NEUTRAL COLORS ニュー・カラー

NEUTRAL COLORS ニュー・カラーは編集者、加藤直徳が主宰する出版社。雑誌NEUTRAL COLORS(現在第4号)他、インディペンデントなアートブックを制作する。横浜の印刷製本工房でオルタナティブな印刷実験を行う。

NEUTRAL COLORS ニュー・カラー

NEUTRAL COLORS ニュー・カラーは編集者、加藤直徳が主宰する出版社。雑誌NEUTRAL COLORS(現在第4号)他、インディペンデントなアートブックを制作する。横浜の印刷製本工房でオルタナティブな印刷実験を行う。

    マガジン

    • NEUTRAL COLORSができるまで

      雑誌「NEUTRAL COLORS ニュー・カラー」ができるまでを追いかけるWebの雑誌です。編集、デザイン、スペシャルインタビューなど、紙を楽しむための舞台裏を紹介していきます。

    • スピリチュアル編集術

      編集者・加藤直徳が編集する際に気をつけている「精神的な」なことをつらつらと書き連ねていくマガジンです。紙の編集者、WEBの編集者問わず、何かを「編集」している人、これから「編集」をしていきたい人に向けています。

    最近の記事

    展示&トークイベント「The Strange Plant Stories」@ニュースペース パ

    The Strange Plant Stories 伊藤蟻植物農園 × 足立涼 × NEUTRAL COLORS 6月9日(金)から18日(日)まで展示イベント「The Strange Plant Stories」をニュースペース パ(渋谷区神宮前)にて開催します。NEUTRAL COLORS第4号内でもその独特な世界観が際立つ特集「The Strange Plant Stories 世にも奇妙な植物の話」にフォーカスした展示です。国内で唯一、蟻植物の生産に取り組む伊藤蟻植

      • 書店〈BOOKNERD〉店主 早坂さんとNC加藤がトーク&読書会@SPBS本店に参加します

        SPBS本店&オンラインにて開催されるトーク&読書会に、盛岡で書店〈BOOKNERD〉を営む早坂大輔さんと、雑誌『NEUTRAL COLORS』編集長の加藤直徳が参加します。 前半のトークパートでは「書店・雑誌・出版」を生業にしていくことについて二人が語ります。『ぼくにはこれしかなかった』で、サラリーマン生活を経てたどり着いた書店業について書かれた早坂さんと、最新号の『NEUTRAL COLORS』で「仕事」をテーマに特集を組み、自身のパーソナルな気付きを紙面で表現した加藤

        • ブックマーケット「本は港」に出店します!

          県内のユニークな本屋・出版社が集うブックマーケット「本は港」がLOCAL BOOK STORE kita.で開催されます。本をテーマに人と人が集い、語らうスペシャルイベント。 神奈川を拠点に活動する総勢15の本にまつわるこだわりの出版社と書店が出店します。加藤直徳(NEUTRAL COLORS) ×大谷薫子さん(モ・クシュラ)×中岡祐介さん(三輪舎)のトークセッションも。5/28(日)、横浜・北仲へぜひお越しください! 「本は港」 日時:5月28日(日)11:00-17:

          • 【Event】 NEUTRAL COLORS 4号刊行記念ツアー/福岡編

            NEUTRAL COLORSの福岡で開催される4つの展示、トークイベントのお知らせです。5月19日(金)20日(土)21日(日)の3日間は、編集・加藤とアートディレクター・加納がトークショーに参加します。第4号に登場する画家・黒田征太郎氏とのトークはじめ、福岡市と大牟田市の書店で開催する各イベント詳細は下記よりご覧ください。福岡でお会いしましょう。 海外進出物語&旅の話〜六本松 蔦屋書店にて! 4号の巻頭特集であるベルリンのアートブックフェアへの参加、オランダでのディスト

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • NEUTRAL COLORSができるまで
            NEUTRAL COLORS ニュー・カラー
          • スピリチュアル編集術
            NEUTRAL COLORS ニュー・カラー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Hand Saw Press「春のZINE祭り」@渋谷ヒカリエに出店します

            ゴールデンウィークは渋谷ヒカリエで開催される、ZINEをテーマにしたフリーマーケット&ワークショップ&トークイベント「春のZINE祭り」へどうぞ。NEUTRAL COLORS もブース出店し、初日の3日(水)18:00から、編集者の加藤直徳とアートディレクターの加納大輔がトークショーに参加します。 イベント概要:https://www.hikarie8.com/court/2023/04/zine-1.shtml 会期:2023年5月 3日(水) - 2023年5月 7日(

            【Event】NEUTRAL COLORS in Kyoto, Osaka

            4月27日から関西にて、NEUTRAL COLORSのトークイベント、展示イベントが立て続けに開催されます。関西方面の皆さまとお会いできること、楽しみにしています。 第4号発売トークイベント 「写真家は“仕事”になるか?」 at Reminders Photography Stronghold 京都パプロル 4/8から営業開始した2023年度RPS京都分室パプロルでは2022年Photobook as Object 成果発表展【第二期】 4/22-5/1が開催中。関連イベ

            “BASIC”はじめました

            『NEUTRAL COLORS』ができるまでを公開していく、BASICというWEBメディアを立ち上げました。コンテンツの柱は3つです。 NEUTRAL COLORSの制作過程を追う「雑誌ができるまで」 1本無料で読めます。 https://basic.motion-gallery.net/community/neutralcolors/update/155/ デザインと紙の話「デザイン」のためのリサーチ Special記事「特別連載&インタビュー」 一年を通じて雑誌づ

            NC2号発売記念写真展 野村幹太 『吉田寮が荻窪にやって来た』

            NEUTRAL COLORS 2号に掲載されている「吉田寮」のスピンアウト写真展を開催します。吉田寮の暗室で焼いたプリントとリソグラフの作品を展示販売します。吉田寮のレガシーを感じる看板、内部の様子を荻窪に再現しました。 *Exhibition* NC2号 発売記念写真展 野村幹太 吉田寮が荻窪にやって来た {NC}が主宰するスタジオプロジェクト{VC}にて、写真家・野村幹太の作品を展示します。NEUTRAL COLORS第2号に掲載された「吉田寮」。寮の暗室

            NEUTRAL COLORS 2完成

            オフセットとリソグラフを融合させた唯一無二のインディペンデント誌、NEUTRAL COLORSの第2号が完成しました。 NEUTRAL COLORS創刊2号の特集は、「学校」です。自分の娘が小学校に入るタイミングで「学校って何だろう?」という根源的な問いが生まれました。その問いがやがて「自分」に接続されるまで、個人的な視点で学校を見ていきました。 自ら数十年ぶりに小学校を訪ねる物語。与謝の海支援学校で教育の原点を見つめ、ドイツでシュタイナー教育の魔法を知る。ミャンマーのヒ

            VABF(VIRTUAL ART BOOK FAIR)はじまりました

            NEUTRAL COLORSはVIRTUAL ART BOOK FAIRに参加しています。通常は東京都現代美術館で行われるイベントですが、2020年はバーチャル空間での開催することになりました。 11月16日〜23日の8日間です。いろんなブースを回遊して見物できる仕組みになっています。最新のヴァーチャル空間というより、どこか懐かのゲームを思わせる仕上がりですね。入場して確かめてください。 NCブースではニュー・カラー本誌、ポスター、ZINEなどの他、Tシャツ、スウェットな

            透きとおった花をめぐる 見たことのないブルー

            写真家・野口恵太の初写真集『FLOWER』をつくりました。「無自覚な美」をテーマに、ガラスを透過して見える幻想的な花々を撮り下ろした作品です。花は、時にくっきりと、時にぼやけて見え、水の中に浮いているような独特な世界観が表現されています。 造本は極力装飾を排除した「白い箱」のようなつくり。ENバインディングという180度開く綴じを採用し、ゆっくりと一枚一枚鑑賞できる造りになっています。 インディペンデント出版社NEUTRALCOLORS が送る、本格的な写真集第1弾です。

            {VC}写真展開催 野口恵太 FLOWER

            奇妙な雑誌の創刊から小さな印刷工房、ギャラリーまで。ここまで持ってくるのに気持ちの部分とか生活の部分とか過去とかいろいろとあったのだけど、ただ集中していた、熱中していたことだけは確かだ。こんなに熱中したのはアフガンに行ってNEUTRALをつくったときくらい。20年ぶり2回目の熱中症。好きなことをやるのは嫌いなことを否定することと同じかもしれない。決別じゃないけど、何かを得たいなら大切に抱えてきたものを集中して熱中して捨てなきゃならない。 写真集の発売に合わせた第1回の展

            ニュー・カラー{ブループリント}展開催

            名古屋のSuper Galleryにて{NC}ができあがるまでの見本誌、リソグラフのプリントピース、オリジナルグッズなどを展示しています。 会期中、次号へ向けて準備しているデザインなども展示され、随時更新される予定です。 創刊号が出たときは、展示やトークショーなどたくさんお声がけいただきましたが、コロナ禍でほぼすべて中止や延期……規模を縮小してでも少しでも見てもらえる機会を増やしていければと思います。

            NCのZINEレーベルVCがスタート

            リソグラフ工房が始動しました荻窪に印刷工房を構えることにしました。基本的に雑誌NEUTRAL COLORSのリソグラフ印刷に使い、受注仕事や貸し出しはしません。自分が選んだアーティストの作品を展示し、ZINEやポスターをリソグラフやシルクスクリーンで制作し、販売するスペースです。 {VC}VIVID COLORSは、{NC}NEUTRAL COLORSのZINEレーベルです。 荻窪の{NC}スタジオから、リソグラフやシルクスクリーンの手作業による印刷技術を駆使し、少部数

            NEUTRAL COLORSが静かに確実に始動

            700あまりのクラウドファンディングの送付を終え、ようやく一般書店でも販売が開始されたNEUTRAL COLORS創刊号。感想も少しずつ届いてきて、うれしいかぎりです。 「ようやく」というのは、書店の休業が少しずつ緩和されてきたから。編集者の喜びは発売日に書店に並ぶこと。それを見られないのはとても寂しいことなんです。でもよかった。ようやくお披露目できます。 他人の物語が、あたかも自分の物語であるかのように感じることが稀にある。その「稀」をつかまえて、心に響くものを編むこと

            クラウドファンディング始めました

            あしかけ1年以上つくり続けてきた雑誌NEUTRAL COLORS(ニュー・カラー)が、ついに完成します。本当に好きな人に届いてほしい。自分としては最後の雑誌の立ち上げです。 クラウドファンディングを開始しました。日々リターン品を手づくりしています。 応援よろしくお願いします!