見出し画像

映画「月はどっちに出ている」に描かれた在日コリアン1~3世と祖国

Podcast「ニュースde韓国語」の#NDK071では、映画「月はどっちに出ている」についておしゃべりしました。

https://www.youtube.com/watch?v=UJvRSfIvRoQ

1994年に公開されたこの映画、在日コリアンの生き様を軽妙に、これまでにない斬新な視点で描いたとして、当時とても注目されました。在日コリアンでもある崔洋一監督の出世作です。

あらすじは別のサイトを見ていただくとして、ここでは、私が気になっていた映画の中のメタファーと思われる部分について。

映画の端役に、新人タクシー運転手の安保さんという人が出てきます。スマホもカーナビもなかった時代、不器用な安保さんが道に迷い、タクシー会社に「私はどこにいるのでしょう。どうやって帰ればいいのでしょう」と電話をかける場面が、3回出てきます。

麿赤兒演じる強面のタクシー会社の社長は、

1回目:「月はどっちに出ていますか。そちらの方向を目指して走りなさい」

2回目:「近くに何が見えますか。金のウンコを目指して走りなさい」(注:浅草のスーパードライホールにあるモニュメント)

3回目:無言でガチャ切り。

シリアスな場面で軽いギャグをアクセントに挟んでいるようにも見えますが、このやり取りが、在日の置かれた位置を表しているという説があります。1~3回目のやりとりは、それぞれ在日1~3世と祖国との関係なのだと。安保さんが在日で、麿赤兒が祖国と考えると、どうでしょうか。

1世に対し、祖国が指示する「月」とは、遠くにある美しい理想。それを追い求めれば帰ってこられる。

2世に対し、祖国が指示するものは、もう少し具体的で卑近なものになります。

3世になると、もう祖国は一方的に関係を断ち切っているのだと。

私はこれを、大学時代に交友のあった在日コリアンの友人から聞かされ、「そんな解釈もできるのか」と驚いたものでした。

そうこうしているうちに時は流れ、在日は4、5世の時代になりました。スマホやカーナビが発達した時代、安保さんは本社に電話をかけて道を尋ねることがあるでしょうか。麿赤兒はそのとき、なんと応えるのでしょうか。

音声はこちら↓




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

韓国語学習の教材としてご好評頂いておりますPodcast「ニュースde韓国語」、すべてボランティアで運営しております。ご支援頂けますと幸いですm(_ _)m

ありがとうございます!
5
韓国の今がわかるニュースを、韓国語と日本語で読んで、日韓チャンポンでユル~くおしゃべりするPodcast。 音声はこちらから→ http://goo.gl/A2ndSk

こちらでもピックアップされています

すき!PartⅡ
すき!PartⅡ
  • 140本

個人的に気になるコンテンツ、たまに見返したいノート。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。