見出し画像

日本史実況中継(補強プリント)日本史テスト245-247享保の改革・田沼の政治実況中継③P64~P71

245 P64-P66

1. 徳川吉宗は( ① )や( ② )を侍講として招く。
2. 『六諭衍義大意(りくゆえんぎたいい)』は誰が著わしましたか。
★中国の道徳書をもとにその趣旨、大意を易しい和文で説明した。
3. 木下順庵の弟子は( ① )( ② )雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)です。
4. ①漢訳洋書の( A )禁止の( B )をします。
②この政策で禁止のままの本は何ですか。
5. 徳川吉宗がオランダ語、蘭学の研究を命じた2人は誰ですか。
6. 徳川吉宗は基本的には認めていなかった同業者の団体である( ① )を公認します。幕府が公認した米市場は( ② )です。
7. 改鋳政策を採ります。金の量を大幅に減らした新しい改鋳小判を何と言いますか。
8. 評定所の機能を強化するために、裁判関係の( ① )と財政担当の( ② )に分離しました。
9. 裁判を安定させるために、幕府として最初の法典(ほうてん)編纂(へんさん)が行われます。1742年、( ① )らによって編(あ)まれた法令集は( ② )と言います。
10. この2年後にそれまで幕府が出した「御触書(おふれがき)」と呼ばれる多くの法令を集めた( ① )も成立しています。


1. ①荻生徂徠(おぎゅうそらい) ②室鳩巣(むろきゅうそう)
2. 室鳩巣
3. ①新井白石 ②室鳩巣
4. ①A:輸入 B:緩和
②キリスト本
5. 青木(あおき)昆(こん)陽(よう) 野呂元(のろげん)丈(じょう)
6. ①株仲間 ②堂島(どうじま)米(こめ)市場(いちば)
7. 元文(げんぶん)小判(こばん)
8. ①公事方(くじかた) ②勝手方(かってかた)
9. ①大岡忠相 ②公事方御定書(くじかたおさだめがき)
10. ①御触書(おふれがき)寛(かん)保(ぽう)集成(しゅうせい)


246 P67-P68

1. ①1643年に出されている法令は何ですか。
②この法令によって土地の売買は出来ますか。
③土地を担保にお金を借りることは出来ますか。
④担保に入れた土地は実際どうなっていましたか。
⑤結果土地の売買になっていましたか。
2. ①以上の流れを阻止するために、1722年に出された法令は何ですか。
②この法令はうまくいきましたか。
③( A )などの豪農が法令の内容をごまかす。
④難。この結果幕領で起こった質地騒動は( B )頸城(くびき)・( C )長瀞(ながとろ)です。
⑤幕府はこの法令を( D )する。
⑥この結果幕府は( E )体制を諦める。
⑦よって( F )を容認する事となった。
3. ①村役人を務めるような( A )と呼ばれる有力農民は、困窮した農民に金を貸して、返せなくなると、質として( B )を取り上げていき、零細な農民を使って農業経営を拡大していった。
②このような農業経営を何と言いますか。
4. 享保の改革の結果は( ① )に成功した。しかし、( ② )の再建などは実現できなかった。
5. 1732年享保の飢饉が起こった。翌年1733年( ① )で、米屋を襲う最初の( ② )が起こる。
6. 一般的な( ① )も増加傾向にあった。

1. ①田畑永代売買禁令
②できない。
③できる。
④取られる。
⑤なっていた。
2. ①質流(しちなが)し禁令(質流地禁止令(しちながれちきんしれい))
★質入れしてしまった土地を取り戻すための規則を詳細に指示した。
②うまくいかなかった。
③A:名主
④B:越後 C:出羽
⑤D:撤回
⑥E:本百姓
⑦F:地主制
3. ①A:豪農 B:土地
②地主手作(じぬしてづくり)
4. ①年貢増徴 ②本百姓体制
5. ①江戸 ②打ちこわし
6. ①百姓一揆


247 P69-P71

1. 徳川吉宗の後の9代目将軍は誰ですか。
★徳川吉宗は1751年に死去。
2. ①徳川10代目将軍は誰ですか。
②この将軍の時の改革実施者は誰ですか。
③この人物は( A )から( B )となって、事実上幕政を指導する。
④この人物は何を重視しましたか。
3. 田沼意次は( ① )を大幅に公認して( ② )・( ③ )を徴収する。
4. 幕府自身が専売制をします。( ① )・真鍮(しんちゅう)・( ② )などです。
5. ①田沼意次が造った計数貨幣の「銀貨」を何と言いますか。
②1両小判は何分ですか。
③1分は何朱ですか。
④この銀貨は何枚で小判1両と交換できましたか。
6. 正徳の治では長崎貿易を(奨励or制限)しました。
7. ①田沼意次は銅や( A )を輸出する。
②例えば何がありますか。
8. 耕地の拡大をします。( ① )・( ② )という大きな湖沼、湖や沼を開拓しようとしました。いずれも失敗する。
9. 田沼意次が蝦夷地の施策のヒントを得た、工藤平助の著わした書物は。
10. 田沼意次が北方派遣をさせた人物は誰ですか。


1. 徳川家(いえ)重(しげ)
2. ①徳川家(いえ)治(はる)
②田沼意次
③A:側用人(そばようにん) B:老中
④商業
3. ①株仲間 ②運上(うんじょう) ③冥加(みょうが)
★運上・・・商業・運送業・漁業などに従事する者に課され、一定の税率を納めさせた。
★冥加・・・営業を許可された商工業者から、収益の一部を献金などの形式で上納させた。
4. ①銅 ②朝鮮人参
☆真鍮・・・黄銅(おうどう)とも。銅と亜鉛の合金。五円玉。
5. ①南鐐二(なんりょうに)朱(しゅ)銀(ぎん)
②4分
③4朱
④8枚
★1両―4分―16朱。南鐐二朱銀は1枚2朱と計算する。よって、16÷2=8。実況中継③P70。
6. 制限
7. ①A:俵物(たわらもの)
②「いりこ」「ほしあわび」「ふかひれ」
☆いりこ・・・干したなまこ。内蔵を除いた後に海水あるいは薄い塩水で煮て乾燥させた物。
8. ①印旛(いんば)沼(ぬま)(千葉県) ②手賀(てが)沼(ぬま)(千葉県)
9. 『赤蝦夷風説考(あかえぞふうせつこう)』
10. 最上徳内(もがみとくない)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ウッキッキ!
2
教育業界に10年以上携わっている者です。担当は英語、日本史、算数です。1年間の平均コマ数は1000コマ以上を担当し日々生徒と共に成長をしています。日本史の参考書「実況中継」が大好きで自分で問題化しさらに補足説明を追加したプリントを作成しています。

こちらでもピックアップされています

日本史実況中継③(補強プリント)
日本史実況中継③(補強プリント)
  • 46本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。