見出し画像

2022年11月4週末目のアニメ映画興行動向レポート&ディズニー新作『ストレンジ・ワールド』が大ゴケ?その理由は?

すっかりオマケ的に12月にはみ出てからの更新になりますが、11月4週末目のアニメ映画興行ウォッチング、やってまいります。

2022年11月26日〜11月27日の週末動員数ランキング

1位 すずめの戸締まり
2位 劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編 ★
3位 母性
4位 ONE PIECE FILM RED
5位 ブラックパンサー / ワカンダ・フォーエバー
6位 ある男
7位 ストレンジ・ワールド/ もうひとつの世界 

8位 カラダ探し
9位 劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-冥き夕闇のスケルツォ

10位 RRR

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/202211/27000000.php

1位は今週も『すずめの戸締まり』
興行収入はついに62.6億円で60億円オーバーとなりました。

そしてこのタイミンングで新たに来場者特典が追加で発表。
新たなに「新海誠本2」が12月3日(金)より配布されることが明らかになりました。この特典で『SLAM DUNK』に対抗です。

2位はびっくり、初登場の『劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』。『すずめ〜』には及ばずも4億円を超える十分な数字を記録しています。公開館数300館クラスはダテじゃない!

一方、同じく300館クラスでの上映となった『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』は7位スタート。ちょっと早めの祝日公開開始だったのですが、どうやらこちらは興行収入は1億に届かず、低調なスタート。

世界的にもイマイチな成績を記録しているようでして、今週はその辺りも購読者枠で紹介します。

4位は『ONE PIECE FILM RED』、9位は『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-冥き夕闇のスケルツォ』

アニメーション映画好きとしては、いろんなアニメ映画のタイトルが並んでいるだけで嬉しいですね。

以上、そんな感ジ。
先週のランキングは以下の通り。

週末......というかこの週末には『マッドゴッド』、そして『THE FIRST SLAM DUNK』の上映がスタートです。新作じゃないですが、4K版の『コブラ』の上映もあるよ。

以下、購読者枠ではディズニー新作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』が記録的な大ゴケをかましている事件について。


ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。
過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


ディズニー新作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』が世界的に公開!

この続きをみるには

この続き: 1,836文字 / 画像2枚

『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2022年11月分の買い切り用のアーカイブマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2022年11月分まとめ。購読を希望しない人向けの買い切り用です。

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!