰りの、家や財産を失った方々の受け皿としてホテルとして使われていた時期があったそうで、当時の写真や50数年後のリユニオン時のインタビュー映像を拝見拝聴(教室内にロープを張って毛布をかけ間仕切りをし、皆ひそひそ声で会話をしたとか)。その他には戦前のシアトル日本町の地図(伊藤一男氏による「北米百年桜」下書き)が展示されていて思わず目が釘付け状態。20数年前は何も知らずに呑気にその辺りを闊歩していたのだなぁ…。企画展示は撮影禁止だったので、12年前に訪れた際の学校写真と常設展示より。
戦時中、西海岸在住の日系人(1/3は日本生まれの1世)の身に起こった事は日本では余り知られておらず、私なんて半年程滞在して帰国後に知った程。今は諸事情で行き来がままならないけれど、それでも飛行機で簡単に移動ができ、誰もが本人または親族や友達が海外に住んでいるのが珍しくない昨今(そしてアジア系に対する感情の雲行きが怪しい昨今)、ちょっと改めて歴史から学びたいなと思った展示でした。写真が余りうまく編集出来なくてスミマセン😅
尚、この展示はJICA横浜・海外移住資料館にて3/28(日)まで。https://www.jica.go.jp/jomm/events/2020/201121-210214.html

#日系人 #日系移民 #日系移民史 #日系アメリカ人 #シアトル #日本町 #シアトル日本町 #シアトル日本語学校 #パナマホテル #JICA横浜 #海外移住資料館

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
目黒区生まれ、名古屋の下町育ち。5世紀に小舟で河内湖(富田林界隈)へ流れ着いた百済系錦織部(にしこりべ)の末裔。なのに放浪癖のみ受け継ぎ、裁縫関係が全く出来ぬサボテンも枯らすオナゴ。ヒトの移動に興味があり、日系含むアジア系移民にまつわるナラティブを読んで妄想するのが趣味🌀