新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2022年7月4週末目のアニメ映画興行動向レポート&今年もアニメーションMVでのPRが熱い!2022年映画事情!

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

遅れてのレポートとなってすみません。
7月最終週のアニメ映画興行ウォッチングをお送りしてまいります。

2022年7月23日〜7月24日の週末動員数ランキング

1位 キングダム2 遥かなる大地へ
2位 ミニオンズフィーバー 
3位 トップガン マーヴェリック
4位  劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE新・初恋ヒーロー
5位 ゴーストブック おばけずかん
6位 モエカレはオレンジ色
7位 ソー:ラブ&サンダー
8位 ドラゴンボール超 スーパーヒーロー
9位 バズ・ライトイヤー
10位 映画ゆるキャン△

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/202207/24000000.php

この週末はTOP3が動くことなく、先週同様横ばい。
新作は『仮面ライダーリバイス&ドンブラザーズ』が、『ゴーストブックおばけずかん』を下す健闘を見せましたが、アニメ映画外の話ですかね。3DCGキャラクターは登場するようですので、片足突っ込んでるとは思いますが。

8位に『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』、9位に『バズ・ライトイヤー』、10位に『映画ゆるキャン△』が続きます。夏休み前半組は揃って、興行もひと段落を迎えている感じです。

そして10周目にして『映画五等分の花嫁』が圏外へ。
長い間頑張りました…….と言いたいところですが、実はセカンドラン上映が実施。

大人気となったランダムミニ色紙の来場者特典を引っさげて、新たな劇場を回ります。

以上、そんな感じ。

先週のランキングは以下の通り。

この週末は新作アニメ映画の上映はなし!

以下、購読者枠では、今年もMV推し!
アニメーション映画(+実写)のアニメーションMVでのPR2022特集


ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

<マガジン購読メリット>
・ボリュームが多かったり、書くのに手間がかかったり、表であまり話せないタイプのよりディープなアニメ映画記事が読める!
・購入月の記事は全て読み放題に!
・単品購入よりもお得!

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。
過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


2022年もアニメーションMVが熱い!

新型コロナウイルスの流行以降、顕著になってきたのが、アニメーションMV(ミュージックビデオ)。

YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのになどアニメーションのMVが定番となっているアーティストの台頭に加えて、コロナ禍で対面の撮影を考慮しなくて良いという都合もあってか、アニメーションMVがどんどん注目を浴びるようになってきました。

2022年もまだまだアニメーション作品のMVの力が強いと感じさせるようなアクションを見せる作品が多いので、2022年のアニメーション映画と関連したMV作品をピックアップしていきます。


この続きをみるには

この続き: 1,867文字 / 画像1枚

『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2022年7月分の買い切り用のアーカイブマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2022年7月分まとめ。購読を希望しない人向けの買い切り用です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネジムラ89 / アニメ映画ライター
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com