NetGalley_Japan

NetGalley(ネットギャリー)は、本を応援することができるWEBサイトです。 出版社が掲載… もっとみる

NetGalley_Japan

NetGalley(ネットギャリー)は、本を応援することができるWEBサイトです。 出版社が掲載する発売前やイチオシの作品に、レビューを書いて応援したり、選書の参考にご活用頂けます! NetGalleyはこちら⇒https://www.netgalley.jp/

マガジン

  • BFM791ラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」

    BFM791より毎週火曜日7:20~放送 NetGalleyラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」 この番組ではNetGalleyに掲載された本をご紹介しております。

  • ユーザーの声 ―User’s voices―

    NetGalley会員から寄せられたユーザーの声をご紹介!

  • NetGalley活用のヒント

    NetGalleyので出版社イチオシの本を読み、本を応援しましょう! 作品を読むための使い方や、本を応援するための活用のヒントをご紹介していきます。

最近の記事

【第125回】中村あき『好きです、死んでください』双葉社

【第125回】 放送日:2023年9月26日(火)7:20~ ※双葉社 文芸第一出版部担当さんからのコメントを収録! ★『好きです、死んでください』 中村あき 刊行日 2023/09/19 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/297340 《内容紹介》 無人島のコテージに集った6人の男女の恋模様を放送する、 恋愛リアリティーショー「クローズド・カップル」。 俳優、小説家、グラビアアイドルなど、様々な業種から集められた出演者は交流を深めていくが、 撮影期間中に出演者である一番人気の女優・松浦花火が死体となって見つかった。 無数の定点カメラをすり抜け、一体誰が彼女を殺したのか? さらに、外部との通信が絶たれた島内で次の犠牲者が生まれ――。 殺意と恋が絡み合う、衝撃の孤島ミステリー!

    • 【第124回】偕成社『よるよ』コジヤジコ/作 中山信一/絵

      【第124回】 放送日:2023年9月19日(火)7:20~ ※著者 コジヤジコさんからのコメントを収録! ★『よるよ』 コジヤジコ/作 中山信一/絵 刊行日 2023/08/29 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/296841 《内容紹介》 「さかさことば(回文)」からひろがるふしぎな夜のできごとを、 何層にも重なり合うクレヨンが色鮮やかに描きだす、 ナンセンスなユーモアたっぷりのことば遊び絵本! とある夜。海にうかぶ島に、3匹の動物がいました。いぬと、くまと、ねこです。 海に星がひとつ、落ちました。すると、星の光は海からむくむくと顔をだし、かがやく夜の虹になって、空へとのびていくではありませんか! 動物たちは、のびる虹に連れられて、夜空のうえで出会いました。 「どもどもど」「やあやあや」「わんわんわ」 夜の虹の世界は、摩訶不思議。虹のうえでトランポリンみたいに跳ねたり、虹のなかでプールみたいに泳いだりと、3匹はへんてこな冒険を楽しみます。そのうちに、虹にあいた大きな穴を見つけて……?

      • 【第123回】理論社『アガサ・クリスティー ショートセレクション 二重の罪』『3年間ホケツだった僕がドイツでサッカー指導者になった話』

        【第123回】 放送日:2023年9月12日(火)7:20~ ★『アガサ・クリスティー ショートセレクション 二重の罪』 アガサ・クリスティー 刊行日 2023/08/18 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/296727 ※訳者 堀川志野舞さんからのコメントを収録! 《内容紹介》 聖書、シェイクスピアについで読まれているといわれる、いわずとしれたミステリーの女王、アガサ・クリスティーの短編5篇を厳選。探偵シリーズもの、ノンシリーズもの、怪奇幻想ものを含め、その魅力をぞんぶんに味わえる。 ●収録作品 最後の降霊会 収穫の多い日曜日 二重の罪 完璧なメイドの事件 ナイチンゲール荘 ★『3年間ホケツだった僕がドイツでサッカー指導者になった話』 中野吉之伴 早川世詩男 刊行日 2023/08/18 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/296058 ※著者 中野吉之伴さんからのコメントを収録! 《内容紹介》 ライター・指導者としてサッカーの世界で活躍中の著者。でも、高校では3年間「ホケツ」でした。上手くなければ試合にでられなくても仕方ないーー。そんな常識にとらわれず、サッカーと生きる道を求め、ドイツへ旅立ちます。

        • 9月レビューキャンペーン「SDGsを広げよう!」テーマ14~17

          ネットギャリーは、今年も2023年4月より児童図書カタログ「Luppy」と連携しています! SDGs特集として、Luppyに掲載されている作品のうち、71点がネットギャリーにて公開中です。 この機会にぜひ、みなさんに閲覧いただき、SDGsについて知っていただくきっかけになればと思い、公開中の対象作品を、SDGsの17の目標を基に4つのグループに分け、1グループごとにキャンペーンを開催しております。 ぜひ、たくさんの作品に触れてみてください。 ◆9月キャンペーン対象のテーマ◆

        【第125回】中村あき『好きです、死んでください』双葉社

        【第125回】中村あき『好きです、死んでください』双葉社
        • 【第124回】偕成社『よるよ』コジヤジコ/作 中山信一/絵

          【第124回】偕成社『よるよ』コジヤジコ/作 中山信一/絵
        • 【第123回】理論社『アガサ・クリスティー ショートセレクション 二重の罪』『3年間ホケツだった僕がドイツでサッカー指導者になった話』

          【第123回】理論社『アガサ・クリスティー ショートセレクション 二重の罪』『3年間ホケツだった僕がドイツでサッカー指導者になった話』
        • 9月レビューキャンペーン「SDGsを広げよう!」テーマ14~17

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • BFM791ラジオ番組「ネットギャリーで発売前の本を読む」
          NetGalley_Japan
        • ユーザーの声 ―User’s voices―
          NetGalley_Japan
        • NetGalley活用のヒント
          NetGalley_Japan

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2023年8月 掲載作品ランキング

          ■ページビューランキング1位:『君が手にするはずだった黄金について』小川哲 新潮社 2位:『杜ノ国の神隠し』円堂豆子 講談社 3位:『沈没船で眠りたい』新馬場 新 双葉社 4位:『楽園の犬』岩井圭也 角川春樹事務所 5位:『好きです、死んでください』中村あき 双葉社 ■リクエストランキング1位:『君が手にするはずだった黄金について』小川 哲 新潮社 2位:『うるさいこの音の全部』高瀬隼子 文藝春秋 3位:『鏡の国』岡崎琢磨 PHP研究所 4位:『好きです、死んでください』中

          2023年8月 掲載作品ランキング

          【第122回】茜 灯里『地球にじいろ図鑑 鉱物×日本の伝統色』化学同人

          【第122回】 放送日:2023年9月5日(火)7:20~ ※著者 茜 灯里さんからのコメントを収録! ★『地球にじいろ図鑑 鉱物×日本の伝統色』 茜 灯里 刊行日 2023/07/20 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/293285 《内容紹介》 地球は美しい色で満ちあふれています! 本書は、美しい色彩と地球がおりなす自然の神秘や偉大さを同時に感じとることができるユニークな図鑑です。日本の伝統色をテーマカラーとして、その色をもつ鉱物を紹介しています。さらに鉱物の名前や物語、写真では似た色の動物や植物も取りあげ、どこから読んでも、どこから眺めても楽しめるように構成されています。色のつながりで、鉱物・動物・植物を知ることができる本書は、読者の知的好奇心をくすぐります。 【編集者コメント】 時間が経つのを忘れるくらい没頭して製作していました。作業中はずっと鉱物・動物・植物の写真と繊細な日本の伝統色に癒やされていました。読者の皆様も、きっと眺めているだけで疲れが吹っ飛んで、リラックスした気持ちになれると思います。 プレゼントにもピッタリです!

          【第122回】茜 灯里『地球にじいろ図鑑 鉱物×日本の伝統色』化学同人

          【第122回】茜 灯里『地球にじいろ図鑑 鉱物×日本の伝統色』化学同人

          10/4〆_新潮社『君が手にするはずだった黄金について』サイン本プレゼントキャンペーン

          『君が手にするはずだった黄金について』 小川哲 刊行日 2023/10/18 新潮社 【『君が手にするはずだった黄金について』著者サイン本プレゼントキャンペーン】NetGalleyにて『君が手にするはずだった黄金について』にレビューをお寄せいただいた方の中から、 抽選で3名様に著者・小川哲さんのサインを入れた本書をプレゼント! ≪キャンペーン対象レビュー締め切り≫ 2023年10月4日(水)中まで ※日本時間 ※発送は10月中旬予定です。 ※すでにレビューをご投稿されて

          10/4〆_新潮社『君が手にするはずだった黄金について』サイン本プレゼントキャンペーン

          9/24〆_講談社『池上彰が大切にしている タテの想像力とヨコの想像力』書籍プレゼントキャンペーン

          『池上彰が大切にしている タテの想像力とヨコの想像力』 池上 彰 刊行日 2023/08/21 講談社 【『池上彰が大切にしている タテの想像力とヨコの想像力』書籍プレゼントキャンペーン】NetGalleyにて『池上彰が大切にしている タテの想像力とヨコの想像力』にレビューをお寄せいただいた方の中から、 抽選で3名様に本書をプレゼント! ≪キャンペーン対象レビュー締め切り≫ 2023年9月24日(日) 23:59まで ※日本時間 ・応募期間終了後、当選者へは講談社様より

          9/24〆_講談社『池上彰が大切にしている タテの想像力とヨコの想像力』書籍プレゼントキャンペーン

          【第121回】樋口恵子『老いの地平線 91歳 自信をもってボケてます』主婦の友社

          【第121回】 放送日:2023年8月29日(火)7:20~ ※著者 樋口恵子さんからのコメントを収録! ※ラジオでは入らなかったコメントを全収録しています! ★『老いの地平線 91歳 自信をもってボケてます』 樋口恵子 刊行日 2023/07/31 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/293912 《内容紹介》 「老いの地平線」には何がある?  東北大学の脳科学者・瀧靖之教授から「樋口さんの生活・習慣は、脳によいことばかりです!」と絶賛された、5月に91歳を迎えた評論家・樋口恵子さん。「老いても老いても、果てがない。何歳になっても老いは続く」とは樋口さんの談。2人の夫を見送り、80代で家を建て替え、乳がんの手術をし、今なおヒット本を連発。月刊誌で新連載もはじまった。介護保険制度の改正へも目を光らせる。猫と暮らす樋口さんの普段の暮らしから「脳によい8の習慣」「91歳が安心して住める家実例」「100歳へ向けて 人生アルバム」を巻頭グラビアで紹介。また、「老い方、ボケ方、人生いろいろ」「多病息災 百歳確実」「91歳、本当はひとりでも大丈夫じゃない」など痛快新作エッセイも多数掲載。 この本を読めば「老いの地平線」=最晩年まで脳を育て続け、ボケすぎずに社会とつながり、大夢を画(えが)いて笑って生きられる!

          【第121回】樋口恵子『老いの地平線 91歳 自信をもってボケてます』主婦の友社

          【第121回】樋口恵子『老いの地平線 91歳 自信をもってボケてます』主婦の友社

          【第120回】竹宮ゆゆこ『心臓の王国』PHP研究所

          【第120回】 放送日:2023年8月22日(火)7:20~ ※PHP研究所 文化事業部 担当さんからのコメントを収録! ★『心臓の王国』 竹宮ゆゆこ 刊行日 2023/07/21 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/289377 《内容紹介》 発売前から話題沸騰! 著者の才能が爆発した、最強青春ブロマンス小説! 2023年、PHP文藝はこの本を、自信をもって送り出します! ●Story 十七歳の鬼島鋼太郎は、夏休みのある日、白いワンピースのような服に身を包む美青年と橋の上で出会う。「アストラル神威」と名乗るその青年は、『せいしゅん』をするために橋の上から川に飛び込んで溺れそうになるなど、予測不能な行動ばかりをとり、鋼太郎を困惑させた。 鋼太郎と友達になりたいと言う神威に対し、面倒に巻き込まれたくない鋼太郎は、悪い奴ではないと感じつつも、そのままその場を後にした。 しかし数日後、アストラル神威が鋼太郎の通う高校へ転入してくる。青春を謳歌しようとする神威に巻き込まれながら、鋼太郎もともに高校生活を送るが、そのうちに神威が抱える「恐ろしい秘密」を知り——。

          【第120回】竹宮ゆゆこ『心臓の王国』PHP研究所

          【第120回】竹宮ゆゆこ『心臓の王国』PHP研究所

          NetGalley掲載作品レビュー紹介

          NetGalleyに寄せられたレビューをご紹介! 今回は【海外翻訳】【YA/児童読み物】カテゴリーからのご紹介です! ※レビューは一部抜粋にてご紹介しております※ ●徳間書店『図書館がくれた宝物』2021年ニューヨーク公共図書館ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー 英米で絶賛! 1940年、第二次世界大戦下のロンドンから疎開した、本の好きな3人きょうだいの、心あたたまる物語! 『図書館がくれた宝物』 レビューの続きはこちらから! ●理論社『アガサ・クリスティー ショートセレ

          NetGalley掲載作品レビュー紹介

          【第119回】工藤あゆみ『今日は自習にします』青幻舎

          【第119回】 放送日:2023年8月15日(火)7:20~ ※著者 工藤あゆみさんからのコメントを収録! ★『今日は自習にします』 工藤あゆみ 刊行日 2023/06/23 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/292946 《内容紹介》 学びは誰のために? 何のために? しあわせの計算、人生の作文、月のように満ち欠けする体と心…… 日々を大切に歩むための45の教科と時間 国語、算数、理科、社会、体育、音楽、給食に、掃除の時間。 45の教科と学校の時間を、ちょっとおもしろい視点で楽しめる、ひとり学習指導要領。やさしい絵と言葉は、孤独や不安をかかえた心をほぐし、変わりつづける社会の中でほのかに感じるモヤモヤへの気づきを促します。 イタリアに住む作家・工藤あゆみによる、『はかれないものをはかる』『キスの練習をしています また会える日のために』につづく、待望の新作。

          【第119回】工藤あゆみ『今日は自習にします』青幻舎

          【第119回】工藤あゆみ『今日は自習にします』青幻舎

          【第118回】いとうみく『夜空にひらく』アリス館

          【第118回】 放送日:2023年8月8日(火)7:20~ ※アリス館 編集部担当さんからのコメントを収録! ★『夜空にひらく』 いとうみく 刊行日 2023/08/01 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/293847 《内容紹介》 「花火は打揚げたら約6秒。観てもらえるのは一瞬だ。けど、心(ここ)に残る」 アルバイト先で暴力事件を起こし、家庭裁判所に送致されたのち試験観察処分となった、鳴海円人。 幼い頃母が家を出て行って、祖母と二人暮らしだった円人は、祖母と折り合いが悪く、できるだけ早く自立したいと思いアルバイトに明け暮れていたが、そのなかで起きた暴力事件だった。 補導委託先に選ばれたのは、山梨県で煙火店(花火の製造所)を営む、深見静一の家だった。 深見と深見の母まち子、住み込みで働く双子の花火師、健と康と同じ屋根の下で暮らすうちに、円人は居場所を見つけていく。

          【第118回】いとうみく『夜空にひらく』アリス館

          【第118回】いとうみく『夜空にひらく』アリス館

          2023年7月 掲載作品ランキング

          ■ページビューランキング1位:『十戒』夕木春央 講談社 2位:『未知生さん』片島麦子 双葉社 3位:『ノウイットオール』森 バジル 文藝春秋 4位:『無限の月』須藤古都離 講談社 5位:『リスペクト R・E・S・P・E・C・T』ブレイディみかこ 筑摩書房 ■リクエストランキング1位:『リスペクト R・E・S・P・E・C・T』ブレイディみかこ 筑摩書房 2位:『十戒』夕木春央 講談社 3位:『ノウイットオール』森 バジル 文藝春秋 4位:『君が手にするはずだった黄金について』

          2023年7月 掲載作品ランキング

          8月レビューキャンペーン「SDGsを広げよう!」テーマ10~13

          ネットギャリーは、今年も2023年4月より児童図書カタログ「Luppy」と連携しています! SDGs特集として、Luppyに掲載されている作品のうち、71点がネットギャリーにて公開中です。 この機会にぜひ、みなさんに閲覧いただき、SDGsについて知っていただくきっかけになればと思い、公開中の対象作品を、SDGsの17の目標を基に4つのグループに分け、1グループごとにキャンペーンを開催しております。 ぜひ、たくさんの作品に触れてみてください。 ◆8月キャンペーン対象のテーマ◆

          8月レビューキャンペーン「SDGsを広げよう!」テーマ10~13

          【第117回】くすのきしげのり/ふるやまたく『一本の木がありました。』パイインターナショナル

          【第117回】 放送日:2023年8月1日(火)7:20~ ※作家/くすのきしげのりさん、画家/ふるやまたくさんからのコメントを収録! ★『一本の木がありました。』 作・企画 くすのきしげのり/絵・原案 ふるやまたく 刊行日 2023/07/21 ▽NetGalley作品詳細ページはこちら https://www.netgalley.jp/catalog/book/293741 《内容紹介》 美しいモノクロームの世界に紡がれる、桜の木の一生のものがたり 作者によって紡ぎ出された一本の木の物語。そこから文章は究極まで削ぎ落とされ、物語は画家の絵に託されました。本書では、限りなくシンプルな文章と美しいドローイングによって、桜の木の一生が綴られています。 深い山あいの谷川の近くに一本の桜の老木がありました。やがて嵐が起こり、折れて谷川に流された老木。その姿を旅する自分と重ねる老人との出会いと別れ。一本の木は川を流れ、やがて大海原を漂います。どこにいてもどのようになろうとも確かなことは、自身が一本の木であるということーー。人生や生き様と重なる一本の木の物語が、読む者の心を静かに温めます。贈り物にもぴったりの1冊です。

          【第117回】くすのきしげのり/ふるやまたく『一本の木がありました。』パイインターナショナル

          【第117回】くすのきしげのり/ふるやまたく『一本の木がありました。』パイインターナショナル