マガジンのカバー画像

Work in Progress

24
張り子やお蚕さんプロジェクト、春日大社の杉といったNEW TRADITIONALで取り組んでいる実例づくりのことや、イベントのレポートなど。
運営しているクリエイター

記事一覧

[Discussion]【これからのものづくりを考える4つの視点】①武田和恵さん

始動2年目を終えようとしているNEW TRADITIONAL。新型コロナウィルス感染拡大の収束が見通せな…

1か月前

[レポート]京都・奈良の土壁めぐり ①奈良編「土地の人がつくった土壁めぐり」(奈良…

山の辺の道をめぐり、その道中に点在する土でできた小屋を探訪した様子をおさめた「泥小屋探訪…

1か月前

[レポート]障害のある人の表現と伝統工芸をめぐるリサーチシリーズ|木工②

2021年9月26日。昨日に続き、ろくろ舎の酒井義夫さんとともに奈良県内の木工にかかわる場所を2…

1か月前

[レポート]障害のある人の表現と伝統工芸をめぐるリサーチシリーズ|木工①

2021年9月25日(土)。今日は、GJ!センター香芝に福井県鯖江市より木地師/ろくろ舎代表の酒…

3か月前

[Report] 福祉と全国各地の伝統工芸や職人技術をつなぐ リサーチ&ワークショップシリ…

10月某日、京都府長岡京にて、竹製品を製造販売する高野竹工株式会社のご協力のもと 「素材を…

2か月前

[レポート]軸原ヨウスケさん(ドンタク玩具社)スペシャルトーク

日時 2021年3月13日[土] 11:00~12:00 場所 Good Job! センター香芝 ゲスト 軸原ヨウスケ…

7か月前

[レポート]瀬川信太郎さん(山響屋)スペシャルトーク

日時 3月6日[土] 11:00~12:00 場所 Good Job! センター香芝 ゲスト 瀬川信太郎(山響屋) 進行 森下静香(GJ!センター香芝 センター長) ▷ 記録動画視聴URL(YouTube) 瀬川信太郎さんは、郷土玩具や民藝品のお店「山響屋(やまびこや)」を福岡市にて営まれています。2020年に出版した『郷土玩具ざんまい』(淡交社)では 国内各地の郷土玩具をつくり手やその背景などとともに楽しく伝えています。 山響屋(やまびこや)は2015年4月福岡市・今

[Discussion]【これからのものづくりを考える視点】寺川真弓さん

染織家の寺川真弓さんは、東日本大震災後に染織への向き合い方を大きく変えられました。それま…

9か月前

[レポート]ニュートラ談義①「やきものの産地で試みる、福祉とものづくりのあたらし…

「NEW TRADITIONAL展 in 常滑」2日目の1月23日(土)、ニュートラについて実践者たちが語り合い…

11か月前

[レポート]ニュートラ談義②「ものをとおして人がつながる、人をとおしてものがつな…

1月23日(土)につづき1月30日(土)に、「NEW TRADITIONAL展 in 常滑」の一環としてのニュートラ…

11か月前

[レポート]越前・鯖江スタディツアー

さまざまな伝統工芸の産地を周り、伝統工芸を新たな視点で発信している職人やコーディネーター…

[レポート]有松・鳴海 尾州スタディツアー

今年度の「NEW TRADITIONAL」では、さまざまな伝統工芸の産地を周り、伝統工芸を新たな視点で…

[レポート]常滑オンライントークセッション

今年度NEW TRADITIONALでは、さまざまな伝統工芸の産地を周り、伝統工芸を新たな視点で発信し…

[レポート]筑前津屋崎人形巧房に行ってきました!

海のまち、津屋崎へ年の瀬も迫る12月、前回の記事でもご紹介した「モマ笛 Good Dog 張り子」でコラボしている筑前津屋崎人形巧房を訪問してきました。 同行いただいたのはNPO法人まるの樋口龍二さん。九州を中心に障害のある人の芸術文化活動やしごとづくりをサポートしている団体です。樋口さんの運転で一路福津市へ。 樋口さん、福岡の人にとって、津屋崎ってどんなところなんですか?と聞いたら、まずはじめに返ってきたのは「海水浴」。海のイメージがなかなかない奈良県民にとっては、それ

スキ
4