パラノネコ

パラノネコ事務所公式アカウント。漫画家&心理学者&心理学系ライター。お仕事のご依頼はSNSのDMまで!【パラノネコ事務所公式サイト】https://neko-parano.jp【Blog:パラノネコの心理学】https://parano.jp
    • 【パラノネコの独り言】

      パラノネコのインスタント思想の詰め合わせです。

    • 【漂流とカクテル。】

      各種SNSにて不定期連載中の漫画。

固定された記事

新作漫画【漂流とカクテル。】

6か月前

【効率の心理学】
目的地を設定し、与えられた条件で一番早く到着するルートを考える。これが効率化という事であるが、世の中のモノ全てがコレに適応出来るのかと考えると甚だ疑問である。むしろ効率化できるものはこの世に存在しない可能性もある。逆説的に非効率を選択する事で効率化する事もある。

2時間前

【悲しみの連鎖】
肉体に宿った悲しみは精神を伝って他人に伝播する。その連鎖は留まる所を知らない。この原理を知っているならば肉体的或いは精神的苦痛を他人に与える事がどれだけ深い傷跡を残すのかは容易に想像できる。そのためにも負の連鎖は必ず何処かで断ち切らなければならない。勇気を持て。

【悲しみの断末魔】
究極の感情を迎えると悲しみを通り越して虚しさになる。悲しみに明け暮れると、あらゆる思い出が想起され尽くして記憶の貯蔵庫の内容が全てひっくり返される。記憶の再認知がある程度済むと、悲しみという感情は既に色褪せてしまい、虚しさに変換される。悲しさに潤いを持たせよ。

【苦しみの正体】
感受性は歳をとる毎に鈍くなるのは間違いないが、だからと言って消滅するわけでは無い。何かを自分の中に取り入れる時に感受性の欠落によって虚しさを感じる時がある。それが苦しいという感情だ。であれば感受性を高めるためのトレーニングを積めば、ある程度は苦しみが緩和される。

【楽しさの本質】
楽しいという感情には実態がない。それを前提に考えると、基本的にはセンスは関係ないという事になる。知的であればあるほど世界に対する解像度が高まるので趣味が比例して増加するのは確かだが、楽しいという感情に関してはそこまで分析的に考える概念では無い。もっと懐を広げよ。