見出し画像

韓国のホラーアニメ映画『BeautyWater』の感想。韓国的な戦略が見える一本!

こんばんは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

新千歳空港国際アニメーション映画祭のノミネート作品シリーズ。

韓国のホラーアニメ映画『Beauty Water』の感想 

アニメ映画のジャンルでもたまに登場するホラー系の作品、『Beauty Water』を観てきました。

画像1

Beauty Water
制作年:2020年 / 制作国:韓国
監督:Kyung Hun CHO

韓国発のWEBアニメシリーズ”Tales of the Unusual”の人気エピソードを元にした現代ホラー。簡単に整形美人になれる不思議な液体を使った平凡な女性に起こる悲劇を描いたというCGアニメーション作品です。

本作を観てきた感想をざっくり一言で言うと

快作。

整形転生物をスリラーとして長編アニメ化するとこうなるのか!という驚きと、一筋縄では終わらない展開が嬉しい作品でした。

自国の色をわかっているテーマを選んで、海外発進に注力するその戦略性ももはや韓国的。いろんな発見がありました。

以下、より詳しく感想を書いていきますね。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。
初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


_________________________

そもそも“整形転生物”とは!?

この続きをみるには

この続き: 2,239文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2020年11月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2020年11月分をまとめています。 【 この月に取り上げている作品 】劇場版「鬼滅の刃」無限…

または、記事単体で購入する

韓国のホラーアニメ映画『BeautyWater』の感想。韓国的な戦略が見える一本!

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
3
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp