NetGalley_Japan

NetGalley(ネットギャリー)は、本を応援することができるWEBサイトです。 出版社が掲載する発売前やイチオシの作品に、レビューを書いて応援したり、選書の参考にご活用頂けます! NetGalleyはこちら⇒https://www.netgalley.jp/

NetGalley_Japan

NetGalley(ネットギャリー)は、本を応援することができるWEBサイトです。 出版社が掲載する発売前やイチオシの作品に、レビューを書いて応援したり、選書の参考にご活用頂けます! NetGalleyはこちら⇒https://www.netgalley.jp/

    マガジン

    • BFM791ラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」

      BFM791より毎週火曜日7:20~放送 NetGalleyラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」 この番組ではNetGalleyに掲載された本をご紹介しております。

      • BFM791ラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」

    最近の記事

    【第99回】アストラハウス『アウシュヴィッツの小さな姉妹』『冬牧場』

    【第99回】 放送日:2021年12月28日(火)7:20~ ※アストラハウス 担当編集さんのコメントを収録! ★『アウシュヴィッツの小さな姉妹』 タチアナ&アンドラ・ブッチ アストラハウス 刊行日 2021/12/24 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/242403 《内容紹介》 ヨーロッパ全土から21万6千人の子どもがアウシュヴィッツに移送されたが、解放時に生き残ることができたのは451人。本書は、アウシュヴィッツを生き延びた6歳と4歳の小さな姉妹が見たアウシュヴィッツと戦争が家族にもたらす悲劇の物語。 (※アウシュヴィッツへ送られた子どもの人数と解放時の生存者の人数の出典:Holocaust Encyclopedia, USHMM) なぜ、6歳と4歳の小さな姉妹は、人体実験の犠牲にならずにアウシュヴィッツ絶滅収容所を生き延びたのか? 1944年3月28日夜、リエカに住むイタリア系ユダヤ人の6歳の姉タチアナと4歳の妹アンドラは家族とともにナチスに逮捕され、翌29日、アウシュヴィッツ・ビルケナウ絶滅収容所へ向けて移送された。1944年4月4日、アウシュヴィッツに到着したタチアナとアンドラは、いとこのセルジオとともに最初の選別をくぐり抜け、子ども用バラック「キンダーブロック」に収容される。そのバラックに入れられた子どもたちは、ナチスによる人体医学実験のモルモットになる運命だったが、奇跡的に生き延び、1945年1月27日に解放を迎える。 解放後、姉妹は戦争孤児としてチェコスロバキア・プラハ、イギリス・ロンドンへと渡り、1946年、収容所で別れ別れになった両親とイタリアで再会する。しかし、姉妹のアウシュヴィッツはまだ終わらない。 ★『冬牧場 カザフ族遊牧民と旅をして』 李娟 アストラハウス 刊行日 2021/12/24 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/242679 《内容紹介》 芥川賞受賞作家・李琴峰氏推薦! 「温度計も測れない厳冬、羊のフンに囲まれる地中の家、果てしない荒野――。過酷な環境とともに描き出されるのは、遊牧民の人間味溢れる暮らしと営み。クスッと笑うこと間違いなし」 中国文学における最高栄誉の魯迅文学賞や上海文学賞、人民文学賞、第二回朱自清散文賞など、多くの文学賞を受賞している李娟の代表作『冬牧場』がついに日本刊行! 世界で一番海から遠い都市、新疆ウイグル自治区のウルムチから届いた極上の紀行エッセイ。著者と、新疆ウイグル地区アルタイ地方にある冬の牧場で遊牧をしているカザフ族との約3カ月にわたる心温まる交流が綴られている。遊牧民の生活は、中国の政策によって近いうちに遊牧民たちも定住を選ぶ時代になるかもしれないという時代に、非常に貴重な記録ともなっている。

      • 【第98回】青幻舎『プロテストってなに?』『日本の鬼図鑑』

        【第98回】 放送日:2021年12月21日(火)7:20~ ※青幻舎 担当編集さんのコメントを収録! ★『プロテストってなに?世界を変えた さまざまな社会運動』 アリス&エミリー・ハワース=ブース 青幻舎 刊行日 2021/09/16 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/236278 《内容紹介》 私たちが力を合わせれば、世界は変わる。 まずは、知ることからはじめよう! 社会運動(抗議活動)には、いろいろなかたちがある。通りを行進したり、バスで席に座ったり、テレビを家から持ち出して外を歩いたり、野菜を育てたり、うるさい音楽を奏でたり……。これらはどれも、人々が不公平な世の中に対して立ち上がる際に使った方法だ。 本書では、抗議活動の数々のエピソードを、その歴史とともにイラストでひも解いていく。さまざまな社会運動の主役は、平和や公民権、女性の参政権、人種の平等、環境保護、LGBTQ+の権利、独裁政権の終焉、そして自由への扉を開くことを求めて戦い、世界をより良くしていこうと団結した市民だった。一歩踏み出す勇気を胸に、本書とともに行動しよう。変化を起こそう。 帯文:荻上チキ 《おすすめコメント》 『プロテストってなに?』の原書はイギリスで刊行され、イギリスでは小学校高学年から読める児童書して読まれています。しかし、日本では社会運動(抗議活動)へのなじみが薄く、日本語版は入門書として大人の方も気軽に読んでいただきたい1冊です。 日本でも少しずつ、SNSを中心に声を上げる方が増え、大きなうねりも生まれつつあります。まずは本書を読み、知ることから、社会運動に参加してみませんか。 ★『日本の鬼図鑑』 八木透 青幻舎 刊行日 2021/12/24 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/240296 《内容紹介》 内容紹介 人を喰い、都を荒らし、天災をもたらす 鬼は本当に悪なのか? 室町時代以降に描かれた絵画史料とともに、代表的な鬼たちの出自や系譜をわかりやすく解説。これ一冊で、日本の鬼のすべてがわかる! 《目次》 一章 鬼の故郷-大江山 二章 退治された鬼 三章 鬼になった人間 四章 広まった鬼 五章 仏教から生まれた鬼 ★資料「鬼の日本地図」…各地に伝わる鬼を紹介 《おすすめコメント》 ”鬼滅の刃”で注目度が高まる「鬼」 人々を恐れさせた「鬼」はどうして生まれたのか?その謎を160点のビジュアルと読み解きます。 地獄の鬼から桃太郎など昔話に登場する鬼まで、鬼研究唯一の団体「世界鬼学会」の全面協力より、第一人者が語り尽くします。貴重な民族資料や国宝絵画を多数掲載、民俗学をビジュアル面からも楽しめる1冊です。

        • 【第97回】李 琴峰『生を祝う』朝日新聞出版

          【第97回】 放送日:2021年12月14日(火)7:20~ ※著者の李 琴峰さんのコメントを収録! ★『生を祝う』 李 琴峰 朝日新聞出版 刊行日 2021/12/07 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/239874 《内容紹介》 「あなたは、この世界に生まれてきたいですか? この世界に生まれてきてくれますか?」 子どもを産むためには、その子からの同意が必要となる世界を舞台にした衝撃作。『彼岸花の咲く島』で芥川賞を受賞した著者による、芥川賞受賞第一作。

          • 【第96回】小峰書店『データで変わる!産業とくらし(全3巻)』 稲田修一/監修 小林宏己/指導協力

            【第96回】 放送日:2021年12月7日(火)7:20~ ※小峰書店 編集担当さんのコメントをご紹介! ★『データで変わる!産業とくらし(全3巻)』 稲田修一/監修 小林宏己/指導協力 小峰書店 刊行日 2021/12/05 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/238543 《内容紹介》 私たちの生活はデータにあふれています。私たちの身長・体重、好きなこともデータになります。データを活用することで、世界が大きく変わっていることを実感できるシリーズです。データ活用に成功している企業の例を取り上げ、実際のデータも見ながら読み進めることで、データがもたらす変化を体感できます。今話題のIoTやAIも紹介しています。データを活用することでどんなことができそうか、いっしょに考えてみませんか。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • BFM791ラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」
            NetGalley_Japan

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【第95回】小川仁志『子どもテツガク』 主婦の友社

            【第95回】 放送日:2021年11月30日(火)7:20~ ※主婦の友社 編集担当さんのコメントをご紹介! ★『子どもテツガク』 小川仁志 主婦の友社 刊行日 2021/07/15 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/240548 《内容紹介》 学校では教えてくれない「86」のなぜを考えて、子どもの生きる力を伸ばす! 小学生から学べる、はじめての哲学本。 “哲学"とは深く考えるための方法です。 その考える力さえあれば、これから先どんなことも乗り越えていける! 問題に立ち向かい、乗りこえていく力をつけるには「疑う力」が必要です。 どんな問題も答えはひとつではありません。 物事をそのまま受け止めるだけでなく、その裏側や側面にあることを考えてみることが重要。それが哲学の「深く考える力」です。 これは大人になってからでは、なかなか身につきません。子どもの頃から習慣化することが重要なのです。 力をつけるのは、今! 本書で子どもたちのたくさんの「なぜ」?をしっかり見つめ直せば、本物の考える力が育ちます。 【著者紹介】 小川 仁志(オガワ ヒトシ) 哲学者・山口大学国際総合科学部教授学。「哲学カフェ」を主宰するなど市民のための哲学を実践している。NHK・Eテレの哲学番組「世界の哲学者に人生相談」や「ロッチと子羊」などの指南役としも活躍中。 【著者からのコメント】 「え、哲学? 小学生にはまだ早い」なんて思っていませんか? 哲学というのは、論理的にかつ創造的に考えるためのツールです。 したがって、早いうちから始めた方が考える習慣が身につきます。むしろ好奇心旺盛で頭が柔らかいうちに、考える力を一気に伸ばした方がいいのです。 これからは入試でも思考力が問われてきます。 そんな思考力で差をつけるためにも、また自分の力で物事を考えられる大人になるためにも、ぜひこの『子どもテツガク』を親子で一緒に読んでいただければと思います。

            【第94回】吉田親司『作家で億は稼げません』エムディエヌコーポレーション

            【第94回】 放送日:2021年11月23日(火)7:20~ ※著者 吉田親司さんのコメントを収録! ★『作家で億は稼げません』 吉田親司 エムディエヌコーポレーション 刊行日 2021/11/25 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/238522 《内容紹介》 ベストセラーは出せなくとも好きな本を書いて生きていける――本書は僕のように売れていない作家がレクチャーする「凡才ならではのサバイバル方法」になります。 多くの小説家は悲しいかな「億は稼げません」。それでも、生涯「作家」という好きな道で生きていくテクニックなら、僕にも教えることができます。 この本が、天賦の才も運も持って生まれてこなかった、僕と似た作家志望者の方々の道しるべになれば、と思っています。 (吉田親司)

            【第93回】忍丸『わが家は幽世の貸本屋さん6 無二の親子と永遠の約束』ことのは文庫

            【第93回】 放送日:2021年11月16日(火)7:20~ ※マイクロマガジン社 ことのは文庫 編集長 佐藤理さんにインタビュー! ご紹介作品 ★『わが家は幽世の貸本屋さん6 無二の親子と永遠の約束』 忍丸 マイクロマガジン社 刊行日 2021/11/20 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/236804 《内容紹介》 既刊すべて重版続々! シリーズ累計6万部超えの王道あやかしファンタジー感涙の最終巻! 『─―ねえ、東雲さん。私は、あなたの期待通りに育ったでしょうか?』 東雲は夏織の“父”になりたかった……。 夏織は東雲の“娘”になりたかった……。 幽世<かくりよ>唯一の貸本屋を営むあやかしの東雲と人間の夏織。 異種族の親子を待っていたのは、ある決断だった――。 これまで、全巻ネットギャリーにご掲載いただき、 たくさんのレビューが集まりました。 ぜひレビューもご一読ください! ★『わが家は幽世の貸本屋さん1 あやかしの娘と祓い屋の少年』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/161598 ★『わが家は幽世の貸本屋さん2 偽りの親子と星空の約束』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/177031 ★『わが家は幽世の貸本屋さん3 黒猫の親友と宝石の涙』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/193329 ★『わが家は幽世の貸本屋さん4 春風の想いと狐面の男』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/205857 ★『わが家は幽世の貸本屋さん5 残月の告白と妖しい秘めごと』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/220915 ★『わが家は幽世の貸本屋さん6 無二の親子と永遠の約束』 https://www.netgalley.jp/catalog/book/236804

            【第92回】青山美智子『赤と青とエスキース』PHP研究所

            【第92回】 放送日:2021年11月9日(火)7:20~ ※PHP研究所 担当編集さんのコメントをご紹介! ★『赤と青とエスキース』 青山美智子 PHP研究所 刊行日 2021/11/10 NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/237496 《内容紹介》 2021年本屋大賞2位『お探し物は図書室まで』の著者、新境地にして勝負作! 一枚の「絵画(エスキース)」をめぐる、五つの「愛」の物語。 彼らの想いが繋がる時、奇跡のような真実が浮かび上がる! 【もくじ】 ●プロローグ ●一章 金魚とカワセミ――「恋人」への愛  メルボルンに留学中の女子大生・レイは、現地に住む日系人・ブーと恋に落ちる。しかしレイは、留学期間が過ぎれば帰国しなければならない。彼らは「期間限定の恋人」として付き合い始めるが……。 ●二章 東京タワーとアーツ・センター――「推し」への愛  日本の額縁工房に努める30歳の額職人・空知は、既製品の制作を淡々とこなす毎日に迷いを感じていた。そんなとき、十数年前にメルボルンで出会った画家、ジャック・ジャクソンが描いた「エスキース」というタイトルの絵画に出会い……。 ●三章 トマトジュースとバタフライピー――「弟子」への愛  中年の漫画家タカシマの、かつてのアシスタント・砂川が、「ウルトラ・マンガ大賞」を受賞した。雑誌の対談企画の相手として、砂川がタカシマを指名したことにより、二人は久しぶりに顔を合わせるが……。 ●四章 赤鬼と青鬼――「元彼」への愛  パニック障害が発症し休暇をとることになった51歳の茜。そんなとき、元恋人の蒼から連絡がくる。茜は昔蒼と同棲していたアパートを訪れることになり……。 ●エピローグ――「???」への愛  水彩画の大家となったジャック・ジャクソンの元に、20代の頃に描き、手放したある絵画が戻ってきて……。 二度読み必至! 仕掛けに満ちた傑作連作短篇 《おすすめコメント》 一枚の「絵画」をめぐる、五つの「愛」の物語。彼らの想いが繋がる時、奇跡のような真実が現れる――。 著者新境地の傑作連作短編集。

            【第91回】池上彰・監修/モドロカ・画『新時代の教養  世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本 ハンディ版』学研プラス

            【第91回】 放送日:2021年11月2日(火)7:20~ ※学研プラス 担当編集者さんのコメントを収録! ★『新時代の教養  世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本 ハンディ版』 池上彰・監修 モドロカ・画 学研プラス 刊行日 2021/11/11 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/225624 《内容紹介》 昨今、世界的に注目されテレビや街中で見かけることが多くなった「SDGs」。SDGsとは国連が2015年に打ち出した2030年までに世界で達成したい「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)の略称です。 国連が世界に呼びかけたことで、日本を含め、多くの国や企業、個人がこのSDGs達成に向けて動き出しています。SDGsには大きく17個の目標があり、それぞれがこれからを生きる私たちにとって重要なテーマを扱っています。 本書はそんなSDGsをどんな本よりもわかりやすく解説した一冊です。 大人だけではなく、これからの未来を生きる子どもたちでも理解できるよう、ユーモアあふれるマンガ・イラストをたくさん盛り込みました。 マンガと図解・データを通して、世界の現状だけでなく、私たちが暮らす日本のことを見つめ直せるようになるはずです。 SDGsに興味を持っている方、必見の一冊になっています。 ≪担当編集者さんより≫ 昨今注目されているSDGsですが、いざ見てみると内容を読み解くのは大人でも難しい。 また、「先進国」と言われる日本で生活していると、SDGsが扱う問題は、「遠くの国のこと」「私には関係ないこと」とも思えてしまいます。 そこで単に世界の現実を紹介するだけでなく、身近な場面を扱ったマンガ、日本の現状を説明した図解・データを必ず入れるようにしました。 SDGsが決して他人事ではなく、「私(たち)の問題」であることを感じてもらえるとうれしいです。 ぜひ本書を読んで、SDGsについて考えてみてください。

            【第90回】福井県立図書館『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』講談社

            【第90回】 放送日:2021年10月26日(火)7:20~ ※福井県立図書館さんのコメントを収録! ★『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』 福井県立図書館 講談社 刊行日 2021/10/19 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/235687 《内容紹介》 利用者さんの覚え違いに爆笑し、司書さんの検索能力にリスペクト。 SNSでもバズり連発! 公共図書館が贈る空前絶後のエンターテイメント。 あなたはいくつ答えられる? 「とんでもなくクリスタル」 「ねじ曲がったクロマニョンみたいな名前の村上春樹の本」 「人生が片付くときめきの魔法」 「おい桐島、お前部活やめるのか?」 「八月の蝉」 「昔からあるハムスターみたいな本」 「大木を抱きしめて」 「からすのどろぼうやさん」 本の正確なタイトルは、なかなか覚えづらいもの。そしてうっかり間違って覚えたタイトルを文字通りに想像してみたら、とんでもなくシュールでおもしろすぎる事態になっていることもしばしば。 そんな図書館利用者の「覚え違いタイトル」の実例を集め、HPで公開しているのが、福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」。更新のたびごとにバズること必至で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 本書は、そのなかから秀逸な「覚え違いタイトル」を厳選して「覚え違い文字通りイラスト」を付し、「正しい書誌情報」と「司書さんのレファレンス」を再現。読者はきっと、利用者さんの覚え違いに爆笑し、司書さんの検索能力に驚嘆することになるでしょう。

            【第88回】稲田幸久『駆ける 少年騎馬遊撃隊 』角川春樹事務所

            【第88回】 放送日:2021年10月12日(火)7:20~ ※著者の稲田幸久さんのコメントを収録! ★『駆ける 少年騎馬遊撃隊』 稲田幸久 角川春樹事務所 刊行日 2021/10/15 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/233682 《内容紹介》 第13回角川春樹小説賞受賞作 「小説として一番大切な心に響くような部分が書いてある」北方謙三 「すごい新人が現れた。矢継ぎ早に名シーンがあって、もう参りました」今野敏 「北方謙三の小説を連想させる。将来性を大きく感じた」角川春樹 選考委員、全員激賞! 鮮烈なデビュー作! 勝つのは無垢なる魂か それとも復讐の刃か 吉川元春に拾われ馬術を見出された少年・小六。 尼子再興を願う猛将・山中幸盛(鹿之助)。 ともに戦火で愛する人を失った二人の 譲れぬ思いが、戦場でぶつかる――! 選考委員満場一致の感動歴史エンターテインメント! 堂々たる風格、それでいて清冽で瑞々しい表現 この新人の誕生を見逃すな!

            【第89回】岩井圭也『この夜が明ければ 』双葉社

            【第89回】 放送日:2021年10月19日(火)7:20~ ※著者の岩井圭也さんのコメントを収録!   ★『この夜が明ければ』 岩井圭也 双葉社 刊行日 2021/10/21 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/232120 《内容紹介》 一つ屋根の下で交錯する思惑と、暴かれていく本性。 ページを追うごとに世界が反転する、怒濤の一気読みサスペンス! 正義感の強い青年・工藤秀吾は、北海道の港町で行われる水産加工の夏季限定アルバイトに参加した。 集まった6人の男女とともに、宿舎で寝食を共にしながら、大量の魚を捌く日々。そんなある日、アルバイトのリーダー格であった男が遺体となって見つかる。通報しようとした秀吾に「警察を呼ばないで」と懇願し、携帯電話を奪ったのは、最年少のアルバイト佐藤真里だった。秀吾は他のバイト仲間に訴えかけるも、誰も自ら警察を呼ぼうとしない。死んだ男の荷物から脅迫状が見つかってもなお、まともに取り合おうともしない。どうやらこの宿舎にいる人間達は、それぞれ人に言えない秘密があるようで……?  一夜にして世界が反転する、ノンストップサスペンス! 《出版社のおすすめコメント》 『文身』、『水よ踊れ』の岩井圭也が描く、「正しさとは何か?」をめぐるスリリングな心理サスペンス! この物語に登場するのは、誰もが「普通に」生きることができず、社会や法律から取りこぼされてしまった人々です。 一つの屋根の下で繰り広げられる彼らの対話は、不寛容な空気が張り詰める現代社会に一石を投じることでしょう。 ラストの主人公の行動は、どのように映るか。正しいか、間違っているのか。 ぜひあなた自身の目で、彼らの選択を見届けてください。 《著者プロフィール》 1987年生まれ、大阪府出身。北海道大学大学院農学院修了。2018年「永遠についての証明」で第9回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、デビュー。他の著書に『夏の陰』『文身』『水よ踊れ』などがある。

            【第87回】自由国民社_ 竹田理絵『教養としての茶道』_ 高木悠『21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書』

            【第87回】 放送日:2021年10月5日(火)7:20~ ※担当編集 三田さんのコメントを収録! ★『世界のビジネスエリートが知っている 教養としての茶道』 竹田理絵 自由国民社 刊行日 2021/08/27 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/235566 《内容紹介》 世界のビジネスパーソンが憧れる「おもてなし」、 それを体現するのが「茶道」。 海外では茶道=日本と考えられています。 千利休、わび・さび、表千家・裏千家など茶道にまつわる 言葉をあなたは説明できますか? 欧米では自国のカルチャーを語ることで、アイデンティティを 表現することができます。 グローバル茶道家である著者が教える「茶道の知識」をしっかりと学び、 欧米でしっかりと発信することで、ビジネスを前に進めていきましょう。 また、茶道は総合伝統文化であり、学ぶことで、華道・禅なども わかるようになります。一つ知れば、いくつもの知識が身につく 茶道を本書ではわかりやすく解説。 茶道500年の歴史を習得しましょう。 ★『21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書』 高木悠 自由国民社 刊行日 2021/07/09 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/230976 《内容紹介》 信頼ある社員をグループ内で独立させ、 多店舗展開を実現させる「のれん分け」ビジネスで先が読めない時代を乗り越えよう! ・信頼ある社員に任せれば、店舗の収益があがる! ・本部と独立した社員で、店舗立ち上げ費用なども分け合うことができ、 リスクが減る ・優秀な社員が辞めることなく、グループ内にとどまることで、競争力が高まる! 直営展開でもフランチャイズでも実現できなかった、質の高い多店舗展開を 実現する、それがのれん分けビジネス。

            【第86回】書店向けWeb商談会2021 秋

            【第86回】 放送日:2021年9月28日(火)7:20~ 書店向けWeb商談会2021 秋 実行委員長の三芳寛要さん(パイ インターナショナル代表)がご出演!趣旨や思い、企画などをお話しいただきました!   出版社・玩具メーカーなど100社以上が出展する書店向けWeb商談会2021 秋。 2021年10月4日(月)~10月22日(金)の3週間 ※出展社により商談可能日時が異なります​。     書店向けWeb商談会 HPはこちら https://dms838.wixsite.com/web-shodankai まずは参加書店様向けページからユーザー登録をお願いいたします。   《イベント情報》  ネットギャリーが学研プラスさんと共催でトークイベントを開催いたします! 『おすしがすきすぎて』発売記念イベント! 絵本作家 サトシン×田中六大「2人で絵本語りまショー」 学研プラス×ネットギャリー 共催   サトシンさん最新作! すべてのおすし好きのちびっこに贈る、究極のおすし絵本 『おすしがすきすぎて』が学研プラスから10月14日に発売!   当イベントでは、絵本作家 ・サトシンさんとイラストレーター ・田中六大さんをお招きして、作品の見所、制作秘話、ネットギャリーに寄せられたレビューの発表、読み聞かせライブを実施します。   2021年10月14日刊行『おすしがすきすぎて』 サトシン・作 田中六大・絵 学研プラス ネットギャリー掲載ページ(https://www.netgalley.jp/catalog/book/231549)   ゲスト:サトシンさん 1962年新潟県生まれ。絵本作家。『うんこ!』(西村敏雄・絵 文溪堂)で第1回リブロ絵本大賞、第3回MOE絵本屋さん大賞ほか受賞。他に『でんせつのきょだいあんまんをはこべ』『わたしはあかねこ』など。大垣女子短期大学客員教授。元コピーライターだけあって?、ダジャレの天才。とにかくサービス精神が旺盛で、日本全国、絵本ライブに行脚する。ただいま、熱烈なサトシンファン急増中。   ゲスト:田中六大さん 1980年東京都生まれ。漫画家・イラストレーター。児童書の挿画に「日曜日」シリーズ、「おとのさま」シリーズ、絵本に『だいくのたこ8さん』『しょうがっこうへいこう』『うどん対ラーメン』『ぼくはねんちょうさん』などがある。小学男子の笑いが描ける貴重な絵本作家。シャイなわりに、イベントでは歌を披露するという意外な一面も。二児の父。     参加方法: Zoomにてご参加いただけます。お申込みは参加書店様向けページにて受け付けております。イベント当日にZoomへの参加URLをメールでお送りします。   ※本セミナーは録画いたします。Zoom参加時に画面表示されるご参加者様のお顔や声、お名前も映り込む可能性がありますのでご承知おきください。本イベント終了後にお申込みいただいた方へ、YoutubeのURLをお送りしますので、当日視聴できない方もお申込みいただけます。   その他たくさんのイベントが開催予定です!ぜひご参加ください! 書店向けWeb商談会2021 秋 イベントページ https://dms838.wixsite.com/web-shodankai/eckvd3byf

            【第85回】東京創元社_9月新刊!門田充宏『蒼衣の末姫』_櫛木理宇『老い蜂』

            【第85回】 放送日:2021年9月21日(火)7:20~ ※著者 門田充宏さんのコメント、担当編集者さんのコメントを収録! ★『蒼衣の末姫』 門田充宏 東京創元社 刊行日 2021/09/21 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/234292 《内容紹介》 無作為に人を襲う怪物が跋扈する世界。役立たずの姫として周囲から蔑まれてきた少女キサは、同じように大人たちに見捨てられた少年と出会い、過酷な宿命と立ち向かう決意をする。 ★『老い蜂』 櫛木理宇 東京創元社 刊行日 2021/09/21 作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/234280 《内容紹介》 可哀想じゃないですか。お爺ちゃんなんだから、優しくしてあげてくださいよ──警察も周囲の男たちも、誰も私を助けてくれない。『死刑にいたる病』の俊英の新境地!

            【第84回】神戸遥真『きみとホームで待ち合わせ』『ぼくのまつり縫い 手芸男子と贈る花』

            【第84回】 放送日:2021年9月14日(火)7:20~ ※著者 神戸遥真さんのコメントを収録!   ★『きみとホームで待ち合わせ』 神戸遥真 講談社 刊行日 2021/09/07   《内容紹介》 作草部高校一年四組の教室で「深田さんのことが好きです」と書かれた匿名のラブレターが教室で拾われて・・・6人それぞれの恋の物語。 日本児童文芸家協会賞受賞の大人気アルバイト青春小説、 「恋とポテトと夏休み」「恋とポテトと文化祭」「恋とポテトとクリスマス」 恋ポテ3部作シリーズの主人公、優芽ちゃんののクラスメイトの深田さんを軸としたオムニバス短編集で、やはり舞台は千葉です。 恋ポテを読んだ方もそうでない方も楽しめます!     ★『ぼくのまつり縫い 手芸男子と贈る花』 神戸遥真/作 井田千秋/絵 偕成社 刊行日 2021/09/27 《内容紹介》 「好き」をつづけることは、きっと未来につながっていく。 部活と受験勉強の両立に悩みながら、気持ちをつらぬく手芸男子シリーズ第3弾! 被服部の部長になった3年生の優人。最後だからと、部活と受験勉強を両立させようとするけれど……? 1巻目で自分が好きなものに向きあうことを、2巻目で「受けいれる」ことのむずかしさと大切さを描いた<手芸男子>シリーズ最終巻では、自分の「好き」を貫きながら進むべき道を選び取っていく主人公を描いています。 《9月27日まで神戸遥真さんの作品5点がネットギャリーに一斉掲載中!》 この機会にご一読のうえ、ぜひレビーをお寄せください! ★『恋とポテトと夏休み Eバーガー 1』神戸 遥真 講談社 ★『きみとホームで待ち合わせ』神戸遥真 講談社 ★『ぼくのまつり縫い 手芸男子は好きっていえない』神戸遥真/作 井田千秋/絵 偕成社 ★『ぼくのまつり縫い 手芸男子とカワイイ後輩』神戸遥真/作 井田千秋/絵  偕成社 ★『ぼくのまつり縫い 手芸男子と贈る花』神戸遥真/作 井田千秋/絵 偕成社 アクセスはこちらから 👇 https://www.netgalley.jp/catalog/?text=%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%81%A5%E7%9C%9F