見出し画像

あらすじがどうかしているNETFLIXアニメ映画『AMERICA: THE MOTION PICTURE』とは?

あまり話題になっていないNETFLIXで配信予定のアニメ映画『AMERICA: THE MOTION PICTURE』なる作品が控えています。

6月30日の配信を予定していますが、今のところ情報が少ないです。

一応日本のNETFLIXにもページは存在しているのですが、5月13日現在ビジュアルもないので、日本でも配信されるのかは不明。

ただ添えられている説明が、異様なのですよね。

チェーンソーを振り回すジョージ・ワシントンと、ビールを愛するサム・アダムスが、打倒英国を目指し立ち上がる!アメリカ独立革命の裏を描く奇想天外なアニメ。

いかにもどうかしてそうな内容です。
本作一体どんな作品なのでしょうか。

実はフィルロード&クリストファー・ミラー案件『AMERICA: THE MOTION PICTURE』

画像1

画像引用:https://amzn.to/3oaX7NH

本作の監督を務めるのは、大人向けアニメ『Archer』のエグゼクティブプロデューサーでもあるマット・トンプソンさん。今回の『AMERICA: THE MOTION PICTURE』もR15+の子供には推奨できない内容となっているようです。

画像2


画像引用:https://amzn.to/2RNknoT

脚本にクレジットされているのはデイブ・カラーハンさん。
『ワンダーウーマン1984』『シャン・チー テン・リングスの伝説』など近年のヒーロー映画を務める御方。

キャスト陣もなかなか豪華。

ジョージ・ワシントン.......チャニング・テイタム
ジェームズ王......サイモンペッグ
マーサ・ダンドリッジ......ジュディ・グリア
ポール・リビア......ボビー・モイニハン

チャニング・テイタムさんはプロデューサーの一人としてもクレジットされているようですが、そのほかにも『22ジャンプストリート』のリード・キャロリン、さらには同作の監督でもあるフィルロード&クリストファーミラーの名前もクレジットされている状態。

フィルロード&クリストファーミラーコンビがプロデューサーに名を連ねている作品といえば『ミッチェル家とマシンの反乱』という傑作が登場したばかりですが、早くも新作を観ることができそうです。

今のところ、解禁されているビジュアルも少なければ、テーマもあまり日本には馴染みのなさそうなものとなりそうですが、想像以上に布陣が手堅い『AMERICA: THE MOTION PICTURE』。
要警戒の一本となりそうです。

============

noteのマガジンもほぼ毎日更新を実施中。
更新情報が届くので、ぜひフォローよろしくお願いします。

購読マガジンもやってます。購読してくれた嬉しいです。

過去のアーカイブも月間ベースでご購入いただけます。
買い切りの方で買ってくれても嬉しいです。

お仕事も絶賛募集中ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

nejimura@gmail.com

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年5月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年5月分まとめ。今月のテーマは『いざオンライン時代!アニメ映画とVOD』。

月20回以上更新(多分)。一記事あたり25円以下でお楽しみいただける計算となっています。クレカ決済だと初月無料です。

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
3
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp