見出し画像

映画週末動員数ランキング6月4週目のアニメ映画動向レポート!&『ゲド戦記』の扱いどうにかならなかったのか話

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

6月ラストの週末動員数ランキングです。

2020年6月27日〜6月28日の週末動員数ランキング

1位 千と千尋の神隠し
2位 もののけ姫
3位 風の谷のナウシカ

4位 ランボー ラスト・ブラッド
5位 ドクター・ドリトル
6位 ソニック・ザ・ムービー
7位 ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
8位 水曜日が消えた
9位 ゲド戦記
10位 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-

復活上映がスタートした過去ジブリ4作品(ナウシカは厳密に言えばジブリじゃないんですが)がランクインし、内3作品がTOP3を占拠。ジブリ作品の根強い人気を感じさせるランキングとなりました。

これらの作品が同時にランキングに並ぶことはないでしょうから、コロナ禍が生んだ奇跡のTOP3という感じがします。

今週の新作として上映された『ランボーラスト・ブラッド』『ソニック・ザ・ムービー』はそれぞれ4位と6位にランクイン。ジブリ作品は特別料金で1100円なので、興行収入換算だと『ランボーラスト・ブラッド』の方がちょっと上だったりします。

『ランボーラスト・ブラッド』は私も観に行って行きましたが既存シリーズを観ていなくても楽しめる、倫理観ぶっ飛んだ殺戮映画でしたよ。女の子大事にしないお前たち絶対許さないマンとなって、ランボーが大活躍です。

以上、そんな感ジ。

今週末の新作アニメ映画はないのですが、この感じだと来週もまだまだジブリ作品が映画館を賑わすことになりそうです。


以下、購入者・購読者枠で、かわいそうなことになっている『ゲド戦記』話。

_________________________

ここからは「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品で記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。
初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入いただくことでも読むことができます。


_________________________

ジブリの復活上映で客足は戻るのか!

この続きをみるには

この続き: 2,159文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』の2020年6月分のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2020年6月分をまとめています。 【 この月に取り上げている作品 】言の葉の庭 / クレヨン…

または、記事単体で購入する

映画週末動員数ランキング6月4週目のアニメ映画動向レポート!&『ゲド戦記』の扱いどうにかならなかったのか話

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
2
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp

こちらでもピックアップされています

読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する情報を毎日更新を目標にお届け。 アニメ映画なら、ジャンルを問わず萌え系から未就学児向け作品まで網羅。世界スケールでアニメ映画の“今”を教えちゃいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。