見出し画像

2022年11月3週末目のアニメ映画興行動向レポート&『名探偵コナンハロウィンの花嫁』の中国興行はどうだったのか!

すでに4週末目を迎えて、11月も終わりを迎えようとしているので慌てて書いております。

11月3週末目のアニメ映画興行ウォッチング、やってまいります。

2022年11月19日〜11月20日の週末動員数ランキング

1位 すずめの戸締まり
2位 ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー
3位 ある男
4位 ONE PIECE FILM RED
5位 カラダ探し
6位 劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-冥き夕闇のスケルツォ
7位 ザ・メニュー
8位 ザリガニの鳴くところ
9位 土を喰らう十二ヵ月
10位 RRR

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/202211/20000000.php

41.5億突破の『すずめの戸締まり』がV2!
しっかり2週目も順当に客足を伸ばしています。

16週目にして『ONEPIECE FILM RED』は4位にランクダウン。
今度はウタのライブツアーとして、興行は新たなシーズンに突入するようです。まだまだ稼ぐよ。

6位に『ソードアート・オンライン』
そして、先週実質興行のフィナーレを迎えた『うたプリ』は12週目についに圏外です。お疲れ様でした。

以上、そんな感ジ。
先週のランキングは以下の通り。

週末......というか祝日には早くも『ストレンジワールド』の上映がスタート。『銀河英雄伝説』『劇場版転生したらスライムだった件』、そしてNetflixから先行上映の『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』の上映が始まりました。

以下、購読者枠では久しぶりの中国アニメーション映画興行話
『名探偵コナンハロウィンの花嫁』の中国上映がスタートしましたが、その結果の話。


ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

<マガジン購読メリット>
・ボリュームが多かったり、書くのに手間がかかったり、表であまり話せないタイプのよりディープなアニメ映画記事が読める!
・購入月の記事は全て読み放題に!
・単品購入よりもお得!

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。
過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


激闘!中国で“海外”アニメーション映画が激突

この続きをみるには

この続き: 1,308文字 / 画像3枚

『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2022年11月分の買い切り用のアーカイブマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2022年11月分まとめ。購読を希望しない人向けの買い切り用です。

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!