感覚的に訴えよう!【ネットショップで活用するInstagram】
見出し画像

感覚的に訴えよう!【ネットショップで活用するInstagram】

こんにちは、NETSHOP FACTORYの仲谷です。

こんな方はぜひご覧ください!
・中規模のネットショップショップを運営されている方
・お客様により直接的に情報提供したい方
・ショップの集客と売り上げを高めたい方

このnoteでわかること
・Instagram(インスタグラム)とは何か
・ネットショップのInstagram活用のメリット
・ネットショップのInstagram活用のポイント


Instagramがネットショップで活用される理由

SNSを使ってより高い集客力と売り上げを目指すショップオーナーなら、Instagramのビジネス活用について関心がある方も多いでしょう。

Instagramは、画像や動画を投稿することをメインに、他のユーザーと交流することを目的としたSNSです。

商品やブランドの世界観などを、より感覚的・直接的にお客様に訴えることができ、ビジネスツールとしても注目されています。

Instagramが多くのネットショップで活用されている理由としては以下の3点が挙げられます。

①感覚的にダイレクトに訴求


最近ではスマートフォンでのインターネット利用が主流です。

人々は多くの時間をSNSに費やしており、SNSからネットショップへの誘引導線の活用は見逃せません。

SNSの中でもInstagramの投稿には写真や動画が必須のため、視覚的効果から感覚的・直接的に情報を訴求することができます。

そのため、ネットショップでビジネスツールとして利用する際、扱っているのが視覚的に訴える商材やサービスである場合には、特に活用をおすすめします。

例えばグルメやスイーツ、ファッションなどの感覚に訴えるような商材は、Instagramを使ったマーケティングにより、大きな人気を獲得できる可能性があります。

②ビジネスアカウントでネットショップへ直接アクセスができる。

Instagramではビジネスアカウントを設定することで、自身の投稿からネットショップの商品ページへ直接アクセスすることが可能となっています。

ビジネスアカウントでは、以下のショップ機能が利用できます。

・投稿にネットショップの商品ページへのリンクが貼れる
・ストーリーズ(24時間限定で掲載できる投稿)にリンクが貼れる
・投稿写真の商品に商品名や価格をタグ付けできる

Instagramを利用すれば、自社ブランドや商品の世界観を演出しながら、より積極的にネットショップの売り上げに結びつけることができます。

画像1

Instagramをネットショップで活用するためのポイントは?


Instagramが上手く活用できそうだと思ったら、早速アカウントを作り、投稿して発信を始めましょう!


上手に活用するためのポイントは3つあります。


①写真をフォトジェニックに

いわゆる「映え」です。
Instagramに使用する写真は、通常のネットショップで使うような「商品写真」とは異なります
例えば商品が食器であれば、盛り付ける料理を工夫する、テーブルクロスをコーディネートする、カトラリーを一緒に並べるなど、状況が感じられたり、人物が映り込んでいたりするなど、Instagramでは「単なる商品の情報のみ」ではない写真が求められます。

商材の世界観を感じてもらえるような写真を意識してみてください。

②投稿内容を統一する

一枚の写真だけでなく、投稿する全ての写真の統一感を意識するよう心がけましょう。

どんなに素敵な写真であっても、色合いや写真の撮り方など、一枚だけが浮いてしまう・投稿のたびに世界観や印象が別物のように違うなどのことがあると、Instagramのユーザーには響きにくいです。

背景や色合いなど、何かひとつ、モチーフやコンセプトなどを決めておくと、継続して作りやすいでしょう。

統一感のある世界観を演出してInstagramのユーザーを楽しませましょう。

③ハッシュタグを活用する

ハッシュタグとは特定のキーワードの前に「#」を使うことです。
例えば、「#インスタグラム」というように、ある言葉の前に「#」とつけることで、その言葉にInstagramの投稿を紐付けすることができます。

これにより、その言葉をInstagramユーザーが検索しやすくなります。
キャンペーンなどを行う時に使うのも有効です。

投稿する際には、自社の商材やキーワードなどの前に「#」と付けて、投稿しましょう。

ShopifyとInstagramの連携

ShopifyではInstagramと連携がスムーズにできます。
要件や設定方法について簡単に解説していきます。


①要件
ShopifyとInstagramを連携するための要件は以下です。

▼Instagram・Facebookの準備
・それぞれのビジネスアカウントを用意
・Instagram・Facebookアカウントを連携させる

▼Shopifyの準備
・Shopifyを契約していること
・Shopify上で商品の登録が完了していること
・商品がInstagramで販売可能であること

2020年8月よりInstagramがFacebookの販売チャネルに統合されたため
現在Instagramとの連携は「Facebook」の販売チャネルを利用します。

②手順
連携のための大まかな流れとしては以下の2ステップです。

・Shopifyの販売チャネルに「Facebook」を追加する
・Shopifyからのアクセスを許可する

以上です。InstagramとShopifyが連携できているか確認してみましょう。

Instagramとの連携は無料でできるため、要件に合う方は是非チャレンジしてみてください!

【参考】Shopify公式ブログ:ShopifyとInstagram(インスタグラム)の連携方法を解説します!
https://www.shopify.jp/blog/how-to-connect-instagram-channel


まとめ

ネットショップのInstagram活用は効果的
ビジネスアカウントで直接に販売へ繋げることが可能
ShopifyではInstagramとの連携がスムーズにできる

以上がネットショップで活用するInstagramについてです。

利用機能が進化しているInstagramのビジネスアカウントを上手に活用して、あなたのショップとお客様のつながりを強化し、売り上げの向上を目指してみてください!

もし「やってみたいが不安がある…」「もう少し詳しく知りたい!」などの不安やお悩みがありましたら、ぜひNETSHOP FACTORYにお問い合わせください。
Instagramのビジネスアカウントの活用法から運営サポートまで、無料でご相談を承ります!

スクリーンショット 2021-05-18 8.03.49

詳細はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東証一部上場企業のクロスマーケティンググループが提供する、世界No.1カナダ発のECサイト制作サービス「Shopify」を活用したサイト制作、運営サポートサービスを展開している、NetShopFactoryのnoteです。EC制作や運営などのノウハウを公開していきます。